アビイ・ロード / ザ・ビートルズ

アビイ・ロード / ザ・ビートルズ

アビイ・ロード / ザ・ビートルズ

1998年03月11日 旧作

レンタル開始日:1998年03月11日

収録時間:


全体の平均評価点:

全体の平均評価点(5点満点)

8


全体の平均評価点:

CD

製作年 : 1998年

ジャンル:

アーティスト : ザ・ビートルズ

JAN:4988006740051

CD

アビイ・ロード / ザ・ビートルズ

旧作

記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
TOCP51122 1998年03月11日 13枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. カム・トゥゲザー (4分20秒)
  • 2. サムシング (3分3秒)
  • 3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー (3分27秒)
  • 4. オー!ダーリン (3分27秒)
  • 5. オクトパス・ガーデン (2分51秒)
  • 6. アイ・ウォント・ユー (7分47秒)
  • 7. ヒア・カムズ・ザ・サン (3分6秒)
  • 8. ビコーズ (2分46秒)
  • 9. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー (4分2秒)
  • 10. サン・キング (2分26秒)
  • 11. ミーン・ミスター・マスタード (1分7秒)
  • 12. ポリシーン・パン (1分12秒)
  • 13. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー (1分58秒)
  • 14. ゴールデン・スランバー (1分32秒)
  • 15. キャリー・ザット・ウェイト (1分36秒)
  • 16. ジ・エンド (2分20秒)
  • 17. ハー・マジェスティ (0分24秒)

記番

TOCP51122

レンタル開始日

1998年03月11日

在庫枚数

13枚

1位登録者

0人

2位登録者

0人

曲目 :

1. カム・トゥゲザー (4分20秒)
2. サムシング (3分3秒)
3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー (3分27秒)
4. オー!ダーリン (3分27秒)
5. オクトパス・ガーデン (2分51秒)
6. アイ・ウォント・ユー (7分47秒)
7. ヒア・カムズ・ザ・サン (3分6秒)
8. ビコーズ (2分46秒)
9. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー (4分2秒)
10. サン・キング (2分26秒)
11. ミーン・ミスター・マスタード (1分7秒)
12. ポリシーン・パン (1分12秒)
13. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー (1分58秒)
14. ゴールデン・スランバー (1分32秒)
15. キャリー・ザット・ウェイト (1分36秒)
16. ジ・エンド (2分20秒)
17. ハー・マジェスティ (0分24秒)

ユーザーレビュー

8

One for All All for One

ロキュータス

『ホワイト・アルバム』も『レット・イット・ビー』もビートルズのアルバムはみんな好きだけど、一番はとなると、やはりこれですね。

レコードでいうと、メンバーそれぞれの個性が見られるA面(1.「カム・トゥギャザー」から6.「アイ・ウォント・ユー」まで)
そしてメドレーとなっていて統一感のある B面(7.「ヒア・カムズ・ザ・サン」から17.「ジ・エンド」まで)

こうして改めて聴くと、「アイ・ウォント・ユー」つまりジョン・レノンがヨーコ・オノに歌った曲だけどが、当時のグループにおけるジョンの存在そのままに、浮いています。
でもそのアンバランスが今となっては、アルバムが全体としてポールのカラーが強くなった分だけグループとして小さくまとまりそうなところですが、抵抗するように、いいアクセントとなってます。

B面のメドレーはほんとにすばらしくて、これこそビートルズ
特に「ゴールデン・スランバー」の詩情にぐっともりあがったところで、次の「キャリー・ザット・ウェイト」にいくところは鳥肌もの。 

昨年12月、あの横断歩道がイギリス政府から文化遺産に指定されましたが、有名なジャケット写真も大好きです。

ビートルズの最高傑作

ハチロー

10年ほど前に山陰を旅し、大山(だいせん)を登り、鳥取砂丘を見物して雨の国道を走っていた時、無性にこれが聴きたくて目に止まった鳥取のCD店で購入しました(LPは有るのですが)。
同行した4人も言葉少なに、じっと聞き惚れておりました。

だって、かっこいいんだもん。

初めてカム・トゥギャザーを聞いた時、ドラムワークから始まる斬新さに、度肝を抜かれた。ドラムで歌わせるなんて。それも、タムをくだっていく。ふわあああ。後に、自分でもドラムで担当することになって、すんごく気持ちよかった。こんなの生んじゃうなんて。歌詞もかっこいい。1+1+1は3!って。ゴダールはこれからきているのか?なんしか、かんしか、かっこよい。

