ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記の画像・ジャケット写真
ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 / ニコラス・ケイジ
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

261

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記」 の解説・あらすじ・ストーリー

ニコラス・ケイジ扮するトレジャー・ハンターが歴史の謎に挑む大ヒットシリーズ第2弾。歴史学者にして冒険家のベン・ゲイツが、先祖を巻き込んだリンカーン大統領暗殺事件をめぐる真実に迫る。ベンは、彼のもとを訪れたウィルキンソンと名乗る古美術商からある驚きの情報を知らされる。それは、今なお多くの謎に包まれているリンカーン大統領暗殺事件の犯人による日記で消失されていた一部が発見され、そこには暗殺の真犯人としてベンの祖先トーマス・ゲイツの名が記されていた、との衝撃的な内容だった。大統領暗殺者の末裔という汚名を着せられてしまったベンは何としても祖先の無実を晴らすべく、仲間と共に調査を開始する。

「ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: NATIONAL TREASURE: BOOK OF SECRETS

「ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDR3593 2008年06月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
124枚 2人 3人

【Blu-ray】ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
4:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBR1043*B 2008年11月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
30枚 0人 2人

ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 02:04:29 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
英語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2018年09月30日 23:59
レンタル:2018年09月30日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:261件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全261件

ゴメンで済んだら警察いらん

投稿日:2008/06/06 レビュアー:JUCE

 まあディズニーですから。
 そしてジェリー・ブラッカイマーですから・・・。

 単純明快なストーリー。決して観客に考える隙を与えず、次から次へと登場人物が話を進めるアトラクション的な映画。よく考えると数多くの疑問点があるのですが、有無を言わせぬ展開の速さで押し切ってしまいます。だから見ている最中はそれなりに楽しいのですが、見終わったあとにはなんの余韻も残らないし、逆に振り返るとちょっとバカらしくなってしまいます。これって絶対ディズニーランドのアトラクションへの転用を考えているのではないかと思うのですがいかがでしょう。

 言ってみれば『インディ・ジョーンズ』シリーズから残虐性や大人目線を抜き、徹底的にジュブナイル映画にしたような感じの映画です。パターンや出演陣は1作目と変わることなく、続けようと思えば何作でも新作を作ることが出来るという商業的には素晴らしいアイデアですね。ちょっと大人には物足りないです。


 しかし自分の先祖と自分の名誉の回復のためなら、「外国の街はぶっ壊すわ」、「法を犯す」はで、まさにアメリカらしい発想です。結果オーライならその過程は問題ないのですかね。敵役も結局は名誉の為だったんで「良い人」ってそりゃあ無いでしょ。銃は撃つし、なんだかイラク侵攻もこんなところで正当化してしまうんではないかと思いました。まあポップコーン映画にそんな文句を言っても仕方が無いですけど。

このレビューは気に入りましたか? はい 23人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

家族でアドベンチャー映画を観るのには オススメネタバレ

投稿日:2008/05/08 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

手に汗を握るトレジャー・ハントと、歴史に秘められた暗号を次々と解き明かしていく極上のミステリーを融合させた前作は、世界33カ国でヒットを記録。

今作は、アメリカ史の謎に満ちた「リンカーン大統領暗殺事件」の暗殺者の日記から、失われたページが発見されると、そこには暗殺の共犯者としてゲイツ一族の祖先の名が記されていたというところから始まります。

ちなみに、リンカーン大統領暗殺事件は、1865年、4月14日、ワシントンのフォード劇場で観劇していたリンカーン大統領を、熱狂的な南部主義者で、俳優のジョン・ウィルクス・ブースが射殺。逃走したブースも後に警察官に射殺されたようです。

前作ほどの、謎解きのドキドキ感や、スピード感はなかったけれども、言葉の応酬や、ラシュモア山(サウスダコタ州のジョージ・ジェファーソン、トーマス・ジェファーソン、ルーズベルト、エイブラハム・リンカーンという4人の大統領が彫刻された観光地)や、ホワイトハウス執務室、バッキンガム宮殿、パリの自由の女神など名所ツアーも楽しめます。

