チャンドニー・チョーク・トゥー・チャイナ

チャンドニー・チョーク・トゥー・チャイナの画像・ジャケット写真
チャンドニー・チョーク・トゥー・チャイナ / アクシャイ・クマール
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

13

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「チャンドニー・チョーク・トゥー・チャイナ」 の解説・あらすじ・ストーリー

映画大国インドの“ボリウッド”で初めてカンフーを取り入れたアドベンチャー・コメディ。主演はインドのトップ・アクション・スター、アクシャイ・クマール。共演にインドの人気女優ディーピカー・パードゥコーン。中国のとある小村では、北条率いるギャング団の乱暴狼藉に苦しんでいた。村に伝わる伝説の英雄の生まれ変わりが村を救うと信じた村人は、生まれ変わりがいるというインドへ向かう。やがて村人は、デリーにあるチャンドニー・チョークという町で野菜切りの仕事をするシドゥを見つけ出す。村人から中国へ招待すると言われたシドゥは有頂天となり、心許ない通訳のハシ道士を伴い、本当の目的も知らぬまま中国へと旅立つのだが…。

「チャンドニー・チョーク・トゥー・チャイナ」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: インド
原題: CHANDNI CHOWK TO CHINA

「チャンドニー・チョーク・トゥー・チャイナ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

チャンドニー・チョーク・トゥー・チャイナの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
150分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/ヒンディー語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLRY25811 2009年10月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 1人 1人

チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 02:30:09 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
英語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2017年07月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全13件

決戦!宇梶剛士VS萩原流行。

投稿日:2009/11/25 レビュアー:ぴよさん


最近、つらい映画を観ていられない。心が弱ってる…わけではないんだろうが、人生の残酷さをえぐるような描写に耐えられないのだ。まあ、こんな時もある。

そういう時は、お気楽映画で楽しもう。インド国内では『スラムドッグ$ミリオネア』の3倍もの初登場興収成績を叩きだしたそうだ。うむ、やっぱインド映画はこうでなくちゃあ。

中国の山村を支配する凶悪な日本人北条サン(臆面無くハロルド坂田を持ってくるのもボリウッドならでは)彼の一派を倒すには伝説の戦士「劉勝」の生まれ変わりを探すしかない。農民達はお告げに従ってインドへ。そこで劉勝ソックリのコック、シドゥを見つけて連れ帰る。事情の分からないままのシドゥは、強運のみを武器に敵に立ち向かってゆく…。

これが無ければインド映画じゃない!のマサラ・ダンスシ−ンが楽しい。群舞としてはそれほどシンクロしてなかったりもするにも関わらず、どうしてこんなに楽しいんだろう。キメ過ぎてないからこそ楽しいのかもしれない。男達が踊って、それに女性陣が応える、チャチャが入る、場面を変えながら繰り返す、という定番の構成だが、ムトゥの頃からはだいぶ洗練されてきている。人数も増えてて、ああ、楽しい♪ なんなら全編これでもいいくらいだ。 

シドゥ(アクシャイ・クマール)は宇梶剛士、もしくはリアル・ダイス船長。北条はムキムキの萩原流行、ヒロイン・サキは娘時代の木の実ナナってところか。相変わらずインド男のカッコ良さの基準はよく分からないが、女性は絵に描いたような、しっかりした目鼻立ちの美女ばかりで、フォトジェニックだ。

冗長なギャグの寒さやどうでもよさそうな人間ドラマを、うま〜く逃がしながら観ることが出来たなら、2時間半の上映時間も苦にならぬ。






このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まさに大衆娯楽ネタバレ

投稿日:2010/07/18 レビュアー:奇怪伯爵

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

カンフー題材のインド映画という珍しさ、ジャケの美人アサシン系が気になって鑑賞です。

150分の長尺に不安を感じつつも、冗長さを感じさせない作り。
インド特有の歌と踊りもあまり違和感なく、素直に楽しめました。

チャンドニー・チョークというインド下町のコック・シドゥが、インチキ占い師に騙され、北条という悪人に苦しめられている中国の小村を救いに行くという設定。
この北条、名前は日本人でも演じるは、あのリュー・チャー・フィー。私は、少林寺三十六房以来です。

基本路線はコメディを取りつつも、シリアスパートやアクションなどが巧みに盛り込まれています。
私的にはシドゥと親方の絡みがツボ。『こち亀』の両さんと大原部長的感覚で、後の回想シーンは切ないです。

