ONCE ダブリンの街角で

ONCE ダブリンの街角での画像・ジャケット写真
ONCE ダブリンの街角で / グレン・ハンサード
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

115

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ONCE ダブリンの街角で」 の解説・あらすじ・ストーリー

アイルランドのダブリンを舞台に、地元の男とチェコ移民の若い女がストリートで出会い、音楽を通して心を通わせていくさまを描いた感動ラブ・ストーリー。主演は共にプロのミュージシャンとして活躍するグレン・ハンサードとマルケタ・イルグロヴァ。監督は「オン・エッジ 19歳のカルテ」のジョン・カーニー。男は穴の開いたギターで毎日のように街角に立ち、歌を歌うストリート・ミュージシャン。そんな男の前に現われ、あれやこれやと話しかける花売りの若い女。彼女はチェコからの移民で、楽しみは楽器店でピアノを弾かせてもらうこと。彼女のピアノに心動かされた男は、一緒にセッションしてみないかと持ちかける。

「ONCE ダブリンの街角で」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アイルランド
原題: ONCE
受賞記録: 2007年 アカデミー賞 歌曲賞
2007年 LA批評家協会賞 音楽賞

「ONCE ダブリンの街角で」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ONCE ダブリンの街角での詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
87分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR7979 2008年05月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
110枚 10人 13人

ONCE ダブリンの街角での詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:26:17 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
英語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
レンタル:2018年03月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:115件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全115件

アマニガイ路上のバスキング姿と、物件情報。

投稿日:2008/07/04 レビュアー:ぴよさん


ああ、これはたまらない。いい大人のやってることなんだけど、若造が恥ずかしいとも思わずに過ごす、あの青春の1ページにだぶって見えてしまう。その甘酸っぱい、いや、甘苦い感じが心を落ち着かなくさせる。

歌われる曲の、なんとナイーブでパーソナルなことか。現実の会話では決して吐露されないだろう感情まで、歌に乗せた瞬間にポロポロとこぼれ出す。そこまで赤裸々になれるのは、歌唄いの特権だろう。だがその分だけ、そうでない時の彼らの感情は見えにくい。まるで歌うとき限定で、心を開くかのようだ。

バンド仲間が集まり、セッションして夜を明かし、出来あがった音をカーステで聴く為の早朝ドライブ。彼らはそれほどには若くなく、「波に乗り遅れてしまったバンドメン」の悲哀さえ漂う。しかしその歳だからこそ出せる音と唄える歌が、ここにはある。これが10代のアンちゃんなら、聴いてられないだろう。

映画公開当時『NEWS23』で、主演のグレン・ハンサードとマルケタ・イルグロヴァのインタビューを流していた。「実際に」グレンのホーム・レコーディングでマルケタと出会い、「実際に」映画と同じ様にセッションをし、そのままこの企画へと繋がり、ついでながら、「実際の」カップルになってしまったのだという。全編、自然な空気なのは、演技の必要が実は無いせいだと知れる。
まるで筋立てのあるPVの様に、歌と歌で場面が繋がれる。やけに歌が多いのは、本職が俳優で無いグレンとマルケタがセリフを覚えられず、セリフを削って、歌を増やしていった結果らしい。


チェコ移民で、電池代にも事欠く程に貧乏なマルケタのアパート。だけど、あの間取りで都内なら月20万は堅いぞ。現在、部屋物色中のワタシとしては泣けてくる。

…どっかにいい部屋ありません? 2部屋、ガスコンロ2つ。辺りが静かで、地盤の強そうな地区。朝に雀がチュンチュン鳴く様な街なら、気分も良いのですが。




このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ほのかなラブストーリー・・・?ネタバレ

投稿日:2008/05/26 レビュアー:ムーミンママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画の予告編でもDISCASのイントロダクションでも
感動のラブストーリーってことになってますね。

でも、二人の間には目に見えるラブシーンは何もないんです。
あいさつのキスくらいはあったかもしれないけれど
手をつなぐとか、ハグするとか、そんなこともなかったはず。

それでもお互い惹かれあって、心が触れ合ってる・・
というのはちゃんと伝わってきます。

何もなかったけれど、忘れられない人って人生にはいるはず。
たとえ一緒に過ごした時間は短くても、その後の人生で
二度と同じ道を歩むことがなくても・・・

歌で紡ぐ、ほのかな恋心をつづったラブストーリーなんですね。
大きな感動ではなかったけれど、ポッと心に灯をともすような
素敵なお話でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ダブリンの街角で心の通じる相手を見つけたネタバレ

