ファンタスティック・フォー

ファンタスティック・フォーの画像・ジャケット写真
ファンタスティック・フォー / マイルズ・テラー
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

28

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ファンタスティック・フォー」 の解説・あらすじ・ストーリー

マーベルコミックスの最初のヒーローチーム“ファンタスティック・フォー”の誕生と活躍を描くSFアクション。ある事故で特殊能力を身に付けてしまった4人の若者たちが、その望まぬ能力に葛藤しながらも地球滅亡の危機に立ち向かい、成長していく。※一般告知解禁日:11月20日

「ファンタスティック・フォー」 の作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: FANTASTIC FOUR

「ファンタスティック・フォー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ファンタスティック・フォーの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR62562 2016年02月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
79枚 8人 9人

【Blu-ray】ファンタスティック・フォー(ブルーレイ)の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
100分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR62562 2016年02月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
35枚 8人 6人

ファンタスティック・フォー(2015) <字幕/吹替パック>の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2017年12月31日 23:59
レンタル:2017年12月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:28件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全28件

もったいない!

投稿日:2015/12/08 レビュアー:カサブランカ

ファンタスティック4がまた映画化されると最初に知ったときに全くワクワクしなかったのは、2005・2007年版が心底つまらなかったからだけではなく、身体がびよーんと伸びるゴム人間を主人公にしてまじめに映画を作るのはそもそも無理だと思ったからだ。
設定や能力がメチャクチャでギャグみたいなアメコミヒーローは他にもたくさんいるけど、そのほとんどはここぞ!という所ではちゃんとかっこよく見える。
しかしこのゴム人間には、自分の能力を発揮させる見せ場となるはずの場面が一番ダサくてバカっぽく見える(実写映画では特に)というどうしようもない弱点がある。
コメディ映画に振り切るか、サブキャラとしてのみ利用するかしか解決法はない気がする。
それでも監督するのがあのジョシュ・トランクでしかもキャストがあの若手4人と知ったときはもしかしたら・・・と少しだけ期待が高まった。

しかし、結果としてできあがった映画はやっぱり残念なものだった。
間違いなく2005・2007年版よりは好きだし、マイティソー2とかよりも個人的には好感がもてる。
でもやっぱりこれは酷い。
けっこうショックだったし、なんでこんなことになったのか知りたかったのでいろいろ調べた結果、どうもこの映画は製作過程ですでに失敗していたらしいことがわかった。

クロニクルを見たFOXがトランクに再映画化のオファーをした所からこのプロジェクトは始まった。
敏腕アメコミ映画プロデューサーのサイモン・キンバーグは参加を最初は迷ったようだったが、トランクのアイデアを聞いて参加を決意。
(そのトランクのアイデアの一つは、4人が特殊能力を手にし身体が変化する様をクローネンバーグ的なホラーテイストで描くというものだったらしい)
キャストもトランクの希望通りの若手実力派俳優が決まり、脚本も完成し、ここまでは順調だったようだ。
しかし撮影に入る直前になってFOXが介入してストーリーを大幅変更させ、トランクたちが構想していた三つの大きなアクションシークエンスが削除されてしまう。
(削除の理由は分かっていないが、おそらく予算の関係と考えられる)
この出来事以降、制作現場からは不穏な噂しか流れてこなくなった。
FOX側からは、トランクが優柔不断でスタッフとコミュニケーションできずに部屋にこもっているダメ監督だという話(真偽は不明)が漏れてきてネットに広まる。
なんとかトランクは映画を完成させるが、FOXはそれが気に入らず大規模な撮り直しを決定。
その指揮を任されたのはトランクではなく、キンバーグをはじめとしたプロデューサー陣。
そしてトランクの信頼していた有能な特殊効果の担当者がトランクの同意なくクビに。
(緊急で行われた撮り直しの痕跡は、インビジブルウーマンのスー・ストームの髪の色など、映画内にはっきりと残ってしまっている)
さらに編集段階ではトランクが編集室から締め出されてしまう。
(その結果予告編にあったいくつかのシーンが本編ではカットされている)
映画はなんとか完成したものの、ついに堪えられなくなったのかトランクがtwitterに「1年前、ぼくにはファンタスティックなアイデアがあった。でもその映画を君たちが見ることはない。これが現実。」と投稿。
直後にすぐ削除するもすぐに広まり話題となった。

そんな散々な状態で完成したのがこの映画。
とはいえいい所が無いわけではない。
序盤の少年時代のドラマはしっかり作られているし、後に岩男になるベンと主人公リードが別々の道を歩み始めるシーンの切なさもいい。
4人が自分の身体が自分の知らない何かに変化したことを知る場面の、悲劇的・ホラー的演出も好みだった。
それだけにすごくもったいない気がしてならない。
もしトランクの構想通りに映画が作られていれば・・・。
もちろんそれでも微妙な作品になっていた可能性は大いにある。
そしてFOXも大金をかけて商売で映画を作っているわけだから、制作に介入する権利があるのも分かる。
でもこれまでもこういう映画会社と監督のイザコザで、プロジェクト自体が消えたり、不本意なまま作品が世に出てしまったりということが繰り返されてきたことを考えると、もうちょっと折り合いをつけて上手にできないものかと思ってしまう。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

望まぬ特殊能力

投稿日:2016/02/09 レビュアー:ミルクチョコ

天才的な才能をもつ発明オタクのリード・リチャーズは、その才能に目を付けられバクスター財団のストーム博士に研究員としてスカウトされ、物質転送装置を完成させます。実験として自ら装置に入ったリードと仲間たちは、異次元の惑星ゼロへ転送されるものの、事故が発生。不思議な能力を身につけてしまいます。

