No.56 RANKING

デスノート Light up the NEW world

デスノート Light up the NEW worldの画像・ジャケット写真
デスノート Light up the NEW world / 東出昌大
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

14

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「デスノート Light up the NEW world」 の解説・あらすじ・ストーリー

大ヒットシリーズ「デスノート」の10年後を描いた続編。死神により再び地上にもたらされたデスノート。同時多発的に大量殺人事件が発生する中、デスノート“オタク”の捜査官・三島、Lの後継者である世界的名探偵・竜崎らが捜査に当たるのだが…。

「デスノート Light up the NEW world」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「デスノート Light up the NEW world」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

デスノート Light up the NEW worldの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
135分 日:ドルビーデジタルステレオ/ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPBT22694 2017年04月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
2,247枚 198人 205人

【Blu-ray】デスノート Light up the NEW world(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
135分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VPXT77155 2017年04月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
749枚 97人 93人

デスノート Light up the NEW worldの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 02:14:49
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2018年03月31日 23:59
レンタル:2018年03月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全14件

争奪戦の行方

投稿日:2017/04/13 レビュアー:ミルクチョコ

2006年制作の映画「デスノート」二部作のその後を描く続編。
名前を書かれた人間は必ず死ぬ「デシノート」を使って凶悪犯や邪魔者を粛清したキラ=夜神月と世界的な名探偵Lの戦いから10年後、今や地上には6冊のデスノートが存在し、大量の殺人事件が同時多発。
ノートを封印したい対策本部の三島(東出)とLの後継者を名乗る探偵の竜崎(池松)ノートを独占してキラの復活を目論むサイバー・テロリストの紫苑(菅田)が熾烈な頭脳戦を繰り広げます。

前作と異なる冷たく硬質な映像が、不穏なムードをかき立てるのは、良かったのですが、どうも、アクションの方に傾いていて、争奪戦、心理戦をあまり感じさせない展開が残念でした。
夜神月とLの天才同士の死闘は、頭脳戦・心理戦がもう少し丁寧に描かれていたら良かったと思います。
付け加えられたデスノートのルールをもとに、竜崎は紫苑を追い詰めていく種明かしは面白かったけれど、動機も伏線も乏しく、いきなりで面食らいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

がっかり…

投稿日:2017/02/10 レビュアー:みなみ

私は期待ハズレでした。
何がダメって、本作の神髄である頭脳戦がない…(^^;
デスノートのルールだけ使って、テキトーに物語作ってる感じで、意外性を狙おうとしてかなり無理がある。
前作の夜神月(ライト)とL(エル)はキャラ設定がしっかりしててどちらの気持ちもよく伝わってきたけど、今回は主要人物3人とも、どれも描き切れてなくて中途半端。
キャストは演技派ぞろいなのに残念…
でもリュークの映像がよくできていたので、☆3つです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

デスノート Light up the NEW worldネタバレ

投稿日:2017/02/02 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 死神大王とかってやつの命令らしく6冊のデスノートが人間界に現れたってんで、ジェノサイドが起こる話。

 デスノートを巡って、登場人物たちが裏をかきあって出し抜きあう面白さがほとんど感じることができないままの130分でした。

 人間界に6冊あるらしいってんで、デスノートを使って犯罪者を粛正する考えの持ち主の遺志を継いでる人と世界的名探偵の後を継いだ世界的名探偵とデスノートを捜査する人といろんな人の思惑が入り乱れますが、全員の背景が全くわからないまま進展するので、終始何をしているのかよくわからなかったです。みんな自分の好きな人のことを追いかけるオタクにしか見えなかったです。デスノートを巡る攻防が見たかったです。

 そのため、いちいち突っ込みどころみたいなのが目立ってしまって、そういうのがあるたびに失笑してしまう悪循環の映画でした。「デスノートは使わない」と言ってるわりに拳銃は使うんだとどういう行動の動機かわからないし、そもそもみなさんが拳銃突きつけるだけの印象しか残らなかったです。そもそもデスノートの能力より、みんなコンピューターに侵入できたり、監視カメラとかこの映画の世界では全く監視の意味をなさなかったです。警備がザルすぎて、世界的名探偵はどこにでも現れて、簡単になんでも盗み出せたり逃がすことができたりといちいち主人公たちの行動に突っ込みを入れながら見てしまいました。

 この調子がずっと続くので、クライマックスで真相が明らかになっても、もはや誰がどうなろが知ったこっちゃない冷たい視線のオチでした。それでいて、みんなカッコつけてお芝居をしているので、それがカッコ悪く見える130分でした。死神大王って何なら? と設定自体が何も知らない状態で見ると、引っかかってしまう映画でした。

天才VS天才の戦いで見ているこちらをあっと言わせる戦いが見たかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

『デスノート』の世界観はどこに!?

投稿日:2017/05/16 レビュアー:kazupon

本作を観るに当たって、過去の2作をおさらいし、さらに原作の漫画まで読んで楽しみにしていました。
そして、本作を観て思いました。
『デスノート』は、前作で夜神月とLが亡くなった時点で完結していたのだと。
この続編は、まったく不要の付け足しに感じました。
そもそも、夜神月もLも自らを天才と自負し、互いにその才能を認め合っていました。
二人の間に繰り広げられる頭脳戦が見どころであり、作品の魅力でした。
しかし、本作には頭脳戦も心理戦も駆け引きもなく、デスノートが持つ力も分かっているので、ハラハラドキドキもなければ、意外性も感じません。
今回示された「6冊ルール」が唯一新鮮な情報でした。
それにしても、藤原竜也や松山ケンイチが作り出す独特の雰囲気、世界観は強烈で、劇中で夜神月やLが映し出されるだけで画面からオーラを感じるのです。
東出昌大、池松壮亮、菅田将暉という今を時めく三人の魅力が活かされていなくて勿体なかったです。
また、存在感で言えば、死神のリュークも良かったし、マスカットを優雅に口に運ぶ死神アーマも魅惑的でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もうね

投稿日:2017/05/11 レビュアー:レンジ中毒

馬鹿と馬鹿による頭脳戦

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全14件

デスノート Light up the NEW world

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。