機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦の画像・ジャケット写真
機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

3

  • 動画配信
  • 新作
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦」 の解説・あらすじ・ストーリー

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。 世界の人口の半数を死に至らしめたブリディッシュ作戦・コロニー落としを実行し突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7 で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた―。そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルの「赤い彗星」としての伝説が誕生する。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本
収録時間: 01:24:13

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

原作:矢立肇 富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より) 漫画原作:安彦良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」より) 音楽:服部髞V 総監督:安彦良和 企画・製作:サンライズ 出演:シャア・アズナブル:池田秀一 セイラ・マス:潘めぐみ デギン・ソドザビ:浦山迅 ギレン・ザビ:銀河万丈 ドズル・ザビ:三宅健太 ガルマ・ザビ:柿原徹也 ランバ・ル:喜山茂雄 クラウレ・ハモン:沢城みゆき ガイア:一条和矢 オルテガ:松田健一郎 マッシュ:土屋トシヒデ ヨハン・I・レビル:中博史 アムロ・レイ:古谷徹 カイ・シデン:古川登志夫 ハヤト・コバヤシ:中西英樹 ユウキ:小野賢章 ファン・リー:瀬戸麻沙美 ナレーション:大塚明夫

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦の詳細

  • 新作
再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:24:13
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から72時間
購入期限:
レンタル:2019年03月31日 23:59

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

んーじれったい

投稿日:2017/09/03 レビュアー:でらむっか

サブタイトル「ルウム会戦」から、シャアの戦場での活躍を期待していたのですが、肝心の会戦の描写は次回に続く、です。中盤、話の展開が遅く、またしょっぱつも「前話のあらすじ紹介」が長く、イライラしました。とは言え、オリジン、ファーストの登場人物の背景がよくわかり、今回も楽しめました。キシリアも素顔をさらしていましたので、顔を隠す様になったエピソードが気になります。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

盛り上がってきたORIGINです。

投稿日:2017/09/04 レビュアー:takasi

劇場公開初日に観賞しました。

第1弾公開時に安彦総監督が『シャア・セイラ編のソフトの売れ行き次第でファーストガンダムの1年戦争に当たる本編が映像化できるかどうかが決まる」とおっしゃられていましたが、この第5弾公開時の丸の内ピカデリーでの舞台挨拶でも、「ルウム編のセールス次第で」という発言が飛び出していていました。公式発表前に舞台上でぽろりと重大情報を漏らしてしまうことが多い(そしてセールストークに積極的でない)安彦氏がここまで抑えた発言に徹していることから、『1年戦争』映像化に備えながらも、まだサンライズから最終決定を受け取っていないと察します。1年戦争編の映像化がはじまってしまえば、動いた山は最後まで走り続けるでしょうから、最後まで観たいわたしのようなファンからしたら、あともう一押しの支援が必要なようですね。

この第5弾の内容は、個人的な感想の範囲ですが、かなり熱いです。ついにモビルスーツが実用化されて艦隊戦を含む戦闘シーンの密度がぐっと上がっており、そのぶん人間ドラマに割かれる尺は減少。しかし、戦争が生み出す悲劇や狂気がみごとに描かれていて、抑えた演出が効果的に涙腺を刺激してくるシーンもあったりします。これまでがアバンも含めて概ね60分を目安に制作されていたものが、今回は開き直って80分オーバーのボリュームとなっており、全体をとおしての見応えもたっぷりです。

そしてBDの特典として収録されているオーディオ・コメンタリー2本が渋い。1本は安彦総監督をはじめ銀河万丈氏、古谷徹氏、古川登志夫氏、そしてZガンダム以降の音響監督の藤野貞義氏という、ベテランスタッフ&キャストという燻し銀のラインナップ、歳を忘れたテンションで盛り上がります。そしてもう1本、長くなるので簡潔に、黒い3連星、ドズル、ラル役の声優陣にサンライズのプロデューサーを加えた新世代キャスト&スタッフが、これまた汗臭さが漂う、男子校のノリをいまだに忘れられないオッサンの乗りでたっぷり楽しませてくれます。出演者についてはいろいろ選択肢があったでしょうに、あえてこのメンバーを登用してきたことに、いわゆる美少女アニメとは違う大人の骨太作品なんだよ、という制作側からの潔すぎるメッセージを感じました。

次回作の劇場公開は2018年5月5日。それまで首を長くして待ちたいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

シャアに跪こう!

投稿日:2017/09/04 レビュアー:サトキチ

シャアのエピソードを期待してましたが、本編中で最初と最後しか登場してきません。しかし、オリジンのストーリーを肉厚にするためには必要な展開でしょう。
でも、やっぱり、シャアはカッコいい。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
72時間

再生対応機器

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。