【TSUTAYAだけ】捜査官X

【TSUTAYAだけ】捜査官Xの画像・ジャケット写真
【TSUTAYAだけ】捜査官X / ドニー・イェン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

30

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「【TSUTAYAだけ】捜査官X」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ウォーロード/男たちの誓い」のピーター・チャン監督が、ドニー・イェンと金城武を主演に迎えて贈るミステリー・アクション。とある寒村で起きた奇怪な変死事件の謎に挑む天才捜査官が、やがて意外な真相へと近づいていくさまを、壮絶なアクションとともにスリリングに描き出していく。1917年、雲南省の小さな村で、不可思議な事件が発生する。強盗に押し入った2人組が、たまたま居合わせた紙職人ジンシーともみ合いになった末、死んでしまったというのだ。捜査に当たった刑事のシュウは、強盗犯が武術に長けた男たちであることに気づく。さらに検死の結果からも、男たちが偶然に倒されたのではないと確信、ジンシーの素性に疑いを抱き始めるが…。

「【TSUTAYAだけ】捜査官X」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: 香港/中国
原題: 武侠

「【TSUTAYAだけ】捜査官X」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

【TSUTAYAだけ】捜査官Xの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
115分 1.日本語字幕・2.日本語吹替字幕 1.北京語<オリジナル>ドルビーデジタル5.1chサラウンド
2.日本語ドルビーデジタル2.0ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 CPDP10770 2012年10月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 4人 4人

【TSUTAYAだけ】【Blu-ray】捜査官X(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
115分 1.日本語字幕・2.日本語吹替字幕 1.北京語<オリジナル>ドルビーTrue-HD 5.1chサラウンド
2.日本語ドルビーTrueHD 2.0ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 CPBP10771 2012年10月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 0人

捜査官X [エックス]の詳細

  • 見放題
再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:55:13 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
中国語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
レンタル:2021年09月25日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:30件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全30件

挑むは偽りの真実

投稿日:2012/10/09 レビュアー:ミルクチョコ

「武侠」の原題がどうやったら「捜査官X」になってしまうのでしょう?と思う位、主演はドニー・イェンで邦題に違和感ありです。
のどかな山村に強盗が押し入り、犯人二人がそこに居合わせた男に殺害されるという奇妙な事件が起こります。殺された二人は指名手配中の凶悪犯。彼らを殺したのは、製紙工場の職人ドニー・イェン扮するリウ・ジンシー。正当防衛だった上、犯人を殺したという事で、リウは一躍村の英雄に。彼らの死因に疑問を持った金城武演じるシュウが調べ始めます。

シュウが捜査官としていろいろ探るうちに、リウの過去が分かっていくのですが、平凡で温厚、善良を体現したような人柄のリウ。偶然による強盗犯の死は、捜査によって実は彼が意図的に狙ったのではないか?事件をきっかけに紐解かれていく、リウの謎が面白かったです。
ドニー・イェンが、素人の村人モードと、武術の達人モードで全然違う顔になるところは特に良かったです。

金城武は、丸眼鏡に帽子と傘を携えたどこかひょうひょうとした感じの捜査官。
妄想を駆使して、その場で事件を目撃しているかのような、シュミレーションされていくシュウの脳内捜査。脳への衝撃、血管が詰まる様子などなど、どこかで見たことあるような映像ですが、気持ち悪い部分も含めて、良かったです。

後半は男が属する悪名高い一族との死闘。
ドニー・イェンのアクションシーンと目力に引き込まれました。
アクションはスロモーションを多用したハイテクですが、のどかな中国の田園風景との対比も面白いと思いました。
物語の前半は、シュウ目線から語られる謎解きが、後半はリウが繰り広げるド迫力バトルが展開。静かな演技を見せていたドニーが、本領発揮と暴れまくる後半部。そのギャップが凄かったです。
夫を気遣う妻アユー(タン・ウェイ)も存在感があり、子役の男の子のかわいらしさと名優ジミー・ウォンも光っていました。
金城武演じる捜査官を前面にもってきた方が日本では宣伝しやすいと思ってのタイトルなのかもしれないですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 24人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こってりエンターテイメント!

投稿日:2012/08/13 レビュアー:KASPAR

なぜか静かにひっそりと公開されてましたが、ドニー&金城共演と聞けば
見逃すわけにはいかないので、「捜査官X」を劇場にしっとりと観に行きました♪

おっと、こってりエンターテイメント!んなアホな!も楽しい娯楽映画です♪

オープニングからしばらくは、コメディ映画?と見せかけておいてから、
徐々にサスペンスコメディ調へと移行して、シリアスな人間ドラマを織り交ぜつつ、
カンフーアクション映画へと展開するという、こってりエンターテイメント!

笑いつつ
ハラハラしつつ

とにかく燃える!

トンデモな展開やツッコミ所が多い&ちょっとヒネリ過ぎで推進力が鈍る場面はあるけど、
ソコは金城&ドニーの吸引力もあって、最後まで魅せきります!

出色は金城VSドニーの森のシーンと、ドニーVSおばはんのアクションシーンですね!
この2つを観るだけでも価値があります(ほんまに?)

