全曲集〜黄昏のビギン〜 / ちあきなおみ

全曲集〜黄昏のビギン〜/ちあきなおみの画像・ジャケット写真
全曲集〜黄昏のビギン〜 / ちあきなおみ

全体の平均評価点(5点満点)

  • 3
  • CD
  • 製作年 : 2001年
ジャンル : 
アーティスト : 
ちあきなおみ

(1)歳月河(2)紅とんぼ(3)矢切りの渡し(4)かもめの街(5)喝采(6)片情(かたなさけ)(7)君知らず(8)さだめ川(9)帰れないんだよ(10)役者(11)黄昏のビギン(12)星影の小径(13)こぼれ花(14)イマージュ(15)港が見える丘(16)秘恋(17)伝わりますか(18)東京砂漠(19)黒い花びら(20)錆びたナイフ (品番:TECE32218の収録内容) JAN:4988004082269

全曲集〜黄昏のビギン〜 / ちあきなおみ

  • 旧作
記番 : レンタル開始日 : 在庫枚数 :
TECE32218 2007年03月04日 4枚
1位登録者 : 2位登録者 :
0人 0人
曲目 :
  • 1. 歳月河 (4分2秒)
  • 2. 紅とんぼ (4分3秒)
  • 3. 矢切の渡し (3分55秒)
  • 4. かもめの街 (4分46秒)
  • 5. 喝采 (3分50秒)
  • 6. 片情(かたなさけ) (4分56秒)
  • 7. 君知らず (4分6秒)
  • 8. さだめ川 (3分58秒)
  • 9. 黄昏のビギン (4分19秒)
  • 10. 星影の小径 (2分59秒)
  • 11. こぼれ花 (4分35秒)
  • 12. イマージュ (3分57秒)
  • 13. 港が見える丘 (3分50秒)
  • 14. 秘恋 (4分14秒)
  • 15. 伝わりますか (4分40秒)
  • 16. 東京砂漠 (4分40秒)

関連作品

ちあきなおみ オン・ステージ(1971年 日劇) ちあきなおみ ON STAGE(1973年渋谷公会堂) 微吟 ちあきなおみの黄昏ビギン
ちあきなおみ オン・ステージ(1971年 日劇) / ちあきなおみ ちあきなおみ ON STAGE(1973年渋谷公会堂) / ちあきなおみ 微吟 / ちあきなおみ ちあきなおみの黄昏ビギン / ちあきなおみ

ユーザーレビュー:3件

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

全曲集〜黄昏のビギン〜 / ちあきなおみ

投稿日:2013/04/07 レビュアー:黄金風呂

 ちあきなおみさんが現役の時、それほど好きではありませんでした。若かった当時はさわやかな歌謡曲が好きだったんです。
大人になって、ラジオなどで、ちあきなおみさんの歌を聴くと、「こんないい歌だったのか」と感じることが何回かありました。
全体像を知りたいと思って、全集をレンタルしてみました。
 恥ずかしいことですが、「歳月川」という曲は知りませんでした。いい歌ですね。何度も聞きました。「聞かせうた」という言葉
を聞いたことがありますが、ちあきなおみの歌は、まさに「聞かせうた」で、じっくり堪能しました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

伝わりました。    源流へ帰れ…。

投稿日:2014/10/26 レビュアー:ちゅく

「伝わりますか」(1998)。

この歌は「イマージュ」とともに、飛鳥涼が、
ちあきなおみ のために、つくった曲です。

ASUKA(飛鳥涼)は、同じ福岡出身の「ちゃげ」(柴田秀之)とともに、「チャゲ&飛鳥」として、1979年、初シングル「ひとり咲き」でデビューした。

「万里の河」が初期の名曲であった。(1980)

ここまでは、地味なフォーク・デュオだったが、
80年代後半のバブル期に、時代にフィットした曲で、寵児になった。

その後、二人は、ソロ活動をおこなうようになった。

大切なことを、記憶したい。
飛鳥には、莫大な印税は入った。
彼は、天才なので、それは、それでよかったのだろう。
しかし、追い込まれた。自分の才能に。

チャゲ(Chage)について。
1984年、石川優子とのデュエット曲「ふたりの愛ランド」がヒット曲となる。
ASUKAのことをサポートできるのは、彼しか、いない。

「万里の河」の源流にもどって、二人で、新しい音楽をつくってほしい。

さて、
ちあきなおみ の「伝わりますか」ですが、作詞・作曲は、飛鳥涼です。

*************************************
「淡い紅を かるくのせて 想い出追えば 娘にかえる
恋を 知れば 夜が長く 街ち人の名を つぶやいた頃
一人のために女は 時を旅して綺麗になる
あなたの腕のつよさは 消えない ぬくもり 」
**************************************

フォークと、演歌は、とても近いし、その出会いが、この1曲でありました。
涼は、天才的な詩人であります。

「万里の河」。(作詞:飛鳥涼)
***************************************
遠く遠く 何処までも遠く 流れる河で
暮れかかる 空にあなた想い 今日も待っています
愛しい人よ 私は歌う 千もの言葉願いをこめて
遠い昔の おとぎ話の恋のように
どれだけ 待てばいいのですか ああ届かぬ愛を
二人の運命知らぬ河は 淡い夢をのせて流れて 行くように .
****************************************

ここから、
もう一度。
始めてほしい。
涼よ。
チャゲよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

昔懐かしい『喝采』について

投稿日:2010/01/22 レビュアー:カペラ

昔懐かしいちあきなおみの喝采が聞きたくてレンタイルしました。
大変大変懐かしく聞くことができました。若かりし当時の事が走馬灯のごとく思い浮かべ何回も聞きました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

全曲集〜黄昏のビギン〜