キル・ポイント

キル・ポイントの画像・ジャケット写真
キル・ポイント / ジョン・レグイザモ
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

28

  • DVD
ジャンル:

「キル・ポイント」 の解説・あらすじ・ストーリー

『交渉人』のスタッフが手掛けたクライムアクションTVシリーズ第4巻。脱出の失敗や警察からの狙撃などで強盗団の間に不穏な空気が漂う。そんな中、ウルフは人質の処刑準備をホルストに見せるという強硬手段に出る。第7話と最終第8話を収録。

「キル・ポイント」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: THE KILL POINT

「キル・ポイント」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キル・ポイントのシリーズ商品


1〜 4件 / 全4件

キル・ポイント Vol.1

  • 旧作

ピッツバーグの銀行が武装したグループに強盗に遭う入られた。彼らはミスター・ウルフというリーダーが率いる、イラク戦争の退役軍人である元海兵隊員グループだった。そこに偶然居合わせたFBI職員が発砲し、銃撃戦へと発展。地元警察に包囲され、交渉人・ホルストは強盗団と交渉を始めるのだが…。 JAN:4527427641112

収録時間: 字幕: 音声:
90分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4111 2008年08月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 0人 0人

キル・ポイント Vol.2

  • 旧作

『交渉人』のスタッフが手掛けたクライムアクションTVシリーズ第2巻。現場から外されたホルストの後任となったFBI捜査官は、高圧的な態度で犯人に接触する。緊迫した状況が続く中、ウルフは交渉相手にホルストを指名する。第3話と第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4112 2008年08月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 0人 0人

キル・ポイント Vol.3

  • 旧作

ピッツバーグの銀行が武装したグループに強盗に遭う入られた。彼らはミスター・ウルフというリーダーが率いる、イラク戦争の退役軍人である元海兵隊員グループだった。そこに偶然居合わせたFBI職員が発砲し、銃撃戦へと発展。地元警察に包囲され、交渉人・ホルストは強盗団と交渉を始めるのだが…。 JAN:4527427641136

収録時間: 字幕: 音声:
90分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4113 2008年08月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 0人 0人

キル・ポイント Vol.4

  • 旧作

『交渉人』のスタッフが手掛けたクライムアクションTVシリーズ第4巻。脱出の失敗や警察からの狙撃などで強盗団の間に不穏な空気が漂う。そんな中、ウルフは人質の処刑準備をホルストに見せるという強硬手段に出る。第7話と最終第8話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4114 2008年08月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 0人 0人

1〜 4件 / 全4件

関連作品

ユーザーレビュー:28件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全28件

TVドラマのDVDですので期待は禁物。でも悪くは無い。

投稿日:2008/09/02 レビュアー:pokorou


まず、vol.1〜4を一気に借りる事をお勧めします。

一話完結では無く、ずっと続いているストーリーなので、連続して観るのが理解しやすいかと思います。

元々TVトラマなので、過度な期待をせずに観たせいか、それなりに楽しめました。

だらだらと感想を書こうかと思ったのですが、見てのお楽しみって事で。

日本でも良く放送されているでしょう、刑事ドラマ。
連続物の刑事ドラマ好き〜♪って人にお勧めですね♪

私は登場する人物の性格、本質、みたいのが垣間見られて、この人本当は…と何度も考えさせられました。

あくまでも期待はせず、海外のTV刑事物のドラマを一気に見よう♪
くらいの気持ちでどうぞ♪

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

犯人達と人質達の間に友情のようなものができて

投稿日:2010/03/13 レビュアー:Kavi

これは、いいです。
銀行強盗したはいいけど、銀行に人質と一緒に閉じ込められて、
外に出るために交渉を延々と続けてるドラマです。

あれ?内容を簡潔に書くと、全然、面白そうじゃないなっ。

でも、閉じ込められてる内に、
人質との間に友情・同情ができる、とてもいい人間ドラマなんです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

そんなのありえない!

