オリバー・ツイスト

オリバー・ツイストの画像・ジャケット写真
オリバー・ツイスト / バーニー・クラーク
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

130

  • DVD
ジャンル:

「オリバー・ツイスト」 の解説・あらすじ・ストーリー

 「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督が、文豪チャールズ・ディケンズの名作を完全映画化した感動巨編。19世紀イギリス。9歳になり、救貧院へと連れて来られた孤児のオリバー・ツイスト。しかし夕食の席でおかわりを求めたばかりに委員の怒りを買い追放処分に。その後葬儀屋の主人に一旦は引き取られるが、ここでも理不尽ないじめにあったオリバーは、ついに家を飛び出し70マイル彼方にある大都会ロンドンを目指す。そしてようやく辿り着いたロンドンで、オリバーは少年スリ団のリーダー、ドジャーに拾われるのだが…。

「オリバー・ツイスト」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: フランス/イギリス/チェコ
原題: OLIVER TWIST

「オリバー・ツイスト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

オリバー・ツイストの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
130分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE72167 2006年06月30日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
39枚 1人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:130件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全130件

ポスト・モダニズムの時代を反映した作品

投稿日:2006/09/17 レビュアー:吟遊旅人

 これはポランスキー監督の前作「戦場のピアニスト」によく似ている。なにが似ているかというと、主人公に主体性がなく、運命に立ち向かう度胸も度量もないのに、なぜかうまく生き延びてしまう、というストーリーの構造がだ。ポランスキーは今、この時代をそのように捉えているのではなかろうか。ナチスに立ち向かうのではなくひたすら逃げ隠れしていたユダヤ人が戦争を生き延びてしまうように、ほとんど運命に翻弄されるままのようなオリバーという少年が結局は地獄の中から救い出される。ポランスキーにとっては未来への投企は意味が無いのかもしれない。サルトルが見たら激怒しそうなお話の展開なのだ。

 ストーリーは先ごろ見た1947年のデヴィッド・リーン版とほぼ同じだが(当たり前)、大きな変更点は、オリバーの出生の秘密にかかわる部分がすっぽり落とされたところ。
 また、物語は全体に丁寧に作られていて、わたしはデヴィッド・リーン作よりこちらのほうが気に入った。美術には相当金をかけて、凝ったセットを作ったので、19世紀ロンドンの雰囲気がよりいっそう近しいものとして感じられる。

 ポランスキーの作品に漂うものは貧しい者への同情であり、社会の底辺にうごめく犯罪者の悲哀だ。デヴィッド・リーン版にある、ラストのあっけらかんとした明るさはなく、本作には哀愁が漂う。オリバーも決して貴種ではなく、彼は孤児である運命からは逃れられない。これもまたポランスキーの価値観を表していて興味深い。階級階梯の上昇をもって「ハッピーエンド」とするのではない世界観のほうがわたしには好感が持てる。
 人の運命を決定づけるものは血筋ではなく、本人が持つ才能や人格だとポランスキーはいいたげだ。だから、「戦場のピアニスト」では主人公のピアノの才能が彼を救い、本作ではオリバーの気高く愛らしい性格が、温情を持つ人々の心を動かす。

 スリ団の親分フェイギンを演じていたのがベン・キングズレーだとはまったく気がつかなかった。げに役者は恐ろしきかな。メーキャップと声の出し方しゃべり方ですっかり別人になってしまっている。さすがは名優ですな。このフェイギンもただ憎たらしいだけの悪人ではなく、老いてみすぼらしさが目立つ哀れな悪党として描かれている。

 わたしには、本作がポランスキーの魂の底に眠る悲しみや諦観が現れたもの悲しい作品に見えてしかたがない。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

