グーグーだって猫である

グーグーだって猫であるの画像・ジャケット写真
グーグーだって猫である / 小泉今日子
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

128

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「グーグーだって猫である」 の解説・あらすじ・ストーリー

大島弓子作品の熱烈なファンを自認する犬童一心監督が、大島弓子の同名エッセイ漫画を映画化。吉祥寺を舞台に、最愛の猫を失った天才漫画家と、彼女のもとに新たにやって来た子猫のグーグーとの関係を軸に、その日常と主人公を取り巻く人々の人間模様を優しい眼差しで綴る。主演は「空中庭園」の小泉今日子、共演に上野樹里、加瀬亮。天才漫画家、麻子は、長年連れ添ってきた愛猫サバを突然亡くし、悲しみのあまり仕事が手につかなくなる。そんなある日、彼女はアメリカン・ショートヘアの子猫と運命的に出会う。こうしてグーグーと名付けられた子猫との新たな生活が始まり、徐々に元気を取り戻していく麻子だったが…。

「グーグーだって猫である」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: 日本

「グーグーだって猫である」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

グーグーだって猫であるの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
116分 日(聴覚障害者用) 英語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/日(視覚障害者用)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ACBR10649 2009年02月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
69枚 3人 6人

グーグーだって猫である の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:56:04
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
レンタル:2018年02月26日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:128件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全128件

思い入れが強すぎて・・?ネタバレ

投稿日:2009/02/20 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 これは劇場で観たいと思いつつ、時間が合わずにDVD待ちになっていた作品ですが、正直劇場で観なくて良かったなと言うところですね。猫は可愛いし、全編を通じて流れる空気感も良い。小泉今日子も上野樹里も、森三中も悪くない。しかも舞台となる吉祥寺もとても魅力的に感じるのに、映画そのものを面白いとは思えないのです。
 何がいけないのでしょうかね?細野晴臣ははっぴいえんどの頃からのファンで申し分ないし犬童一心も嫌いじゃない、と言うか好きな方なんですけどね・・・。

 いろんな要素を詰め込みすぎて散漫になってしまっているような気がします。エピソード一つ一つは悪くないんですけど、観終わって心に残る物が無いんですよね。悪く言えば、
「それで?」
「だから、何なの?」
と言う感覚です。

 犬童一心は「眉山」と言い、「黄色い涙」と言い、何かことに当たる人間の心理を描写するのが非常にうまい監督だと思うのですが、この作品に関して言えば、表面上似たような雰囲気を醸し出していても、根底が違うようなのです。
 これは、犬童が大島弓子の大ファンであるということが原因なのかも知れません。
 大好きで、思い入れが強いからこそ、冷静な目で判断することが出来ていないんじゃないかと・・・。
 私のような素人レビュアーは、例えば好きな題材を扱っていたり、好きな歌が挿入されていたりすると、途端に冷静さを欠いて、映画の出来はどうでもよくなったりします。「結婚しようよ」なんてのは最たるもので、全編吉田拓郎の歌だらけであるという時点で、冷静なレビューを放棄してしまったりしました(笑)
 しかし、プロの監督はそれじゃいかんでしょ(笑)

 武蔵野婦人さんがよく映画を料理に喩えてレビューしますけど、私も元料理人として映画って料理に似てると思うのです。
 例えば、メインの料理が決まっていたとして、コース料理として供するにあたってシェフはそのメインをいかに美味しく食べていただこうかと前菜だのスープだの、サラダや付け合わせを考えてメニューを組みます。そこにソムリエも参加して、その料理に合うワインをチョイスしてくれる訳です。ところが、シェフがそのメインの料理、もっと言えば素材そのものに思い入れが強すぎて、
「これは、特別なことをしなくたって、素材そのものが旨いんだから」
とぞんざいにメニューを組んだり、調理法もただ焼いて出すだけ(いや、ホントに良い素材はそれでいいんですけどね)なんてことをすると、その素材が好きな人には受けるけれども、そうでもない人にはなんだか良くわからない、とりとめのない料理になったりします。

 大島弓子と言う素材が美味しくても、それを調理するシェフが、
「これはこのままで充分美味しいんだから」
とそのまま出されると、そこに思い入れの無い人には、
「?・・・何、これ・・?」
としか思えないし、逆に思い入れが強い人には、
「いや、もっと美味しいはずでしょ」
と思われてしまったような・・・。メインを際立たせるための工夫をしなかったのか、すべてをメインにしてしまったのか・・・。

 「グーグーだって猫である」と言うタイトルにしても、、この「だって」と言う表現は、サバの存在が際立っていて、その対比として「だって」だと思うのですが、サバの存在がどうも希薄に思えてしまうのです。友人で大の大島弓子ファンがいるのですが、彼女は原作を読んだとき、読み始めから涙が止まらなかったと言います。この映画を観た彼女の感想は、
「別物・・・。なんか綺麗にと言うか、透明に作りすぎてる」
でした。

