スニーカーダンサー / 井上陽水

スニーカーダンサー/井上陽水の画像・ジャケット写真
スニーカーダンサー / 井上陽水

全体の平均評価点(5点満点)

  • 1
  • CD
ジャンル : 
アーティスト : 
井上陽水

スニーカーダンサー / 井上陽水

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
FLCF3850 2007年03月04日 1枚
1位登録者 : 2位登録者 :
2人 2人
曲目 :
  • 1. スニーカーダンサー (3分14秒)
  • 2. Mellow touch (3分27秒)
  • 3. 事件 (3分12秒)
  • 4. 今夜 (4分37秒)
  • 5. ジェニー My love (5分46秒)
  • 6. なぜか上海 (5分26秒)
  • 7. フェミニスト (3分48秒)
  • 8. 娘がねじれる時 (4分14秒)
  • 9. 海へ来なさい (3分43秒)
  • 10. 勝者としてのペガサス (4分47秒)

関連作品

永遠のシュール UNITED COVER 2 井上陽水プラチナ・ベスト〜アーリー・タイムス〜 EVERY NIGHT
永遠のシュール / 井上陽水 UNITED COVER 2 / 井上陽水 井上陽水プラチナ・ベスト〜アーリー・タイムス〜 / 井上陽水 EVERY NIGHT / 井上陽水

ユーザーレビュー:1件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

「なぜか上海」「海へ来なさい」

投稿日:2014/10/03 レビュアー:ちゅく

「スニーカーダンサー」(1979)

「"white"」(1978)と「EVERY NIGHT」(1980)の間。
この時期の陽水の凄いところは、1983年の「バレリーナ」まで、毎年、アルバムを出しているところ。

この「スニーカーダンサー」の「目玉」は、ギタリスト・高中正義とのコラボでしょう。
アルバム題になった曲が、第1曲目で、作曲は高中。
今、聴いていますが、いい意味で、軽い曲です。陽水の歌も、高中のギターも、実にうまくて軽い。準備運動という感じ。

では、本番は、というと「なぜか上海」です。(これは、陽水の作詞・作曲で、編曲が高中。)
前奏で早速、高中のソロが入り、中西康晴のキーボードが連動し、陽水のボーカルが入る。
このギターソロのメロディは、曲中、何度も繰り返されるが、全部、微妙に変わっている。
楽しいのは、ソロ以外も、全部、高中のギターが動いていること。

昔、この曲をバンドでコピーしました。
ギターは「Aさん」という、クラシック出身の名ギタリスト。
彼の正確な刻みでリズムをつかみ、中間のソロで、バンドは、じわじわ高潮していく
はず……でした。
自分が担当したボーカルで、大コケしました。

この曲は、繰り返しなので、最後まで、いかに、息と声を生かしいくか、曲想を < にしていくかなのですが……。
それは、今にして思うことです。
緊張のあげく、始まりで最高になってしまい、あとは、> になってしまった……。

30年ほど前の、苦い、懐かしい思い出です。
「Aさん」は故人になった。
本番で慌て振り返った僕に、「うん、うん」と弾きながら見つめてくれた彼の澄んだ、厳しい眼を忘れられない。
今、聴いていますが、ボーカリストとしての、陽水の恐ろしさを実感します。

「スニーカー・ダンサー」では、「娘がねじれる時」「ジェニー My love」という名曲もあります。

それでも、「海へ来なさい」という秀作に注目。
これは、「GOLDEN BEST」には入っていませんが、今は、このアルバムで、個人的な想いが強い「なぜか上海」の次に、もっとも好きな曲です。
星勝(ほし・まさる)という、名編曲者がいて、陽水のデビュー・アルバム「断絶」(1972)をプロデュースし、編曲した人です。
「海へ来なさい」は、陽水の作詞・作曲と思っていたのですが、実は、星勝の作曲だったのですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

スニーカーダンサー