オープニングには、わくわくさせられましたが、中盤以降は失速ぎみです。折角キャラクターが出来上がって活躍する場面なのに、アクションムービーとしては展開が遅く、間延びしてしまったような気がします。
望まぬ特殊能力を身に付けたせいで、傷つき、葛藤しながらも成長していく4人のドラマとして見れば、青春映画として楽しめます。その変化を運命として受け入れる姿が切なかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ファンタスティック・フォーネタバレ

投稿日:2015/12/03 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 テレポーテーションをやろうとする天才な若者たちが実験するけど、案の定、トラブルに見舞われてスーパーパワーを手にしてしまう話。

 子どもの時から主人公は天才でガレージで物体をテレポートするマシンを開発して、それに目を付けた偉い人たちの協力を得てチームとしてマシンを開発していく過程が描かれていきますが。100分の映画なのに、主人公たちが能力を得るまでが物凄く長くて、2幕目に突入するまでをもう少しタイトにしてほしかったです。主人公とヒロインがイチャイチャしてカタキ役がそれを見て嫉妬する。とか、カタキ役の器が小っちゃかったりするのもどうでもよくなっていく要因の1つでした。

 やっとこさ、主人公たちの能力を得たと思ったらそこからも特に話が動かず。一体これは何の話なんだろう? とよくわからなかったです。自分たちが変身してしまったことにより悩んだりするのかと思いきや、しれっと政府機関の一員として頑張ってて主人公だけが逃げて…。という展開も主人公たちが一体どういう気持ちなのかとかもわからなかったです。能力を活かしたアクションシーンも全くないので見せ場としての面白さもないのが痛かったです。

 そしてカタキ役がよくわからないことになって、地球がピンチになってしまうのでファンタスティック・フォーが頑張るというクライマックスですが、このクライマックスもチームものとしての面白さも特になくて、チームで強大な敵に挑む。みたいな熱い構図になりそうですが、それぞれの強みを活かして戦うというのもなく気づいたら終わってしまっている感じで呆然としながら見てました。

 やっと話が始まったと思いきやエンドクレジットだったので、数多く作られているヒーローものが作られている中で、ファンタスティック・フォーにしかない何かみたいなのを見たかった作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まあまあ面白かったネタバレ

投稿日:2016/02/17 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジェシカ・アルバがインビジブルウーマンのスー・ストームを演じた前2作品―超能力ユニット― ―銀河の危機―とは ちょっと違った印象でした。
というのも、本作はリブート作品(新たに仕切り直すこと)であって、リメイクとは違うらしいんですね。
原作も違うそうです。
前作の場合はオリジナルの「ファンタスティック・フォー」が基本だったのに対し、本作は「アルティメット・ファンタスティック・フォー」を原作としているそうです。
他のマーベル作品にもこの傾向が見られるそうで、長年続いているオリジナルのシリーズは、だんだん時代の感覚が古くなって来たのでしょうか、アルティメットシリーズで設定も一新ということなのかも知れません。
と言っても、前作を知らない人にとっては全く気にならないですね。
今回、新鮮に感じたのは、リードとベンの子供時代のエピソードが描かれていたことです。
そして、ファンタスティック・フォー誕生の原因も違っていました。
VFXを駆使した映像は綺麗で、異次元の惑星の描写にちょっと不思議な感覚を覚えました。
彼らが転送された惑星ゼロ。(異次元って何?)私には意味不明でしたが、劇中語られていたように、あれで地球の起源が分かるのだとしたら、あの転送装置はタイムマシンでは?と思ってしまいました。
図らずも、それぞれに特殊な能力を身に着けてしまった4人プラス1人。
今後の彼らの活躍については、次回作で描かれるような終わり方でしたが、酷評されているらしい本作に続編はあるのでしょうか?
観てみたいですけどね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

高失笑率

投稿日:2016/07/25 レビュアー:ビンス

ファンタスティック・フォーのリブート作品。
前作、前々作の2作は続きの作品で、
コメディ要素が強く、ライトな感じのアメコミ作品でした。
アメコミ特有のダークな感じ
負の生い立ちなど
暗さがあまり感じられず
それが本作の主人公の一人であるリードの特長ともマッチしていたように思います。
リードはゴム人間
ゴムに闇は似合わないでしょ。
カラっとしてないと
「ワンピース」のルフィを例にしてもわかる通り。
しかし、今作は果敢にも
ゴム人間がいるにもかかわらず
アメコミ特有のダークさを盛り込むことにチャレンジしています。
結果、前半戦は成功でした。
後にファンタスティック・フォーとなる主人公たちの少年時代
その成長と物語が急展開するまでの間は
ダークな感じというか
これまでのファンタス〜にはない色合いで描かれていたと思います。
なるほどなぁと思いながらの鑑賞でした。
しかし、やはりというべきか
ゴム出て来たらもう雰囲気台無しというか・・・
悪気はなく笑ってしまうんです。
やっぱねぇ・・
ファンタス〜は色々とダサいんです。
キャプテンアメリカと甲乙つけ難しなくらいダサいんです。
大体ファンタスティック・フォーですからね。
なんつーダサいネーミングセンスでしょう。
敵として登場するドゥームもダサいです。
見た目、ダサすぎ
後半のバトルもイマイチだし
どんどん尻つぼみも
それでいて失笑率はグングン上がるという皮肉。
高視聴率は取れないでしょうが
高失笑率はアメコミ作品随一かと・・・・
う〜〜〜〜ん
ガッツリ続編作りたそうですが
コレ、続編あるんでしょうか・・・
需要ある?

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全28件

ファンタスティック・フォー

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。