ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男

ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男の画像・ジャケット写真
ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

3

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」 の作品情報

作品情報は、ただいま準備中です。

「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・出演者/監督・スタッフ情報は、ただいま準備中です。

ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
95分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP12682 2017年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
450枚 10人 12人

ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:35:28 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
英語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
レンタル:2026年07月08日 23:59

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

古風なミステリー・・・衝撃のラストが、

投稿日:2017/03/04 レビュアー:カマンベール

パトリシア・ハイスミスのミステリー小説の映画化です。
人気作家(太陽がいっぱい・・キャロルなどの映画化作品がある)
ハイスミスですので、ミステリー好きには、中々良かったです。

1960年代のクラシックな雰囲気とか、妻のクララのペチコートで膨らませたスカートとか、衣装も素敵でした。

建築家で短編ミステリー作家でもあるウォルター(パトリック・ウィルソン)は、気難しく面倒くさい妻のクララの死を妄想する日々でした。

そこに長距離バスの休憩所で妻を殺された男の記事に、
興味を惹かれます。
そしてわざわざ、その書店主に会いに行くのです。
この出会いが、全ての始まり・・・でした。

同じようなシーン(長距離バスの停車場とか、書店、歌手のいる酒場、
愛人宅、そしてオシャレな自宅)
が、多いのと、しつこく現れる刑事・・・進まない捜査とか取り調べ)
テンポもユッタリしてますが、最後の展開には、驚きました。
好奇心もほどほどに・・・という教訓ですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

妻の死を願う男が、妻殺しの疑いをかけられ…腹いっぱいです。

投稿日:2017/03/14 レビュアー:コタロウ

主人公・ウォルターは、裕福な建築家で作家志望の男。
美人の愛人・エリーもできたし、猜疑心が強い心を病む妻・クララが死んでくれたら…と望む日々。
口論の後、激情に駆られたウォルターはクララの乗ったバスを尾行するも、途中で彼女を見失う。
翌日、クララの死体が発見されて…

ウォルターを妻殺しと断定して執拗に狙うコービー刑事、
妻殺しを首尾よく遂げた男・キンメルなども絡み、追い詰められるウォルター。
良いサスペンスなはずなのに、腹いっぱいな気持ちに…

妻の死を願っていたけれど、実際に手を下してはいないウォルターが、
妻殺しの疑いをかけらてしまって、さあたいへん!って、サスペンスとしては
普通な内容なのに、普通っぽくないんです。

妻殺し願望が高じたウォルターが、ガチの人殺しキンメルを訪問したり、
彼に住所氏名を明かしたり、行動が尋常じゃないんです。
ウォルターが変質者みたいな性格なら理解できるけど、そうじゃないし。
ウォルターの行動に合理性を感じないんですよね。
この人、大丈夫なんだろうか…と不安になってくるというか。
やっぱり、意識高い系ミステリーのハイスミス原作だからだろうか…
原作を読んでみたくなりました。

クララやご婦人たちのファッションが華やかで愛らしいのに対し、
愛人・エリーだけ体のラインが出るタイトな装いで目立っていました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

私的には観ないでも。どうでもよし。ネタバレ

投稿日:2017/03/04 レビュアー:なん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

パトリシア・ハイスミスの原作で、興味深いタイトルとジャケット写真。
で期待してみたが。
しかし、始まってすぐ、なんだこの暗い感じ。楽しくない・・・。
昔の警察ってあんな横暴なんだ、昔なのはわかるけどいつ頃の話?
建築家の家だから少しはおしゃれだけどそれほどの家でもないような。

展開がおそすぎる。妻は異常に嫉妬深い。
そんなに嫉妬するならセックスすればいいのに、拒否して悲しませ、
すぐ「彼女と寝たの?」ときく。
そりゃ私だって殺したくなるわ。
離婚しようと言えば「離婚するくらいなら自殺する」つてあんた、どうしたいの?

パトリック・ウィルソンが唯一美形で(ちょっとケビンコスナー風?)観るべきは
彼の演技だけだったけど、
映画は地味すぎて話も暗すぎて、最後までは観たけど、なんの収穫もなかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。