ワイヤーアクションに頼り、肝心のカンフーアクションに凄味はあまり感じられませんが、映画の本質を考えれば十分。
ちゃんと修行シーンもあり、成長したシドゥはニコラス・ケイジ程度のアクション・オーラを纏います。

歌の和訳も、面白いです。
「フラフラしていた男が、ようやく腰を落ち着けた〜」など、思わず口許が緩む歌詞満載。
ヘタレさ・マヌケさを歌にする感覚に斬新さを覚えました。

そして、やっぱり最大の貢献者はヒロイン!!
双子設定なので、一人二役。
これでもかの美的オーラを振り撒き、ワールド・ビジネス・サテライトならぬワールド・美人・サテライトを実現しています。
あ〜、ナマステ。



このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マサラ・カンフー・アドヴェンチャーネタバレ

投稿日:2009/09/26 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『スラムドッグ$ミリオネア』で不満だったのは、エンドロールのダンスシーン。もともとインド映画ではないからいいんですが、おまけのようにちょっぴり見せられると、かえって物足りない感じがしました。
 同時期に公開されたこのインド映画にしては短い2時間半の『チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ』は、予想とはちょっと違いましたが、なかなか面白いアクション・コメディでした。
 マフィアの収奪に苦しめられている中国の村。村民は悪を駆逐する伝説の英雄の生まれ変わりを探して、はるばるインドに出かけます。そこで見つけたのがただの料理人のシドゥで、通訳の嘘から彼は英雄として中国に向かい、マフィアとクンフーで戦う羽目になる、というお話。
 『七人の侍』みたいな設定ですが、中国に舞台が移ると、とたんに香港のクンフー映画そっくりな展開に変わります。大事な人を無残に殺された主人公シドゥは、記憶を失っていたクンフーの使い手を師匠に猛特訓を積み、やがてクンフーの達人となってマフィアのボスと対決する。その間に、美人モデルと暗殺者に人生を別たれた双子の姉妹の話があったり、実際に世界遺産・万里の長城でロケしたアクションシーンがあったり、『ゴールドフィンガー』ばりの帽子投げがあったり、インド映画ならではの歌とダンスの群舞シーンがあったりと、退屈させませんでした。
 スーパースターらしい主人公の魅力はよく分からなかったのですが(すいません)、双子の姉妹を演じるディーピカー・パードゥコーンはファッションモデルとしても有名な人らしいのですが、インド映画では必ずしも珍しくないとはいえ、超絶的に美しいと思いました。演技はいまひとつな感じですが、固さと暗さがあって、薄倖な雰囲気が出ていて良かったです。
 作品全体を覆うゆるさや、展開のご都合さも含めて、とても香港映画テイストにまとまっていたような気がして、意外な感じがしました。60点。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白かったケド、やっぱ長いわ

投稿日:2010/08/04 レビュアー:元レンタルビデオ店長

まさかのボリウッドとカンフーが合体した、ボリウッド・アクション・コメディ。歌とダンスとチャウ・シンチーばりの奇想天外なカンフーアクションが混ざった笑える映画。テンポもそれなりに良いんだけどね、やはりインド映画で150分もある。これでもインド映画では短くなったんだろうが、、、なげーよ!いや面白かったけど「まだ終わんないのか」って思ってしまうわい。

ちなみに日本人は極悪人(ぜかリューチャーフィーが、北条という役)で、用心棒は顔を真っ白に塗ったムキムキ白人ですw

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ボリウッドとカンフー映画のいいとこどりネタバレ

投稿日:2010/01/06 レビュアー:まさばさ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

カンフー映画のキレのある武術の動きとマンガ風なワイヤーアクション、ボリウッド映画の華麗な歌とダンス、ヒロインのうっとりするような美貌。
そして両ジャンルに共通する(と私は思っている)正義や良いものが勝つというヒーロー的な主人公のカッコ良さ。
ボリウッドとカンフー映画のいいとこどり。明るく笑いどころ満載のストーリーで2時間半という長さだったがとても楽しめた。

一万回繰り返している動作は何か、人それぞれ違うがそれが強みになるという言葉が印象に残った。先天的な天才ではなく、普段の繰り返しの動作と努力によって凡人が成功するというテーマも元気づけられた。続編はアフリカ??うーーん観てみたい!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全13件

チャンドニー・チョーク・トゥー・チャイナ

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。