サバイビング・プログレス{進歩の罠}

サバイビング・プログレス{進歩の罠}の画像・ジャケット写真
サバイビング・プログレス{進歩の罠}
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

1

  • DVD
ジャンル:

「サバイビング・プログレス{進歩の罠}」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「サバイビング・プログレス{進歩の罠}」 の作品情報

作品情報は、ただいま準備中です。

「サバイビング・プログレス{進歩の罠}」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

サバイビング・プログレス{進歩の罠}の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
86分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP11443 2014年05月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

負債よ、永遠に。

投稿日:2014/06/25 レビュアー:ぴよさん


 文明が進歩するにあたっての“功罪”についてのドキュメンタリー、スコセッシ制作総指揮
というが、うーん、どこか食い足りない。本筋がとっちらかるうえ、語られている情報自体が
散漫だ。
 文明が進歩すりゃ、わるいことも起こるだろう。それは何が要因で、どこが考えるべき点
なのか? わざわざドキュメント作るくらいなんだから「ほう」と思わせて欲しい。
 複数のトピックスと多様な意見を紹介して、観る者の考察を促すという手法は、主張したい
コアがしっかり存在してこそのことだと思うが。 

 むしろ、ちょっとした横道話である“負債”のエピソードの方に、興味深いものがある。

 バビロニアやエジプトでは、支払能力を超える債務は、定期的に帳消しにされていたという。
だがローマ帝国は、債務免除を許す王や、国に戦争を仕掛けた。「借金は借金である」という
世界常識を構築しようとしたのだ。

 また 「ブラジルの熱帯雨林が、なぜ破壊され続けるか」との疑問。その一因が、80年代に
ラテンアメリカ諸国が債務不履行に陥った時、IMFが介入し「自然資産を売れば返済出来る」
と指導したことにある。ラテン各国はIMFの指導に従って、自国の森林や石油利権を金融商品
として売り出した。…つまり、あの深い美しい森々は、欧米投資家への「利息」の為に破壊され
続けているということだ。


 「富」を最大の価値とする世界が出来上がって、全人口のほんの何%かの人間がその富を
独占、その他の人間は負債を返す為だけに生きているようなもの…腹立たしい構図だが、
それは揺るがすことのできない事実なのだろう。
 ならば、それは崩しうるのか…。 可能だ。文明が根こそぎ崩れてしまえば、負債も消えてくれる。

(それでも核廃棄物という巨大な負債は残るけどね)



このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

サバイビング・プログレス{進歩の罠}

月額課金で借りる

都度課金で借りる