ペコロスの母に会いに行く

ペコロスの母に会いに行くの画像・ジャケット写真
ペコロスの母に会いに行く / 岩松了
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

17

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ペコロスの母に会いに行く」 の解説・あらすじ・ストーリー

赤木春恵の世界最高齢初主演映画となったヒューマンドラマ。長崎を舞台に、認知症の母親とその息子との笑いと涙に溢れた日々の触れ合いを描く。ペコロスのようなハゲ頭のゆういちは、夫の死を機に認知症を発症し始めた母・みつえの面倒を見ていたが…。

「ペコロスの母に会いに行く」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「ペコロスの母に会いに行く」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ペコロスの母に会いに行くの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
113分 日(聴覚障害者用) 日:ドルビーデジタル5.1ch、日(視覚障害者用):ステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED2172 2014年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
250枚 4人 8人

ペコロスの母に会いに行くの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:52:46
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2018年03月31日 23:59
レンタル:2018年03月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

認知症の母と息子のふれあい

投稿日:2014/06/21 レビュアー:ミルクチョコ

長崎在住の漫画家、岡野雄一の同名エッセイ・コミックを映画化。
主人公のゆういち(岩松了)は、仕事は適当に流して、漫画を書いたり音楽活動をしながら、認知症の母みつえ(赤木春恵)の世話をしている団塊世代のサラリーマン。段々と母みつえの症状が進み、悩んだ末に介護施設に預けることを決心します。

深刻な社会問題として語られがちな介護や認知症。でも、ゆういちは言います。「ボケるとも、悪い事ばかりじゃなかかもしれん」
ボケることは悪いことではないという、その温かさが心地よく、ユーモアたっぷりに描いているので、優しさが残ります。
主人公の前向きにとらえた、明るい性格に救われたような気がします。

ボケた母が現在のことを忘れていく中、徐々に昔の大切な人との記憶を甦らせていくうちに、彼女がどんな思いで生きてきたかを知ります。
認知症になり、見えないものが見えたり、子どもに戻ったりしながら、幼馴染との約束、酒浸りの夫に泣かされた日々などを追います。
家族が重ねてきた歴史があるからこそ、記憶をたどる心の旅の切なさが伝わってきます。
母親の人生の描き方が上手いですね。決して平坦な日々ではなかったからこそ、最後の優しいつぶやきに繋がるのだと。
介護の苦労話に終始せず母親の人生に寄り添っているので、見終わるとほのぼのした感じになりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 20人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

それでも介護は大変なのです

投稿日:2014/11/03 レビュアー:飛べない魔女

今年の夏に91歳で逝かれたみつえさん。
ご冥福をお祈りいたします。

そのみつえさんの幼いころの体験から、ご主人との出会いと辛い結婚生活
みつえさんが今に至るまでには、どんなにか苦労してきたかがうかがえます。
どんな人生を歩んできたにしろ、最後は幸せだったのではないでしょうか?
なんだかんだ言っても、お母さんが大好きで仕方のないペコロスさんと、優しいお孫さんに看取られて
大好きだった人たちのことは忘れずにいられたわけですから。
「ボケることも、悪い事ばかりじゃなかかもしれん」
本人にとっては、そうなのかもしれませんね。

でも、介護する家族はそうも言ってられないのが現実です。
私の父も認知症でしたら、その大変さは身に染みて判ります。
言って聞かせて理解できる病気ではないので、地獄でした。
認知症は、まずその人から笑顔を奪います。
そして、「ありがとう」や「ごめんなさい」の言葉を忘れさせます。
たぶん私たちには理解できない、闇のようなものに包まれてしまったかのような変貌ぶりをみせます。
長年繰り返してしてきた普通のことも出来なくなります。
もちろん次第に人を認知することも出来なくなります。
徘徊や汚物のまき散らしは日常です。
毎日が戦場でした。
だからこそ、ごくごくたまに見せる笑顔が、宝物に思えました。
あー、笑った笑った!と、母と手を叩いて喜んだものです。
そんな事を思い出しながら見ていました。
辛いことばかりじゃないんだよ、というメッセージが伝わってくるとても温かい作品でした。

それと、私はずっとペコロス岡野さんご本人が、ご本人役を演じていらっしゃるとばかり思っていました(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

森崎東が巡る記憶の徘徊

投稿日:2014/08/18 レビュアー:TETSUYA

認知症の介護をテーマにしたヒューマニティ溢れる作品。ともすれば安易な美談に陥りがちなところだが、漫画の原作に忠実に、岩松了や加瀬亮にわざわざハゲヅラを被せるディフォルメなディティールや、竹中直人や温水洋一や直江喜一などのハゲ役者を揃えたりのトゥマッチ感など、あくまでも喜劇のフィールドで勝負しているのが流石は森崎東。迷いがない。
ボケた母親とハゲた息子が巡る、それぞれの記憶の断片。その消えない記憶の徘徊の旅から、やがて辿り着く映画的クライマックスの美しさ。
現代が内包する様々な問題を過剰なまでにパワフルに喜劇として提示してきた森崎の、穏やかなる凄みに貫かれた、素晴らしき名作という簡単な賞賛では片付けられない程の素晴らしき名作。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ペコロスの母に会いに行くネタバレ

投稿日:2015/09/21 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 認知症になった母親を介護する息子の話。

 現在進行形でだんだんと息子を忘れていく母親の姿を笑いにくるんだ展開と母親が思い出す幼い息子の姿やダメな夫の姿を思い出していっていきます。

 息子役の岩松了さんに母親役の赤木春恵さんのお芝居が素晴らしくて、味のあるお芝居とはこういうものだというのを見せてくれます。ボケとハゲを笑いにして、それぞれの人生が悲劇になりそうなのを喜劇としてとらえて描いていました。

 クライマックスのランタンの祭りのシーンも美しくて、認知症の母親の人生が映し出されて、夫に同級生たちが息子と孫にもその姿が見える。というクライマックスは感動してしまいました。

 「ボケるのも悪くない」というところまでに行けるのというのは実際問題ものすごく大変だと思いますが、これぞ良い日本映画。という形の映画でよかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なにを描こうとしたのかネタバレ

投稿日:2015/01/30 レビュアー:bell

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 劇中、息子の顔さえ判らなくなった母の、息子の心境は想像に耐えがたいものがあり、うちの母親も高齢なので他人事ではないなと感じた。
 しかし全体的にいえばもう少しリアルな実態や、重たさや悲しみが描かれるのかと思っていたら、意外に爽やかな描き方だった。
 敢えてその大変さを回避して、ファンタジーに置き換えたといっても良いような、ちょっと不自然さを感じたが、私は認知症に関わったことはないので、こういうものなのかなという程度で観ていた。
 実際、身体の介護は多少受けているが、制度や施設の窮屈さは感じることがある。その点で、本作の施設職員の接し方は、ずいぶんと気が良すぎる感じがして、事実とはいえ、やっぱり観客を意識して脚色してるのだろうと感じた。
 また母親の人生と重ねたところは人間ドラマを意識させ、竹中直人のキャラは面白味はあるが、いずれも介護という問題からはぐらかされた感じがある。社会問題でありながら、こういう描き方で良いのかなと疑問に思う。
 それともこういった問題を、深刻に考えすぎている私の先入観なのだろうか・・・。★★☆

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全17件

ペコロスの母に会いに行く

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。