少女

少女の画像・ジャケット写真
少女 / 本田翼
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

2

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2017年04月05日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「少女」 の解説・あらすじ・ストーリー

湊かなえの小説を本田翼と山本美月主演で映画化したサスペンスミステリー。高校2年の由紀と敦子は幼い頃からの親友同士。転校生の紫織から「親友の死体を見たことがある」という唐突な告白を聞いたふたりは、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思い…。

「少女」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「少女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

少女の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
119分 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBP73607 2017年04月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
53人 79人

少女の詳細

  • 近日リリース
再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

少女ネタバレ

投稿日:2017/02/28 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 高校生たちがいじめ問題とか盗作問題とか悩みにぶち当たる話。

 冒頭から主人公たちが演劇のようなお芝居で始まり、一応の話の流れはありますが、合間に抽象的なシーンが挿入されるので、誰が何のために動いているのか。というエンタメの骨法をわかりやすく描いている映画ではないので、何を訴えたいのかを読み取るのが大変な映画で、いま誰が何をしているシーンの映画なんだろう? とボケッと見ている身としてはついていくのが大変な120分でした。

 主人公は先生に書いていた小説を盗まれて、先生憎し! という感情になって先生に復讐する。という流れがあったり。認知症の祖母との過去があったり、もう1人の主人公はいじめ問題に悩んでいたり過去に剣道でめちゃ強かったり、足をなぜか引きずっていたり。同時進行で話が進んでいって、その1つ1つに抽象的なモノローグが入ったり、スローで印象的なカットが挿入されたり、ちょっとダラダラしすぎているのではないかと思ってしまう作風でした。

 主人公たちが老人介護施設や難病の子どもの施設で働くことになりますが、その流れもよくわからないですが、そこで主人公が難病の子供と仲良くなって、彼の親を探すという行動の動機になるあたりから、最初の暗かったキャラクターからコンドームの使い方に悩んだりして、いきなり明るくっていて1人2役になってしまったのかと考えてしまう戸惑う変貌っぷりでした。

 結局、酷い目に遭った稲垣五郎さんを放っておいて、主人公たちは夕日を見ながら良い感じのことを言って涙を流して関係を修復する。というシーンとかも稲垣さん大丈夫かな? とか余計なことがいちいちノイズになってしまって入り込めない作品でした。実は意外なところで繋がっていました。というキャラクターたちの相関図ですが、それも伏線的な気持ちよさ、あのときそうだったのかという面白さは皆無で、むしろ子どもは何で嘘をついていたのだろう? とかこれもまた繋がりを考えてしまって入り込めないままでした。転校生が途中で印象的に出てくるけど、すぐに退場したと思ったら、クライマックスで橋の上である行動をとるところとかも一体何だったのだろう? とわかりにくかったです。

 エンタメ映画ではなく監督さんなのか原作なのかわかりませんが作家性が前面に出ている映画なので、読み取れないほうが悪いのかなと気を使ってしまう120分でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

不幸自慢しても徳なし。幸福を自慢せよ。

投稿日:2017/03/01 レビュアー:ひゅう助

湊かなえの映画化作品は「告白」しか見たことがないが、今回彼女に誘われて「えー?どうせ暗いで?」と言いながらも鑑賞。

やはり予想通り暗くて陰湿な映画だった。湊かなえはこういう小説しか書けんのか。

まあでも、面白くないってわけでもない。普通の映画かな。

あらすじ

小説家希望の女子高生(本田翼)と、元日本一の剣道家だった同級生(山本美月)が、屈折した感情を持ちながらも、必死に生きる意味を見つける話。


ちょっと抽象的な描き方が多くて、意味がわからないところも多々ありました。

その展開を入れる意味は?

見ているあなたたちの心を沈ませるためです。

とでもいうかのように、私たち鑑賞者の気分を嫌にさせます。そこは湊かなえの独壇場でしょう。

ただ悲しいかな。小説ではうまく表現されてるかもしれないが(小説未読)、映画では描き方が下手くそだった。

その展開を入れる意味は?と何度かツッコミを入れてしまいました。

ラストもなかなか考えさせられるものでした。

まだまだ苦痛の世界は続くよ?ってことかな。

☆3.5つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

少女

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。
    近日リリース商品です。
    「配信お気に入り」に登録しておくと、
    レンタル開始時にアラートメールが受け取れます。
  • 配信お気に入りに追加

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。