だから、この1曲が先頭に入っているだけで、このアルバムは存在価値がある。

だって、かっこいいんだもん。

ビートルズ最後の録音

ドラゴンズ

レット・イット・ビー
がビートルズの最後の
アルバムであるが
実は録音は1968年。

このアルバムこそが
ビートルズの
最後の録音なのだ。

解散を示唆するが如き
「ジ・エンド」

ビートルズの
最高傑作である
「カム・トゥギャザー」
「ヒア・カムズ・サン」
等を含む当アルバムは
ビートルズの遺産だと
思う。

ロックの金字塔である。

keith

クオリーメンから始まったビートルズが、ある意味、四人の意思の上で製作、発表した最後のアルバムであると言える。この時、四人は全く最悪の人間関係であった。しかし、いざ力を合わせれば、こんなに素晴らしいアルバムを作ってしまう。。斬新にして、聴き応えあり。。全く、凄いグループである。余談ではあるが、私はビートルズがこの上無く好きだが、ここ最近、ビートルズの意思とは関係の無いアルバムが数年おきに、リバイバルの様な形で発表されるが、全く興味は無い。ビートルズ原理主義の私にとっては、四人の意思で製作、発表していないアルバムは、ビートルズではないと思っている。カバーアルバムとでも言っておこう。。

1〜 5件 / 全8件

REVOLVER ザ・ビートルズ・アンソロジー 3 リボルバー イエロー・サブマリン〜ソングトラック〜
REVOLVER / ザ・ビートルズ ザ・ビートルズ・アンソロジー 3 / ザ・ビートルズ リボルバー / ザ・ビートルズ イエロー・サブマリン〜ソングトラック〜 / ザ・ビートルズ

ユーザーレビュー:8件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

One for All All for One

投稿日:2011/01/30 レビュアー: ロキュータス

『ホワイト・アルバム』も『レット・イット・ビー』もビートルズのアルバムはみんな好きだけど、一番はとなると、やはりこれですね。

レコードでいうと、メンバーそれぞれの個性が見られるA面(1.「カム・トゥギャザー」から6.「アイ・ウォント・ユー」まで)
そしてメドレーとなっていて統一感のある B面(7.「ヒア・カムズ・ザ・サン」から17.「ジ・エンド」まで)

こうして改めて聴くと、「アイ・ウォント・ユー」つまりジョン・レノンがヨーコ・オノに歌った曲だけどが、当時のグループにおけるジョンの存在そのままに、浮いています。
でもそのアンバランスが今となっては、アルバムが全体としてポールのカラーが強くなった分だけグループとして小さくまとまりそうなところですが、抵抗するように、いいアクセントとなってます。

B面のメドレーはほんとにすばらしくて、これこそビートルズ
特に「ゴールデン・スランバー」の詩情にぐっともりあがったところで、次の「キャリー・ザット・ウェイト」にいくところは鳥肌もの。 

昨年12月、あの横断歩道がイギリス政府から文化遺産に指定されましたが、有名なジャケット写真も大好きです。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

ビートルズの最高傑作

投稿日:2007/11/07 レビュアー: ハチロー

10年ほど前に山陰を旅し、大山(だいせん)を登り、鳥取砂丘を見物して雨の国道を走っていた時、無性にこれが聴きたくて目に止まった鳥取のCD店で購入しました(LPは有るのですが)。
同行した4人も言葉少なに、じっと聞き惚れておりました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

だって、かっこいいんだもん。

投稿日:2008/10/12 レビュアー:

初めてカム・トゥギャザーを聞いた時、ドラムワークから始まる斬新さに、度肝を抜かれた。ドラムで歌わせるなんて。それも、タムをくだっていく。ふわあああ。後に、自分でもドラムで担当することになって、すんごく気持ちよかった。こんなの生んじゃうなんて。歌詞もかっこいい。1+1+1は3!って。ゴダールはこれからきているのか?なんしか、かんしか、かっこよい。

だから、この1曲が先頭に入っているだけで、このアルバムは存在価値がある。

だって、かっこいいんだもん。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ビートルズ最後の録音

投稿日:2007/11/16 レビュアー: ドラゴンズ

レット・イット・ビー
がビートルズの最後の
アルバムであるが
実は録音は1968年。

このアルバムこそが
ビートルズの
最後の録音なのだ。

解散を示唆するが如き
「ジ・エンド」

ビートルズの
最高傑作である
「カム・トゥギャザー」
「ヒア・カムズ・サン」
等を含む当アルバムは
ビートルズの遺産だと
思う。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ロックの金字塔である。

投稿日:2007/11/01 レビュアー: keith

クオリーメンから始まったビートルズが、ある意味、四人の意思の上で製作、発表した最後のアルバムであると言える。この時、四人は全く最悪の人間関係であった。しかし、いざ力を合わせれば、こんなに素晴らしいアルバムを作ってしまう。。斬新にして、聴き応えあり。。全く、凄いグループである。余談ではあるが、私はビートルズがこの上無く好きだが、ここ最近、ビートルズの意思とは関係の無いアルバムが数年おきに、リバイバルの様な形で発表されるが、全く興味は無い。ビートルズ原理主義の私にとっては、四人の意思で製作、発表していないアルバムは、ビートルズではないと思っている。カバーアルバムとでも言っておこう。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全8件

アビイ・ロード