投稿日:2008/08/22 レビュアー:エロエロ大魔神

キル・ポイント?殺すタイミングを待っていたらこちらが殺されます!
迷わず引き金を引く事をお勧めします!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ついに強盗団が最後の手段をとらざる得なくなってきてるぞ。

投稿日:2008/12/13 レビュアー:たかさん

マイケル脱走から始まる強盗団の不協和音ウルフは再び元に戻し立ち直れるのか?マイケルは死んだ、目の当たりにしたウルフは何を思う。警察の説得はもう効果はないウルフはリーダーを降りたと考える警察だがホルストは焦りを隠せない、どっちもどっちの状況になってしまった。突入の準備を始める警察と対抗に人質を処刑しようとする最後の手段に出る強盗たち。ウルフは統率を取り戻そうとするが仲間を殺すはめに、人質の「名誉ある死なのか?」という言葉が空しく響く。死人に戦争は終わったと告げる弟悲し過ぎるじゃないか。覚悟を決めているのだろうウルフに近かった人質を解放する。人質を残して消えた強盗たち突入した警察は困惑するばかりだがウルフの作戦は始っていたのだ。ホルストは何を考える強盗団と救急車で逃げるなんて。妻を人質に取られていたのだ二人の話し合いはこういう布石だったか。人質たちには一体感が生まれていた、それはウルフがリーダーの強盗だったからじゃないのかと思えてしまう。辛辣な言葉を述べて煽るホルストだがこれは彼の作戦だった途中でホルストを捨てなかったアダが帰ってくる。おまけに人質を巡って仲間割れだ警察に関ずかれてるとも知らずに。このスナイパー最初から面白いうんちく述べるし一発目もこの男から始まるなんてありゃー脚本家の布石か。銃撃戦になり次々と死んでいく強盗団そんな中ウルフとホルストの一騎打ちだ悲しい選択だったがウルフは最後まで息子のことを心配し「これでいいんだ、後悔するな」と死んでいく。終わり方は納得出来なかったが13分隊の面々に金が渡ったのは救われた所か。でも13分隊の不滅を言い放つあの男は何者なんだ、すっきりしない。ウルフを頭にする強盗団の方に感情移入しちゃうのは最後まで変わらなかった。ウルフの主張に喝采を上げる群衆、呼びかけに集まる負傷した帰還兵たち、そして強盗せざる得なかったウルフ達帰還兵、なんて状態なんだ今のアメリカは。イラク侵攻を間違いだったと最近認めたブッシュ大統領、あまりにも遅すぎる後悔の念何言ってるんだと声を上げたのは戦争に無理やり連れられた帰還兵ばかりではあるまい。誰もがあの戦争は間違いだったてもっと前から気づいてたじゃないか、イラクに大量破壊兵器はなかったことは。ブッシュを始めあの戦争に加担した人々は歴史が審判を下すだろう。原因不明の病気に苦しみ、手足を無くして帰ってきた帰還兵、もちろん戦地で死んでしまった兵士もあまりに悲し過ぎるじゃないか。9.11テロも悲惨だったかも知れないがこの戦争に参加させられ無残に死んでいった者の方が悲惨なんじゃないのか?この話のテーマは警察と犯罪者の対立ではなくあの戦争はこんな人間まで作り出してしまうほど悲惨であの戦争を皮肉った作品なんじゃないかと思う。アメリカは分裂してしまったのだそれが一番言いたかった事なんじゃないのか?経済状態も悪くなってきた昨今オバマ新大統領に期待はするが立ち直ることは出来るのかそれだけが心配でならない。アメリカ一国の問題ではなくなってるのだから。評価は全体を見終わって星3.5あげられる出来だったと思います。何といっても色々考えさせられた、正義とは何なのか。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

作り手に拍手!ネタバレ

投稿日:2008/12/13 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

善と悪。物語として、どちらの側からも作る事は出来ます。
しかし両方の側から同時に見せた時こそ、真の面白さがある。
しかしながら、そういう作品は少ない。そりゃぁ、当然だ。だって、作品という物は登場人物に感情移入させなくてはいけないから。そして両者に感情移入させた場合、ラストは大抵が中途半端に終わる。悲しい性といえる。
ところが今作品は見事にまとめ上げた!
最後の最後にきて評価は満点に跳ね上がった。こんな作品は滅多にないぞ。
どちらかが負けるという事もなく、ホルスト・カリー、ジェイク・メンデス共に英雄としてラストを飾った。
いや、「刑務所には絶対に戻らない」との言葉を貫き通した分だけジェイクに軍配が上がったか?
そして、最初「このにいちゃん、かっこいいぞ」と思っていたアルバート。途中、ただのおバカちゃんに格下げされたものの優しい一面ものぞかせ、最終的には一番おいしいところを持って行った。。。笑

久々に見応えのある作品でしたww
ぜひぜひオススメしますwww

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全28件

キル・ポイント

月額課金で借りる

都度課金で借りる