そして父になる

そして父になるの画像・ジャケット写真
そして父になる / 福山雅治
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

66

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「そして父になる」 の解説・あらすじ・ストーリー

福山雅治主演、是枝裕和監督による感動作。大手建設会社に勤め、都心の高級マンションで妻と息子と暮らす野々宮良多。自分は人生の勝ち組だと信じて疑っていなかった彼は、ある日息子が病院で取り違えられた他人の子どもだったことを知る。

「そして父になる」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本
受賞記録: 2013年 カンヌ国際映画祭 審査員賞

「そして父になる」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

そして父になるの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
121分 日本語 ドルビーデジタル5.1chサラウンド日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX5728 2014年04月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
141枚 44人 27人

【Blu-ray】そして父になる(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
121分 日本語 5.1chサラウンド日本語/リニアPCM(音声非圧縮)
5.1chサラウンド日本語/DTS-HD MASTER AUDIO
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBDX1113 2014年04月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
55枚 9人 10人

そして父になるの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 02:00:56
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(マルチチャンネル) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
レンタル:2017年09月28日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:66件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全66件

父子の絆のあり方

投稿日:2014/04/19 レビュアー:ミルクチョコ

息子が出生時に病院で取り違えられた別の子供だったことを知らされた父親が抱く苦悩や葛藤を描いたドラマ。
タイトルどおりの映画です。取り違えの事実を知った瞬間から良多(福山雅治)の「父親」になる葛藤が始まります。

主人公がここでどう感じるのか?どういう選択をするのか?自分だったらどうするのか?などなど色々考えずにはいられない映画でした。
福山雅治演じる良多は、エリートサラリーマン。息子の優しすぎる性格に不満を持っていた彼は、一人息子が生まれた病院で取り違えられていたと知ったときの反応が、「やっぱり、そういうことか?」には、ビックリでした。

良多夫妻と対照的な、商店を営む相手方の夫婦(リリー・フランキー&真木よう子)。
決して豊かじゃなくとも、子簿脳なリリー・フランキーの家で大人しかった慶多は生き生きし始めます。

父子関係を位置づけるものは、血のつながりか?過ごした時間か?やり切れなさを抱えてともに悩み続けます。正解のない答え。それぞれの葛藤が安易な着地点を選ばず、丁寧に誠実に紡がれていたのが良かったです。
ちょっとした台詞が伏線になっているストーリー構成も見事で、血の繋がりとは何かを押し付けがましくなく考えさせられました。
ラストの福山雅治の父親としてのもの静かな変貌ぶりが印象的です。

このレビューは気に入りましたか? はい 22人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大したことないです

投稿日:2014/04/24 レビュアー:QWERTY

日本人は権威とブランドに弱いので「カンヌ映画祭審査員賞受賞!!」とか
「スピルバーグがハリウッドでリメイクする権利を買った」てことになると
さも素晴らしい名画であるかのような宣伝がされるけど、冷静に見ると大した映画じゃないです。

そもそも「子供の取り違え」なんてさほどオリジナリティのある話じゃない。
テレビドラマとかで結構やってる印象。
そんなありがちで、大体想像の範囲内の話をスローで展開するのでかなり退屈。
終わり方も「えっ、これで終わり?」て感じで、別に感動とか無かったです。

何というか、登場人物が浮世離れしているというか、とにかく体温を感じない。
普通あんな状況になればもっと悩んだり、怒ったり、取り乱したりするもんだと思うが
何だろう、この妙にサラッとした感覚・・・福山雅治だからか?いや、それは関係ない
他の人が演じていても同じくらい「やらせ番組の家族」感がすると思う。

そして、本来ならもっと話の中心にしていいはずの子供の存在がどうにも稀薄。
妙に聞き分けが良くて不自然な感じ。
子供って大人の思惑通りに動いてくれないのが普通だと思うけど。
トレーディングカードじゃあるまいし、そんな簡単に交換できるかよ!!

