ボディヒート

全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

8

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:
  1. 洋画
  2. サスペンス

裕福だがおとなしい少女クーパーは、挑発的な美少女アイビィと親友になるが、家に招待するやアイビィの態度が一変。母親をてなずけ、父親まで誘惑し、いつの間にかわがもの顔で居座ってしまう。バリモアがセクシーな下着姿で誘惑する場面が圧巻。 JAN:4907953039544

製作年: 1992年
製作国: アメリカ
原題: POISON IVY

ボディヒート アンレイテッド・エディションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
93分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
50DRJ20415 2008年06月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

17歳のドリュー・バリモア

投稿日:2008/11/17 レビュアー:ムーミンママ

最近の作品では、どちらかというとキュートなイメージで
輝くばかりの笑顔が印象的なドリュー・バリモアです。
私はそんなキュートなドリュー・バリモアが大好きなんですが
ちょっとこの作品の中の彼女にはビックリです。

過去にいろいろあった女優さんだとは聞いていましたが
17歳にしてこんなに妖艶な時期があったなんて・・・
真っ赤な口紅が少し下品で、すごくセクシーです。

東野圭吾の「百夜行」のヒロインとイメージのかぶる
人の心の奥底を見抜き、操る術に長けた小悪魔アイビー。
現代のPoison Ivyそのままの触ると毒がある女性です。

それに対してお嬢様育ちのシルビーは地味な女の子で
美人の母親にコンプレックスを持っている。

二人の少女はまるで光と影のようです。

シルビーの家族が絡め取られて不幸になっていくさまは
ちょっと背筋が寒くなるような怖さを感じます。

ストーリーとしては、2時間ドラマチックで
サスペンスとしても中途半端で大満足とは言いがたいです。
でも、こんなセクシーで妖しいドリュー・バリモアが見られるなら
いいかな・・・という感じです。
ただし、イントロにあるようなヌードシーンは???
肝心なところはボディダブルだったような気がしますけど。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ドリュー・バリモア1992ネタバレ

投稿日:2008/07/09 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 discasで俳優の名前のところをクリックすると、ちょっとしたプロフィールが解説されている時がありますが、そこにもあるように、今ではすっかり復活したドリュー・バリモアは大変なローティーン時代を送った人です。
 意外にも『E.T.』が在庫されていなくてびっくりしたのですが、幼くして大変な人気者になるということは、本人にとっても相当な負荷がかかるのでしょう。
 関心のある人はバリモアの告白本が邦訳されていますから、手に取られてもいいかもしれませんが、昔この作品がビデオショップに並んだ時には、そこまで堕ちてしまったのかと思って物悲しくなり、観ませんでした。そのあとは『バッドガールズ』も見なかったので、気づいたのは『スクリーム』だったでしょうか? 冒頭に登場する彼女は端役ながら結構いい感じだったことを覚えています。以後の活躍はご存じの通り。
 さて、新作棚で見つけて借りてみました。アンレイテッド・バージョンというせいなのかもしれませんが、実際はドリュー・バリモアのはっきりしたヌードはありませんでした。せいぜい、背中とか少し透けて見えるくらいでしょうか。
 イントロダクションからは二時間ドラマ風のエロ・サスペンスを想像されると思いますし、それはまったく違うというわけでもないのですが、ふたりの対照的なハイティーンの女の子を主人公にした、痛々しい青春サスペンスと見ることもできそうです。陳腐なプロットながら、まったくの駄作と切って捨ててしまうには惜しいと思いました。
 冒頭からしばしば登場するブランコの浮遊感や、タトゥーの痛み、バリモアがシェリル・ラッド(!)に同化して、ベランダに立つ姿であるとか、印象的なイメージがいくつかあります。キャメラも室内部分など、なかなかです。
 ラッドやトム・スケリットがきちんと脇を固めていますし、もうひとりの主人公サラ・ギルバートの引っ込み思案な、けれど何かにイラついた感じもいいと思いました。
 やはり魅力的なバリモアが、この時期どのような状態だったのかは分かりませんが、彼女の妖艶さと脆さが同居した感じがとてもこの映画には合っています。彼女が演じるアイヴィーは、ありがちなサイコというよりは、痛々しく混乱しながら愛を求めている少女のように思いました。50点。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

レオナルド・ディカプリオが出演。

投稿日:2008/12/05 レビュアー:旭竜

17歳のドリュー・バリモア目当てで鑑賞です。
内容はすこぶる退屈なので目当てとすればそれが正解でしょう。
もしくはレオナルド・ディカプリオがどこに登場するのか探すのが正しい楽しみ方かもしれません。

もっと露出して欲しかった作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

17歳のドリューバリモアかわいすぎ

投稿日:2009/11/22 レビュアー:シネマ子

超面白かったー。
ジャンルとしてはB級エロサスペンス。
B級青春物マニアの私にはまさに直球ど真ん中で80年代臭丸出し感といい、大好き。
小悪魔女子高生が男性を誘惑しまくり、不可解な殺人事件へとつながってゆきます。サスペンスとしても底は浅いけど十分楽しめましたよ。

ドリューバリモアは今やナチュラルな癒し系女優ですが、
「ET」で天才子役として注目されてから、若くしてドラッグだかアルコールだかの中毒ですさんだ生活をして立ち直った波乱万丈な方なんです。その後も大きすぎる胸を縮小手術したり(うらやましい)、けっこうなヤンキーキャラでした。

そんなビッチぶりの名残がまだあるころのティーンエイジャー(17歳!)のドリューが見れてうれしい!
声も舌足らずで、抜群のスタイルといい生意気そうな顔といい超かわいい!飯島直子っぽい。

外人さんの17歳は色っぽくて完成されてるなあ。高校生でも化粧ばっちりだし、高級車乗り回すし、日本とはスケール違うんだよなあ・・。

友達のお父さんを車のボンネットの上で悩殺ポーズをとって、誘惑するシーンなど、ものすごく安っぽいのがまた最高でした。


このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待はずれネタバレ

投稿日:2008/10/27 レビュアー:ケイアイ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ドリューバリモアはきれいです。それだけですね。ヌードシーンなんてあったかなあ。美人だけど、性格の悪い、お金がなくて、金持ちの家族をうらやんで、壊してやろうと思っている女の子の話。せっかくきれいな彼女にもっと大胆な場面を用意してないともったいない。「スイミングプール」くらいは、露出してほしかった。
 ありきたりのドラマで、早送りしました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

ボディヒート