一つ残念なのが、謎に密接する形で必ず適役が潜んでいるのですが、この適役の扱い方が惜しいなぁ〜と思ってしまいました。
物語のクライマックスで今回の敵ウィルキンソンと否応なしに組んで、あっさりと協力しながら進むのは、極悪非道な敵なのか、ライバルなのかはっきりしない辺り。
もっと彼の思惑をしっかりと描いていれば、最後の行動に説得力というものがあっただろうに・・・と思ってしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

相変わらずのお気楽さネタバレ

投稿日:2008/04/25 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前作を見て激しく落胆してしまったので、今回は過大な期待をせずにみましたが、相変わらずのお気楽ぶりです。
暗号も謎も、あっという間に解けてしまいます。こんなスピードで暗号解読ができたら、世の中に謎なんか存在しませんって。さらに主人公たちは、「あんたら、ジャンパーだったのか?」というような瞬間移動で、ワシントン、ロンドン、マウント・ラシュモアなど世界中を駆け巡るので、まあ観光案内としては楽しめるかもしれません。

今回はリンカーンの暗殺者という汚名をきせられた先祖の名誉を回復するという大義名分があるのですが、所詮この人たちの根底にあるのは、私利私欲なのです。だから貴重な発見品にも、なんのためらいもなく素手で触れ、果ては知りたいことがわかれば写真にだけとって、川に投げ捨ててしまうというような行為を繰り返します。もう少し敬意というものをもってもらいたいです。

敵役として登場するエド・ハリスも、途中からすっかり味方に転向してしまい、なんかもったいない使い方。
とってもがっかりした前作の唯一のきれいどころだった、ダイアン・クルーガーも今回は色あせてみえました。
ベンジャミンの母親役でヘレン・ミレンが登場。彼女とジョン・ボイドの掛け合いがいちばんおもしろかったな。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もう終わってます

投稿日:2009/03/02 レビュアー:ナナメ歩き

前作もそうだったが、どこからどう見ても出演者だけ入れ替えたインディ・ジョーンズにしか感じない
冒険ものでワクワクする筈が、あまりのご都合主義な謎解きにバカバカしくなってくる、何でも詰め込めば良いってものではないです
それぞれのキャラも個性がなく、というか出せないくらい早い展開で謎解きの間でそれを補おうとしているのが見えるダメな演出
ホントにフェノミナンで人の心の動きを、見事に撮りきった監督なのかと疑うばかりだ
謎を解く工程に少し間を与え、わたしたち観客を置いてけぼりにしなければ、もう少し厚みのある作品になると思うのだが残念だ。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ワクワク・・・あれ?ネタバレ

投稿日:2008/06/06 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「1」はこれでもかの謎解きの連続、手が届きそうでなかなか届かないお宝への遠い道のりに、ラストまで中だるみすることなくワクワクし通しだった。
その続編という期待感が大きすぎたか・・・
展開が速くて面白いが、ちょっと子供だましになってしまった感が否めない。
前作で独立宣言書というアメリカの国家の歴史的資料が宝の地図であったように、今回もありえない簡単さで厳重に守られている国家的財産からお宝の手がかりを得てしまう。
そして、これまた前作同様、敵役のエドハリスに家族を人質にとられ謎解きを強要されて・・・

面白いんだけど・・・なんだか安直だなあ。
敵役との手がかり争奪戦もありきたりだし
簡単にお宝までたどり着いた感じがした。
どうにも納得できないのはエドハリスの役柄だ。
金目当てのどこまでも卑怯な悪人という設定で良かったんじゃないのか?
煮え切らないキャラクターだ。
そんな気持ちの悪さを残しているので雑な仕上がりに感じてしまうのかもしれない。

何も考えずマンガのように見れば楽しい。
でも見終わっても前作のような充実したハッピー感はないです。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全261件

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。