ちなみに
この回のカンヌには日本人の審査員がいたので
「日本の映画にも何か賞をやっとかなきゃマズいよねー」
「じゃ、無難な内容のコレでイイんじゃね?もう一方はアレだし・・」
「じゃ、コレで決まりってことで」
「異議なし!!」パチパチパチ
てな感じで決まってたりして(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 21人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

よろいの下のとまどい

投稿日:2014/05/02 レビュアー:ロキュータス

( ネタばれあり  )

是枝監督の旧作『 歩いても 歩いても 』は僕はダメでした。 いやな映画でしたが、本作『 そして父になる 』はとてもよかったです。

頭がよくて、ハンサム、そして大企業の仕事ができるエリート社員の主人公。
クールでさわやかな「完璧男」福山雅治が演じると設定に違和感がなく自然なのですが、この男よく見ると嫌な男です。

赤ん坊取り違えの相手側への「値踏み」の仕方、経済力やその社会的ステータスを見下す様子が隠しきれない。
また病院側との対応にさりげなく友人の弁護士を両家共同の代理人にしようとするところなどに、相手の家族との交渉に有利になるよう布石を打つ計算が見て取れる。
理知的で冷静とも見え、感情を露わにするのを避けていますが、自分でも思わずホンネで言葉が出てしまい、その冷たさが。相手の家族や妻を怒らせてしまう。

この冷たい感じ。  どんなに親しい間柄でも、家族に対してさえ、人との関係に距離を起き、人間的な思いやりや親しみの感情に欠けるのではと自分でも思っている、主人公の、実はとても不器用な人との関わり方、そしてその静かな変化が、この作品の魅力です。

経験はないですけれども、親になるということは、自分の子ども時代の再確認なのでしょう。
 自分はどのように育ち、そして親はどのように育ててくれたのか、の再発見と言えるのではないでしょうか。

子どもの頃から心を開かず大人のふるまいを自分に強いてきて、子どもにもそう強いてきた男が、自分が父親にしてもらいたかったことを知って、息子の気持ちを理解する。

赤ん坊取り違えが話の中心ですが、福山雅治の主人公は、アダルト・チルドレン・・・・・子供のころから心を閉ざして、大人を演じてきたタイプ・・・・・と言っていいでしょう。
カンヌの審査員のニコール・キッドマンは途中から涙が止まらなかったと言っていますが、心によろいをまとってる人間こそよくわかるかな。
福山雅治のさめたキャラクターの奥のやさしさ、人恋しさがよかった。

夏八木勲( 数多い最期の名演のこれもその一つ )風吹ジュンをはじめ、ほぼ完ぺきなキャストだと思います。
うわべのさめ方と裏腹のとまどいと葛藤、終盤やっと出てくる主人公の感情が、ぼくには生理的に心地よい演技と演出でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

長い余韻を残す作品ネタバレ

投稿日:2014/04/19 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画館で見ました。これってフジテレビ製作なんですね!
「連ドラの映画化でお金儲け」というイメージしかなかったけど、これは大金星でしたね。
カンヌ映画祭審査員賞受賞の映像も、上映前に流していました。

「赤ちゃん取り違え事件」というショッキングな出来事を扱っていますが、是枝監督お得意の自然で淡々としたホームドラマでした。
かめばかむほど味が出る、するめのような作品です。

とにかく人物描写が巧みでしたね。

主演の福山雅治さん、今まで演技がうまいと思ったことはなかったけど
この役はハマってましたね。

野々宮良多(福山雅治)は社会的に成功していて、いい暮らしをしている。
自分に自信を持っていて、他人を格付けし、常に相手の上に立とうとする。
奥さんに対しても常に上から目線、いばりたいがために言いなりになりそうな人を妻に選んだの?と勘ぐってしまう。