投稿日:2008/05/30 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

全米でわずか2館での上映から、口コミで140館までに上映館を増やしたという心温まるラブロマンス。

規模は小さいけれども、素敵な映画です。
お互いに過去の愛について悩み、問題を抱えながら、やがては素晴らしいラブソングを完成させるのですが、この二人の関係は一体どうなるのか?
路上から始まるささやかな音楽を通して、彼女はもとより、彼の仲間や、スタジオのスタッフを巻き込んで皆が心を通わせる描写は感動的です。やっぱり言葉で表現しなくとも一緒に演奏することで、心は通じ合うものだなぁ〜と。

ラブストーリーのようなドラマチックな展開はないけれども、二人の間にお互いを思う気持ちは、もどかしいほどに伝わって来ます。
言葉では照れくさくなってしまう表現も、音楽に載せることでより素直に表現できるということでしょうか?

二人の関係は、よい意味で裏切られてしまいましたが、こういうのもありかなぁ〜?と。
音楽と共に切なさが心に響いてきます。


このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

愛より強いメロディネタバレ

投稿日:2008/06/06 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

そういえば昔 ザ・フレームスってバンドがあったような気がしますね 主演の人はそこのフロント・マンだったってことで 監督もその元メンバーとくれば あうんの呼吸ですかね 共演の女性がまた彼のソロ・アルバムに参加してるとかで 二人とも素人ながら 特に彼女のほうは なかなかの情感を出していていいですね

彼女のアパートに初めて招待されたとき それまで手持ちで少し揺れていたキャメラがよりいいからかんになるんですが そこに隣の部屋からやはり 移民の青年たちが入ってきて この他人のうちのTVを見に来るんですね 30年代TVが日本でも普及してきた頃の風景で うちにも知らない近所の子供たちがたくさん見に来てたので とても懐かしく暖かい気分になりましたね ダブリンの片隅の貧しい人々の話なんですね

友人のパーティ会場なんでしょうか そこで自然なライブ感覚で音楽が披露され そのあとのシーンで二人が海が見える丘へと海岸線をバイクをとばし そこで彼女が人妻であることを告白 この流れなんか良くて キャメラもかなり年期入った人だなってわかるんですが その流れの中で二人に愛は発展せず 音楽の結びつきのほうが深くなるんですね まあこのおっさんではこの辺が限界かな

何気な二人の行動とダブリンの街の風情などで進行するラブ・ストーリーかなと思わせるんですが デモ・テープ製作の音楽優先のプロットが仕組まれていて さすがはミュージック・ビデヨなどの製作出身の演出家らしい展開 なるほどこんな映画への転用もあるんだなあとちょっと感心 危ない綱渡りなんだけど ほのぼのとまとまりました

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お気に入りの小品です。ネタバレ

投稿日:2008/04/25 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

男はダブリンの街角で歌うストリートミュージシャン。自分を捨ててロンドンに行ってしまった恋人への未練をたちきれないでいる。
女はチェコからの移民。ビッグイッシュや花を売り歩き、家族の生活を支える。
そんなふたりが出会い、音楽を通して心を通わせてゆく。

10万ドルの低予算、わずか3週間ほどで撮影されたという小品ですが、私はとても気に入ってCDまで買ってしまいました。
ところが映画館では感動したのに、歌だけ聞くとそれほどよくないんです。音楽に一言ある夫なんて、「これは2流以下やなあ。」と言う始末。
音楽、映像、ストーリー、それらが上手く絡まって相乗効果をもたらすからこそ、感動を呼び起こすんだなあなんてことを改めて感じてしまいました。

女には故郷に残してきた夫と、小さな娘がいる。
レコーディングのあと、男から「一緒にロンドンに行こう。」と誘われるのだが、それが半ば社交辞令であることを知っている女は、故郷の夫とやり直す決意をする。そんなせつないラストもよかったです。

主演のグレン・ハンサードとマルケタ・イルグロヴァはアカデミー賞の歌曲賞を受賞しています。
このふたり、実生活でもパートナーらしいのですが、受賞の瞬間にハンサードは隣りにいた彼女ではなく、母親らしき人に抱きつき、受賞スピーチでは一言も彼女にしゃべらせなかったので、よっぽどうれしかったんだろうけど、ふたりの行く末が心配になりました。
司会のジョン・スチュワートは「That guy is so arrogant!」といって、 イルグロヴァに特別にスピーチの時間を設けていましたが、その中で「私たちのようなインディーズ・ミュージシャンに希望をあたえてくださって、ありがとうございます。」と言ってたのが印象的でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全115件

ONCE ダブリンの街角で

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。