んなあほな!っも楽しんで観ましょう!
オチ周辺がちょっと微妙やけど、オススメです♪

個人的満足度 77点!
オススメ度 75点!(楽しい)

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヒストリー・オブ・バイオレンス

投稿日:2012/09/08 レビュアー:よふかし

 ああこれなら独占でも悪くない(笑)、なかなか面白いドニー・イェンと金城武主演のミステリー・アクション時代劇です。
 邦題は『捜査官X』と金城演じる探偵役を前面に押し出した謎解きものっぽくしていますが、原題は「武侠」とストレート。本編を観ても、金城がその才を生かす推理パートの印象はあまり強くなく、クンフー映画として期待されたほうがよいのではないかと思いました。
 プロットは発端からまさにクローネンバーグ『ヒストリー・オブ・バイオレンス』そっくりで、過去を隠した男イェンが偶然襲ってきた強盗を撃退したところから、かつての彼を知る凶悪な一味に襲われるというもの。
 強盗事件を捜査する金城は現場分析能力に秀で、現場の状況からイェンがどうやって強盗を撃退したかを「幻視」するのですが、この部分が微妙に演出がずれているという印象を受けました。コテンパンにのされているように見えて、実はやっつけていたというジャッキー・チェンならコミカルに演じてくれそうなアクションなのですが、イェンは強いとわかっているので観客にとっては謎解きも何もあったものではないし、スローモーションを駆使した重めの演出と自然浮きあがるコミカルな味があまりあっていないと思いました。こうしたミステリー部分を引っ張るわけでなく、映画は後半怒涛のアクション編に入っていくのですが、こちらは面白いです。
 舞台となる山村の描写や斜面に建った家、その屋根を駆使した高低差のさるアクションがとてもいいです。素晴らしいのはクララ・ウェイで、かつての女性アクションスターがなお見事な立ち回りを見せてくれます。あまりに素晴らしいので長く見せすぎという感じもしますが。そして懐かしや、ジミー・ウォング御大はさすがのド迫力。どうあがいてもかないそうにない敵、大ボスの存在感たっぷりです(片腕のオマージュもあり)。清楚な妻『ラスト・コーション』のタン・ウェイも合わせ、役者がとてもいいですね。その辺は、監督がラブ・ストーリーの秀作を撮り、前回は『ウォーロード』で友情と裏切りのドラマを見事に構築したピーター・チャンだけあって、簡潔な描写でもエモーショナルな場面にすることが実にうまい。絵作りも緊張感があります。
 そのように場面場面は実に面白いのですが、面白い「瞬間」を優先するあまりでしょうか、全体としてみるとどこかバランスを欠いています。語り口が性急な感じが否めず、この物語であれば、もっと緩急をつけてくれればよいのになあと思いました。また『ヒストリー・オブ・バイオレンス』であれば、主人公が正体を表して攻めに回る時にぐっと映画の雰囲気が変わって面白いのですが、本作はいやいや戦うイェンの悲壮感に引きずられてしまう。金城も一人空回りしているようにしか見えないところが残念です。
 ミステリ+クンフーというのは過去に例がないではありませんし、最近でもツイ・ハークの『王朝の陰謀』という秀作がありますが、本作は今一歩まとまりに欠けるという印象を残すことになりました。
 とはいえ要所要所では目を瞠らせ、65点。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

つまらなくはないけど、なんだか変。

投稿日:2014/05/24 レビュアー:ゆういちろう

質の悪い日本語タイトルのミスリードも問題なのだが、一見ミステリな雰囲気を漂わせながら、本作は実のところクンフー映画。主人公は紛れもなくドニー・イェンです。
金城武演じる捜査官X(苦笑)は、単に状況を引っ掻き回すだけの迷惑な人物。いちおう出ずっぱりではあるものの、存在意義は乏しく、多分この人なしでもストーリーを成立させるのはそんなに難しくありません。

へたに2人も主要人物を配置したせいもあり、(脇を含め)キャラクターの掘り下げが弱く、重要な過去のエピソードなども何となく雰囲気だけで処理されます。
この、全体にフワッとしたところと、ジャンルのゴッタ煮感が原因なのでしょうか?ユニークなアクションシーンも多く退屈はしないのですが、終わってみると何とも掴みどころのない印象が残りました。

ジミー・ウォングが大ボスを演じているのは、マニアには堪らないポイントでしょう。実生活でも黒社会の大物であるジミー先生だけに、悪いオーラが半端じゃありません(笑)。これだけでも観る価値ありです。
それとドニー・イェンの奥さんが、美奈子に見えて仕方ありませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

キレのある面白さ

投稿日:2013/02/15 レビュアー:飛べない魔女

面白かったです。
スピーディーでスリリング。
前半で刑事がその男をただものではないとシミュレーションしていく行は
そうなのか?そうなのか?
考えすぎじゃぁないのか?と思うものの、
天才捜査官の目はごまかせない何かが秘めていて
謎が解けて行く様はドキドキしました。
後半になるとひたすら格闘シーンとなりますが
スピーディーで切れのあるこのシーンは飽きさせません。
てっきりCGだと思った屋根の上のおいかけっこシーンは、一切のワイヤーや安全装置は使わずに撮影されたそうです。
すごいスピードとアクションでした。
そして物語は、おもわぬ方向へと展開していきます。
その当りはちょっと唐突な感じもしましたが、
そんな気持ちを打ち消すほどの怒涛のラスト。

で、邦題『捜査官X』の「X」ってなによ?って思っていたら
金城武が演じる徐百九(シュウ・バイジュウ)の姓である徐の中国語ピン音読みXUからきてるのだそうで・・
判んないですよね、そんなこと(;^_^A

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全30件

【TSUTAYAだけ】捜査官X

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

動画見放題

見放題プランへのお申込みはこちら

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。