息子(慶多)は妻まかせにして、自分の子なら優秀なはずと思っている彼にイライラしたけど
「自分のせいじゃない」と責任を押し付けるところなどは、私にもそんな部分があるかも…とドキッとする。

でも子供目線で見た彼は、壊れたおもちゃを直せないし、「ゲームは30分」などの決まりがたくさんあるし
お風呂も一緒に入らない…ちょっとけむたい大人なのかもしれない。

そして見ていくと、実は良多は複雑な家庭環境に育ったことがわかる…

一方、取り違えられた相手の夫婦は、町の電気屋さん。
待ち合わせにはいつも遅刻、お金のことばかり言うので、良多は「いい加減な夫婦」だと彼らを下に見ていた。

でも実際、3人の子供を養うのは経済的に大変だから、正直な人なのかもしれない。
冗談を言って場を和ませる気遣いもある。

このように、主人公をはじめ、出てくる大人たちは、ぱっと見ではいい人とは言えないけど、
見ていくうちにいろんな面が見えてきて、各キャラの中に自分を見る思いで見てました。
人には表向きの顔には出てない部分もあるのですね。

そしてなんと言っても感動したのは、良多がデジカメの中に慶多が撮影した写真を発見したシーン。
まさかのところを突いてくる伏線が見事で、よく練られている脚本だと思いました。

「もう会わない」というミッションを守っていたのに父親が来て、逃げる慶多。けなげで泣けてしまう…
「何でもできるすごい父」を演じていたけれど、実は全くダメな父親だったことを知り、
思いのたけをすべて育ての息子・慶多にぶつける良多…涙、涙でした。

血のつながった子を引き取り、両家の交流は続いていくんだろうな…
長い余韻を残す作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

親は子どもに親にしてもらうネタバレ

投稿日:2014/03/10 レビュアー:じゃじゃまる

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

是枝監督福山雅治主演「そして父になる」をみました

出演リリーフランキー、尾野真知子、希木樹林、夏八木勲、真木よう子、風吹ジュンです


6才まで育てた息子慶多は、実は取り違えられた息子だった


野々宮良多は高級マンションに住むエリートサラリーマン


取り違え発覚後相手方の家族と交流し本当の息子琉晴を週末に泊めたりと手探りで最善の方法を戸惑いながら探っていた


相手方は群馬の小さな電器店で粗野なタイプで良多は気に入らない


しかし体当たりで子供と遊ぶ斉木(リリーフランキー)


血の繋がりか育ててきた6年の積み重ねか、迷う2家族


そして決断を下す

これは難しい決断です
生まれたばかりなら取り替えるかもしれませんがある程度人格が出来ていると子供も可哀想です
「お前の息子はだんだん相手の家族に似てくるぞ」という言葉には考えさせられました


少々ネタバレ。

今は離婚も増え、家族形態も変わりつつあります。

女性は大体『今までの積み重ね』を言います。

この2家族は対照的で、貧しくても和気藹々と、体当たりで子育てする、田舎の親父と、

高級高層マンションで、なんとなく無機質な子育て(と私は思った)

『負けたことのないやつはこれだから。。。人の気持が分からないんだ』

とつぶやく斎木。

負けたことのない人には『負け犬の遠吠え』に聞こえるかもしれませんが、

このいや〜な役を福山君が無意識に演じているのが面白い。

でもこの家族を通じて野々宮はいろんなことを思うんです。

自分は行かないのに、斎木は、慶多の入学式にくるんです。

そういう細やかな情が、良多には欠けている感じがしました。

しかし、琉晴と分かり合うために、初めて良多は、子育てに向き合うんです(イクメンになるわけではないですよ)


この作品、やっぱり親は子供に親にしてもらうんだって感じました


だから題名が「そして父になる」なんだと思いました。



大きな感動が来る作品ではなく、なんとなくじんわりきます。

いかにも人間臭い愛情あふれる父親をリリーフランキーが演じています。

ほんとにいろいろ考えさせられます。





このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全66件

そして父になる

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。