それでも、愛してる

それでも、愛してるの画像・ジャケット写真
それでも、愛してる / メル・ギブソン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

16

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「それでも、愛してる」 の解説・あらすじ・ストーリー

監督・主演を務めるジョディ・フォスターが、94年の「マーヴェリック」以来となるメル・ギブソンを共演に迎えて贈るヒューマン・ドラマ。結婚20年目に夫がうつになったことから家族崩壊の危機を迎えた夫婦の再生への道のりを優しく見つめる。玩具会社の2代目社長ウォルター・ブラックは、ある日突然、うつ病になってしまう。様々な治療も効果はなく、一日中寝ているばかり。そんな父の姿に小学生の次男は戸惑い、高校生の長男は激しく反発する。妻のメレディスも、もはやただ見守ることしかできなかった。やがて家を出て行ったウォルターだったが、たまたま手にしたビーバーのぬいぐるみに話しかけられ、自殺を思いとどまる。彼はビーバーを通して話すことで自信を取り戻し、うつの症状も消え去るのだが…。

「それでも、愛してる」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: THE BEAVER

「それでも、愛してる」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

それでも、愛してるの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
91分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ300175 2012年11月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 1人 0人

【Blu-ray】それでも、愛してる(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
91分 日本語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV300175 2012年11月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 2人 0人

それでも、愛してるの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:30:37 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
英語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
レンタル:2018年08月02日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全16件

心の病を救うのは ビーバーじゃない!

投稿日:2012/12/03 レビュアー:ミルクチョコ

ジョディ・フォスターの16年ぶりの監督作で、原題は「ザ・ビーバー」。
こんな邦題なら、観るの引いちゃいますよね。邦題からして闘病記のもっとしんどいのを想像しましたが、そうでもなかったです。
うつ病を発症した玩具会社の社長ウォルター(メル・ギブソン)。苦悩する彼を救ったのはモペットのビーバーでした。
左腕にはめたビーバーに喋らせた事にすれば、言いたいことが言えるようになったウォルターは社会復帰し、彼の開発した新商品が大ヒットします。
ところが、次第にビーバーに人格を支配されるようになります。ここからの展開がちょっとホラーっぽいのですが、ビーバーは、ウォルターの左手にはまり、もう一人の人格となってしまいます。
少し奇妙な物語りとして、二重人格的主人公をメル・ギブソンが扮し、ビーバーに支配されて行く怪しい過程を演じていました。
過度な変貌振りは家族の絆の崩壊を招き、主人公が最終的に家族側に戻ろうと決意したその決意が重要で、その行為があまりの決断でビックリしてしまいましたが、自分の心の奥底にある感情に気づきそれに決着を付けたと言う事なんでしょうね。

長男ポーター(アントン・イェルチン)は、父親を嫌っていて、父親と自分の似ている部分を付箋紙に書き出して壁に貼っています。消し去って違う自分になりたいと思っているのか?父に良く似ている自分が大嫌いなのか?
そして、ポーターの彼女に兄を亡くしたチアリーダー役のジェニファー・ローレンス。
ポーターの彼女への言葉はなかなか良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

メル・ギブソンがパペットを?!怖いモノみたさで見てみましたが…

投稿日:2013/07/24 レビュアー:みなみ

DV男のイメージになってしまったメル・ギブソン。出演作もあまり見る気がしなかったのですが
予告編で彼がパペットを操るのを見て(全然似合わない^^;)、興味を持って見てみました。

ジョディ・フォスター監督作品だったのですね!妻役で出演もしています。

主人公は2人の息子と妻がいるが、うつ病で引きこもり状態。ある日、ごみステーションから拾ってきたビーバーのパペットが
彼に語りかけてきた。(といっても、実際には彼自身がしゃべってるのですが^^;)
日々のストレスから自分の中に閉じ込めてしまっている部分を、ビーバーに語らせるという形で発散し、
引きこもりから抜け出せると思ったのだが…というストーリー。

痛々しい主人公をメル・ギブソンが熱演していました。
結構シリアスな展開で、周囲の人たちの気持ちも伝わってきました。
幼い息子だけはパパが無条件に好きだけれど、高校生の息子と妻にはそれなりの役目を期待されるのは当然。
それがますますストレスになって…うつ病って多分大変なんでしょうね。

都合よく話が進み、すっきり感動!…というような単純な展開にはなりません。
でも重苦しいというわけではなくて、そこそこ引き込まれました。

そうそう、主人公の息子の憧れの女子高生をジェニファー・ローレンスが演じていて、
そのオーラに、改めて彼女のすごさを感じました。
特に美女というわけではないけど…その自信はどこからくるの?大物です。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

過激な決別

投稿日:2012/12/18 レビュアー:パープルローズ

仕事にも家庭にも恵まれて、順風満帆だったはずの男が、突然重度のうつ病に。
妻から別居を言い渡され、自殺を図るまでに追い詰められた男は、ゴミ箱でひろった薄汚いビーバー人形を通して会話するようになる。