 エンディング近く、サバが人間の姿で出てきますけど、15歳の猫って、人間で言えば70歳くらいの老人ですよね。オスでもメスでもいいのですが、老人が麻子と過ごした日々の思い出を語る方が自然じゃないのかなと思いました。
 ましてや、病院外でのチア・ダンスなんて意味わからないし、あのヤンキー姉ちゃんが、そこで一緒に踊ってますけど、そこに至る心理的葛藤がスッポリ抜けているので、深みも感じられません。

 まあ、吉祥寺の町並みと、ゆったりした感じと猫の可愛さで、癒しは感じられるものの、犬童一心ならもっと上手く作れたんじゃないかなと、ちょっと残念な気持ちが強いのです。


このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

エッセイを読んでいるような中にも 命について語っているのかも?ネタバレ

投稿日:2009/02/06 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大島弓子の同名エッセイ・コミックを基にしたドラマで、猫を愛する天才漫画家と、彼女を取り巻く人々の心温まる日常と、そこを訪れる転機を描いた作品。

麻子が原稿を書き終えたある朝、愛猫サバが静かに息を引き取る。そのショックから仕事が手に付かなくなった麻子を、アシスタントのナオミたちは、見守るしかなかったのです。
40歳すぎて何とも乙女チックな麻子のキャラや、お金はないけれども楽しいという4人のアシスタントたちの生き方に共感しながら見てしまいました。

ある日、ペットショップで、ある子猫と出会った麻子は、その猫をグーグーと名付けて可愛がり、生活に元気を取り戻していきます。
グーグーとの散歩中に青自(加瀬亮)と出会った麻子は、彼と急接近。だけれども、それ以上踏み込めない。感情を表に出すことはなく、やや人見知りタイプ。

「サバ」と「グーグー」という二匹の可愛い猫が登場するものの、この作品の主人公はあくまでも、原作者の麻子(小泉今日子)さん。麻子を取り巻く人たちや、皆が集まってきて仕事をする日々が続いて欲しいと思うけれども、楽しい日々はそう続くものじゃない。仕事中に倒れた麻子が子宮ガンだと分かり、猫の世話を誰に託すかなんていう問題が急に出てきて、ふっと現実味を帯びてきます。人も動物も、いつかは終わりが来る。出会いがあれば別れも来る。
そういえば、最初から猫の生死に関係する展開でした。
そうすると、この映画の主題は「命」でしょうか?
「二度目のねこは、得ですね。死んだ猫の分まで大事にしてくれる」という麻子の言葉が響きます。

そして、もう一人の主役ともいえる吉祥寺の街も素敵だったし、遊び心満点でその辺も楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

猫のほうが知っている

投稿日:2009/01/05 レビュアー:TOMY

と思うことは多々ある。
猫に限らず、犬も、他の動物も。
人間よりも、よっぽど「生」と「死」を理解している。
本当の最期まで生きようとするし、死ぬ際にはじたばたしない。
生きてる間に欲しいものをすべて手に入れよう、なんて考えない。
映画のテーマは猫ではなく、生命をものすごくさりげなく描いています。

麻子さんは天才漫画家。少しシャイで風変わりで、人間関係もそんなに器用にさばけない。
でも自分の仕事に誇りを持ち、集まる人達にはいつでも誠意を持って、穏やかに、優しく接する。
15歳の猫、サバを亡くし、漫画が描けなくなってしまった。ある日、小さな子猫と出会い…というお話。
小泉今日子さんがふわふわ頭で、かわいらしいところもある大人の女性を絶妙に演じています。
大島弓子さんの漫画はそんなには知らないけど、少しピリッと痛い世界観は割と好き。
これはエッセイ漫画が原作なので、もしかしたらだいぶ印象が違うかもしれません。(ちょっとしか読んでない。)

死と病が身近なので、痛みや悲しみ、辛さがとてもよくわかってしまって、観てて辛いところもあった。
一生懸命仕事してきても、何かの折りには何の救いにもならない。
大人の女が1人で生きて行くことは、気楽だけれど誰にも守られない。
1人で死んでいくことも考えなきゃならない。
親との関係もいろいろと。
でもサバは「あなたの病気がもたらす苦しみも、悲しみも歳をとります。」って言ってくれた。
猫と話したい、って願ったことがあるので、うらやましいシーン。
猫は人の3倍のスピードで成長するから、先に先輩になり、理解する。
麻子さんは楽しみも、悲しみも、孤独もひっくるめて静かに覚悟を決めている。
ずーっと続く幸せなんて無いけれど、「そう悪くない」という瞬間が確かにたくさんあることもわかっている。
グーグーの散歩のシーンは、外に出てみれば何か輝きが見つかるってこと。
麻子さん、素敵な女性です。

