クローザー <ファースト・シーズン>

クローザー <ファースト・シーズン>の画像・ジャケット写真
クローザー <ファースト・シーズン> / キーラ・セジウィック
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

128

  • DVD
ジャンル:

「クローザー <ファースト・シーズン>」 の解説・あらすじ・ストーリー

米ケーブルTV史上、最高視聴率を記録したクライムサスペンスの第1シリーズ第6巻。スイーツ依存症の敏腕女性刑事、通称“クローザー”の異名を誇るブレンダが、数々の難事件を解決へと導いていく。第12話「二度死んだ女」と最終第13話「最終楽章」を収録。

「クローザー <ファースト・シーズン>」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: アメリカ
原題: THE CLOSER

「クローザー <ファースト・シーズン>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

クローザー <ファースト・シーズン>のシリーズ商品


1〜 6件 / 全6件

クローザー <ファースト・シーズン> Vol.1

  • 旧作

米ケーブルTV史上、最高視聴率を記録したクライムサスペンスの第1シリーズ第1巻。スイーツ依存症の敏腕女性刑事、通称“クローザー”の異名を誇るブレンダが、数々の難事件を解決へと導いていく。第1話「偽りの素顔」から第3話まで収録。

収録時間: 字幕: 音声:
144分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SDRY21386A 2008年04月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
31枚 2人 4人

クローザー <ファースト・シーズン> Vol.2

  • 旧作

米ケーブルTV史上、最高視聴率を記録したクライムサスペンスの第1シリーズ第2巻。スイーツ依存症の敏腕女性刑事、通称“クローザー”の異名を誇るブレンダが、数々の難事件を解決へと導いていく。第4話「姿なき復讐者」と第5話「守りたい情報」を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SDRY21386B 2008年04月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
33枚 1人 2人

クローザー <ファースト・シーズン> Vol.3

  • 旧作

米ケーブルTV史上、最高視聴率を記録したクライムサスペンスの第1シリーズ第3巻。スイーツ依存症の敏腕女性刑事、通称“クローザー”の異名を誇るブレンダが、数々の難事件を解決へと導いていく。第6話「ネットに流された殺意」と第7話「奪われた人生」を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
91分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SDRY21386C 2008年04月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
31枚 2人 2人

クローザー <ファースト・シーズン> Vol.4

  • 旧作

米ケーブルTV史上、最高視聴率を記録したクライムサスペンスの第1シリーズ第4巻。スイーツ依存症の敏腕女性刑事、通称“クローザー”の異名を誇るブレンダが、数々の難事件を解決へと導いていく。第8話「愛情の形」と第9話「刑罰の境界線」を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
91分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SDRY21387A 2008年05月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 2人 2人

クローザー <ファースト・シーズン> Vol.5

  • 旧作

米ケーブルTV史上、最高視聴率を記録したクライムサスペンスの第1シリーズ第5巻。スイーツ依存症の敏腕女性刑事、通称“クローザー”の異名を誇るブレンダが、数々の難事件を解決へと導いていく。第10話「尽しすぎた男」と第11話「自由を求めて」を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SDRY21387B 2008年05月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
36枚 2人 1人

クローザー <ファースト・シーズン> Vol.6

  • 旧作

米ケーブルTV史上、最高視聴率を記録したクライムサスペンスの第1シリーズ第6巻。スイーツ依存症の敏腕女性刑事、通称“クローザー”の異名を誇るブレンダが、数々の難事件を解決へと導いていく。第12話「二度死んだ女」と最終第13話「最終楽章」を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SDRY21387C 2008年05月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
34枚 2人 3人

1〜 6件 / 全6件

関連作品

ユーザーレビュー:128件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全128件

新作ドラマ、続々登場で忙しいですね。ネタバレ

投稿日:2008/04/05 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

4月になって、新しい海外ドラマがどんどん始まっていまして、ますます取捨選択が大変です。
「グレイス・アナトミー」シーズン3の放送はもうすぐ終わりますが、そのあとの「恋するブライアン」も気になりますし、「アリソン・デュボア」の新シリーズも始まります。NHKで始まったグレン・クローズの「ダメージ」もおもしろいですし、新しい韓国ドラマも気になります。

「クローザー」第1話はなにかの特典映像で見ましたが、なかなかおもしろかったですよ。
LAPDの殺人捜査課のチーフの職に請われて赴任してきたブレンダ(キーラ・セジュイック)。
その敏腕捜査で難事件を解決する人(The Closer)と呼ばれる彼女だか、男社会の組織からは反感を持たれてしまう。南部なまりの独特のしゃべり方で、殺人課の男性部下たちをやりこめてしまうところがなかなか爽快。今後主人公の性格描写に深みが出て、男社会を堂々と渡ってゆくかっこいいヒロインになってゆけばおもしろいのではないかな。続けて見てみたいなと思いました。
キーラ・セジュイックはこの役でゴールデングローブを受賞しているようです。


このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

2008年に観たTVドラマの中でベスト3に入るお気に入りドラマです^^v

投稿日:2009/08/12 レビュアー:Bading


CIAで訓練を受けた経験を持つキャリア組のブレンダ・ジョンソンが、
ロサンゼルス市警に、殺人特捜班チーフとして赴任してきた。
ちょっと“変人”とも思えるほど個性的なブレンダに、同僚たちは、反感を抱く・・・

そんな状況にも関わらず、粘り強く真実を追及し、容疑者から自白を引き出し、
事件を確実に“クローズ”させていく。
それが、“クローザー”ブレンダ・ジョンソン。

そんなよく有りそうなドラマなのですが、何故か面白い。
・ブレンダのキャラ
・殺人特捜班のメンバーのキャラ
・捜査段階でのチームの会話!
・自白に追い込むまでの会話!
・どんな状況下でも、正義による“クローズ”を勝ち得るとこ!
・徐々にブレンダが、チームの皆から信頼をされてゆくさま!
などなど、何故か面白い!

オススメします。楽しめると思います。

収録内容
第1話 偽りの素顔
   犯人の自白を引き出すところが面白い。
第2話 裏切りの代償
   事件的には、ノーマル。フリンが合流
第3話 正義の行方
   さすがクローザーこんなクローズをするとは・・・
未公開シーン
   第2話 2個
   第3話 3個

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スイーツ依存症って・・・

投稿日:2008/07/09 レビュアー:pokorou

スイーツ依存症なんてあるのね。
初めて知りましたw

所で…彼女が引き出しから出して食べていた物はなんだったのか?
銀紙に包まれた丸い物。チョコレートケーキ?なんだ?
何か分からないけど、めちゃめちゃ食べたくなったw

1〜6までいっきに借りて見ましたが、面白かったです。
ここは、めちゃめちゃ面白かった、では無く、面白かったw
普通に楽しめました。

最後のお話で、敏腕女性刑事のマネをする部下がウケたw

ドクターストップで仕事を辞め、暇人の私には
ディスク1枚の長さも長すぎず、短すぎず、暇つぶしにはもってこいでした。

しかし…お仕事を辞め自宅療養中、動かない為、脂肪肝になってしまった私には、このスイーツ攻めはきつかったw

毎話、出てくる美味しそうな彼女のおやつのあれこれ…
グミ、ドーナツ、タルト、チョコレート…
ちょっとした拷問でしたw

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

テレビドラマの王道だ!

投稿日:2008/10/19 レビュアー:べっち

  アチキを含めて映画好きにはどうもテレビドラマ、それも続き物を下にみる傾向があるように思う。
  ただ、あれはシリアル(連続モノ)の宿命なんだよね、昔なつかしの連続活劇から週刊誌連載の漫画にいたるまで、予算も締め切りもタイトでおまけにその場その場の人気しだいで内容からいつ打ち切りかまで左右されちゃうんだから。

  ッでこの「クローザー」、その連続モノであることを強みに変えたこの最終回。

  泣いた。

  こればかりはね、初回からきっちり観てないとあのカタルシスは味わえないのよ。
  第一回でブレンダがチームの面々の名前を読み上げながらポイポイと捨てたあの書類、そのシーンが見事に、効果的に復活する。

  どっひゃぁですわ。


  少なくともこのファーストシーズン、確かに詰めの甘いところは多々ある、緻密な振りして手抜きな筋書きも珍しくはない。
  また、これは長所でもあるんだけど、基本的には単発のストーリーで「次回は?!」と言うハラハラドキドキの積み重ねはない。
  けどね、一回二回見逃してもなんとなくわかっちゃう人間関係の展開、回を追うごとに深まる「奴ら」への愛着・・・・ これってやっぱり連続ドラマならではだよね。
  その面白さが各回のアラを隠して、そしてこの最終回ではすべてを凌駕しちまって。

  テレビドラマが好きでよかったとつくづく思いましたよ、うん。

  万人にオススメはしませんが、少なくともドラマ好きのアチキには何よりのご馳走でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最後まで見てよかった。ネタバレ

投稿日:2009/06/17 レビュアー:黒猫と白猫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第12話 2度死んだ女
凶悪殺人犯に殺されたはずの女性は別人だった。3年前に死んだと思われていた人物は一体誰だ?幾つかの事件が絡み合い、整理しておかないと理解しにくいので注意。これも途中で犯人が判るが、証拠採取のシーンが見どころ。フリン警部補がいい奴に見えてきた。

第13話 最終楽章
有名プロデューサー殺人事件。ファースト・シーズン最終話。バラバラだった特捜班だが、気がつけば主人公を中心に一つのチームにまとまっていた。今まで見続けてきて報われた。テイラー警部は最終話に至っても悪いままだが、ポープ副本部長も案外ズルイ人間で面白い。

セカンド・シーズンも必見。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全128件

クローザー <ファースト・シーズン>

月額課金で借りる

都度課金で借りる