学校をつくろう

学校をつくろうの画像・ジャケット写真
学校をつくろう / 三浦貴大
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

2

  • DVD
ジャンル:

「学校をつくろう」 の解説・あらすじ・ストーリー

“専修大学130周年記念映画”として製作された伝記ドラマ。明治維新後の激動の時代に渡米し、専修学校(現在の専修大学)の初代校長となった相馬永胤を軸に、日本国の発展のため、法律と経済を日本語で教える学校の設立に尽力した4人の青年の奮闘を描く。主演は「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の三浦貴大、共演に柄本時生、橋本一郎、池上リョヲマ。監督は「北辰斜にさすところ」「ラストゲーム 最後の早慶戦」の神山征二郎。

「学校をつくろう」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「学校をつくろう」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

学校をつくろうの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 1:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DRZD08046 2012年03月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

夢を持てる時代

投稿日:2012/05/21 レビュアー:じゃじゃまる


専修大学創設者4人の、維新後から創設までの話です。
当然、監修、協力は専修大学です。

この時代は日本もまだ混沌としていて、目標を持って勉強して、それを生かせる時代だったんですよね〜
今の子たちって海外留学、しないんですってね〜。

この物語は、戊辰戦争で敵同士だった4人が、海外留学で知り合い、日本の近代化のために、不平等条約撤廃のために、日本語で経済と法律の学校を作ろうとしていた4人の話なんです。

テーマはいいと思うのですが、こーいっちゃなんですが、結構スムーズに設立出来ちゃったのが、ちょいと物足りないかな?

ここに出てくる4人は士族出身で、士族は維新後、こーゆー身の振り方もあったんだ〜と言うのが本音。
しかも渡航費は国持ちなんですよ。

知り合う先生、全部いい人で、人種差別の激しいアメリカでの話とは思えませんでしたが(コレコレ

でもこれだけにほんの近代化に貢献できたのであれば、勉強し甲斐もありますね。

優しい気持で見れる映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

tgg

投稿日:2014/03/03 レビュアー:エロエロ大魔神

30億円くらい費用がいるらしい〜

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

学校をつくろう

月額課金で借りる

都度課金で借りる