ジョディ・フォスター演じる妻の態度が始めはかなりひどいんだけど、仕方がないとも思う。誰もが宮崎あおいみたいに献身的でいられるわけじゃないし、生活や子供たちを守るためには別居するしかなかったんだろう。
夫が突然ビーバーになってしゃべり始めても、一見事態が好転するかに見えれば、それを受け入れるのは自然なこと。たとえそれが根本的な解決ではなくても。

しかし息子(アントン・イェルチン)はそんな父が受け入れられない。
自分と父に、たくさんの共通点があることをよく知っている息子にとっては、父の奇行は恐怖でしかないのだ。
彼はアルバイト代わりに同級生のレポートを代筆しているが、卒業式のスピーチの代筆を頼んでくる優等生がジェニファー・ローレンス。彼女も大きなトラウマを抱えているのだ。
イェルチェンとローレンス、「今日、キミに会えたら」に続き、ここでも共演してたんですね。

必死にあがいているけど、上手く生きられない父と息子。
主人公がビーバーと決別する方法があまりに過激でショックだったけど、それほどまでに辛かったということか。
結局家族の支えがいちばん大事だというお話でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

そのうち左手がふやけて臭くなっちゃうのでは?と心配しちゃいました

投稿日:2013/11/05 レビュアー:飛べない魔女

『ハンガーゲーム』でジェニファー・ローレンスを見たその繋がりで
本作を思い出しての鑑賞。
ビーバーのパペットに心を託したくなるほど、彼は病んでいたのですね。
ビーバーに自分の本音を言わせることで
日常生活を送れるようになっていくウォルター。
彼はどんなときも、(シャワーのときも、夜のあのときも・・)左手からビーバーを離そうとはしません。
最初は復帰を喜んでいた家族や社員も、次第にビーバーを離そうとしない彼にいらついていきます。
これは幼い子が、自分の枕カバーや毛布をひと時も離そうとしない現象に似ていますね。
かくいうこの私も、枕カバーをひと時も離さず、引き離そうとするとパニックに陥り泣き叫ぶほどのどうしようもない子だったもので・・
(寝ているときに、母がそっと離して洗濯したそうです)
精神的に不安定だからこそ、自分の愛着のあるものを心のよりどころにする気持ち判ります。
でもウォルターの場合は、たまたま自殺しようとした時にふと目についた捨てられたビーバーのパペットが
自分の分身のようになっていくのですから、人間の気持っていうのはおかしなものです。
そのウォルターがどう家族と向き合って克服していくのか
そんな父親を見て、父親のようになりたくないと悩む高校生の息子の心の成長も同時に描いていきます。
ウォルターの最終的な克服方法は壮絶でした。
こんな形でしか成長出来なかったウォルターですが、妻と次男が最後まで暖かったのが救いですね。

もう少し心に響いてくるものがあるのかな?と期待していたのですが
結局、一番印象に残って心に響いた言葉は、ジェニファーの卒業スピーチでした。
でも、まあそこそこ良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

クッション

投稿日:2012/12/24 レビュアー:ビンス

うつ。
うつに限らず。
心の病で苦しめられるのは、当人だけではない。
むしろ同じぐらいかそれ以上に苦しいのは周りの人々ではないだろうか。
当人も相当苦しいと思います。
しかし、支えようとする人々(この作品の場合では家族)の辛さはかなりのものだと思います。
愛してれば愛してるほど。
決断することの全てが辛い。
距離を置いたりすること。
そこに愛はない、愛情が冷めた、見放した、なんてとても思えない。
愛してるから苦しいし。
悔しいし。
怒りすらわきあがるんだと思います。
どうしたの?壊れたの?も。
昔のあなたを思い出して、も。
父親を同じようにはなりたくない、も。
愛情があるからなんだと思います。
愛情がなければイラ立ちません。
愛情がなければ気にしません。
うつで苦しい主人公も必死なように。
周りの家族も必死なんです。
もがいてるんです。
だからこそ、結婚記念日でのくだりはせつなくて。
頭突きの日々がせつなくて。
その様子が90分という時間でうまく表現されてたように思います。
そう思うのは、やはり「父親と息子」という関係性の物語に弱いからでしょうか(笑)

ビーバーを通して話すという手段。
それはサングラスや覆面と一緒でしょうか。
サングラスすると人前で話せる。
覆面してると普段出来ないことができる。
ワンクッション。
関節もそうですね。
ワンクッションあるからこそ潤滑に動く。
なんてことを考えたりして・・・・
でも家族は違う?
そのクッションを必要とせず。
触れ合いたいという願い。
そのワンクッションの距離ですら。
妻には遠かったんでしょうね。
そう思うとまたせつなくなります。
ん・・・・
よくわからなってきたので、これにて。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全16件

それでも、愛してる

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。