話のすじに直接関係ないような場面が多く挿入されているので、バラバラ感はあります。
生命はすべて平等で、どこかつながってる、みんな世界の一部、という表現がそうなったようです。

吉祥寺って緑もいっぱいで、魅力ある街だと改めて思いました。
西東京って独特の雰囲気があって憧れる。
個性豊かな人が集まってて、誰でも居ていい、って思えるような。
映画館からの帰り道、2回とも揚げ物買っちゃいました。

猫の放し飼いにはいろいろ難問がありますが、そこは映画なので。
ノラ猫問題もありますが、小さな生き物が生きることさえ許さないような人が増えたことの方が問題だと、個人的には思います。
サバもグーグーも、もちろんかわいいです。
あの目。全部、わかってるよなー…。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

焦点が絞れていなくて、長く感じる。ネタバレ

投稿日:2008/12/27 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

正直つまらなかったです。わざわざ映画館で見るような代物ではありませんね。

猫のかわいさを堪能したい人にも物足らないでしょうし(後半猫はあまり出てこない)、大島弓子の世界や原作に思いいれのある人にとってはきっと別物でしょう。私は猫好きでも、大島ファンでもありませんが、いろいろな要素を詰め込みすぎて、焦点が絞れておらず、長くてダラダラした映画という印象を受けました。

漫画を描くことだけに人生のほとんどを費やしてしまい、気づけば恋もせずに40歳を過ぎてしまった麻子。
卵巣ガンになってしまった麻子先生は、病院の看護婦に
「先生の漫画は私をほんとうに勇気づけてくれました。」
といわれますが、
「私の漫画は、私を幸せにはしてくれませんでした。」
麻子先生の幸せはどこにあったのでしょう?
このあたりを掘り下げてくれれば、もっとおもしろくなっていたのでは?

締め切り前で疲れてるところとか、病気になったところとか、小泉今日子といえども普通の40代なんだと思えたのはよかったかな。さすがに表情なんかはものすごくかわいいですけど。

それにしても、あまりにも意味のわからない、無駄とも思えるシーンが多いです。
いちばんよくわからなかったのが、名前は忘れたけど日本語のうまい外国人ロッカーが、英語で吉祥寺の街案内をするところ。ひょっとして「転々」をまねたのかな?とも思いましたが、なんだかダラダラしてました。

迷子になったグーグーをみんなで探すシーンで、ひとりの女の子が、
「だいたい私、あの人の漫画も読んだこともないし、
猫も好きじゃないのに、なんでこんなことをしなきゃいけないの!!」
と怒るんですが、それはこっちのせりふですよね、ほんとに。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

都会の猫は室内飼いしてほしい

投稿日:2009/08/29 レビュアー:みみ

 映画の内容とは直接関係ないことなんだけど、観ていて「本作を観た人が、本作での猫の飼い方がすべて正しいと思わないでほしい」と強く感じてしまいました。正直、映画の感想とは程遠いので、ご興味無い方はどうぞ読み流してください。

 本作を観て「猫を飼いたい!」と思った方も多いと思います。
 ただ「やっぱり猫は室外に出してあげないと可哀相だ」という誤解はけっこう多く、事実、私自身も猫を飼う前はそう思い込んでました。「マンションだし狭くて飼えないな。5階だから外にも出してあげられないし。」と。
 でも実は、特に都会の猫は室内飼いが推奨されています。
 糞尿トラブルの回避はもちろん、都会の猫の死因の多くは交通事故だったりするのです。私の友人の飼い猫も、彼女のお母様が「可哀相だから」と外に出してあげたことで、自動車事故に遭って亡くなってしまいました。
 今では私も猫を飼って8年になりますが、一度も外に出したことはありません。食事などに気をつけてあげれば(これも室内飼いの方が管理しやすいです)ぜんぜん問題ありません。いたって健康、彼女もとても幸せそうにしてます。
 あと避妊・去勢についても個人的には大賛成です。猫好きには残念だけど、世の中、猫好きな人ばかりじゃありません。そして食べ物がよくなった今、猫は1年に3度も子を産むそうです。これ以上、不幸な猫を増やさないためにも。。

 というわけで、何となく本作観賞中ずっとそんなことが引っ掛かってて、つい力説してしまいました。
 とはいえ、本作は猫好きのスタッフが愛情を持って作ったというのがよく伝わってくる微笑ましい一作でした。犬堂監督はグーグー役の子猫を実際に飼われてるそうですね。『ペット百科』という番組で見ました。

 それにしても気になって仕方ないことが一つあります。
 タイトルはなぜ『グーグー“だって”猫である』なのかしら。。。
「グーグーだって猫ですよ!」なんて改めて言われなくても、そりゃ猫だろうよ、って思うのですが。。。まさかとは思いますが、サバと比較してるのであれば、それはあまりにグーグーに失礼だし、そうではないと思いたいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全128件

グーグーだって猫である

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。