感動出来なかった・・大人の不純さと子供の純粋さが描かれる

投稿日:2006/08/16 レビュアー:RUSH


おすぎだったかピーコだったかこの作品のCMで感動の嵐のような事を言っていたので感動出来ると思いレンタルしたのだが僕にはそれほどの感動は残念ながら得られなかった。冷静に考えてストーリーが先読み出来たからだと推測している。全てに置いて推測出来それがまたその通りの結果を生んだことで感動はどこへやらといった感じだったのだ。つまりよくあるサクセスストーリーだということだ。この作品を愛している人には悪いが僕にはそう感じられた。別にこの作品を非難しているわけではない。僕自身好きな作品であることに違いはないし、最初から引き込まれ最後まで一気に見せられた作品であることは認める所だ。ただ単純に想像していた以上に感動出来なかったという不満を書いているのだ(^^ゞ。勘違いしないで欲しい。オリバーのいじめられ方もイマイチ弱かったというのも感動出来なかった理由の一つかもしれない。とことんいじめられ不幸のどん底にいるからこそ幸せになった時の感動は大きくなると思うのだが、この作品を見られた方々はどう感じられたのであろうか?

とても優しい頭のいい孤児オリバーが食事のお代わりを仲間の代表として頼んだことがきっかけでロンドンへ行くことになる。そこでドジャーという少年と出会いなんとか生き延びることに成功する。しかし、ドジャーはフェイギン窃盗団の一味だったのだ・・・。という決まり切ったストーリーながらも主役オリバーを演じたバーニー・クラーク少年が如何にも弱々しく優しい為、ついつい感情移入してしまう。つい助けたくなってしまう、つい応援したくなるそんな感情を彼から感じられてしようがないのだ。そんなこんなでオリバーが結局どうなってしまうのか気になり最後まで見てしまうそんな作品だった。オリバーの純粋さが随所に表現され、それをバーニーが見事に演じきっていてように思う。子役がそのままいい役者になることは少ないが彼にはいい役者になって欲しいものだ。

正直、昔の童話を読んでいるような錯覚に捕らわれた。僕はつい「小公女セーラ」を思い出してしまった。辛いこと、いじめや迫害にあっても諦めず、頑張り通して最後には幸せになるというストーリーがこの作品とだぶったからだろう。子供と一緒に見るにはとてもいい作品だと思う。しかし、フェイギンをベン・キングスレーが演じているとは見た目ではわからなかった。すごい役者だ!

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

私は退屈でした、この映画。

投稿日:2006/07/02 レビュアー:パープルローズ

私は原作も読んだことがないし、過去の映画化もみていない。だから、このポランスキー版が初めての「オリバー」なのだが、ポランスキーにしては毒のない映画だなあというのが第1印象。

プラハだかどっかに巨額の費用をかけて作ったという、19世紀のロンドンのセットはそりゃ〜すごいですよ。「子供の人権」なんか存在しない時代、孤児というだけでどんなにひどい扱いを受けていたのかもわかったし。

オリバー役のバーニー・クラークは「かわいすぎる」という理由で、リース・ウィザースプーンの息子役を落ちたという経歴があるくらい、きれいな顔立ち。
でもこのオリバーくん、自分からはあまり行動をおこさず、ひたすら流れに身をまかせているだけで、なんだか魅力的じゃないのよね。顔がきれいで性格がよければ、誰かが助けてくれるみたいな感じで。
映画ではオリバーが孤児になる前のことは全く出てこなかったけど、すごくいいお育ちだったのでしょう。言葉使いがドジャーたちとは大違い。

フェイギンの悪役度も中途半端だし、展開もぬるくて、私はあまり心ひかれない作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

 

投稿日:2006/06/22 レビュアー:ぴぐぽぐ

憂いをたたえた瞳の美しいオリバー少年や、セットと思えないほどのロンドンの街も良かったけど、ベン・キングスレーが良かった!最初は彼だとはわかりませんでした。

偽善的な救貧院の人々、判事、警官、普通の農民も、だれも小さなオリバーを助けてくれない。あまりにも貧しくて、食べるだけで精一杯の時代、人に優しくすることは難しかったのでしょう。

そんな中でただ一人食べ物をくれて、服を着せてくれて、ベッドを与えてくれた人。ラストシーンは感動です。本当に悪い人間は誰なのか?

ただ、後半、話がオリバーからそれていって、大人たちの話になってしまったのが残念。
ドジャーなんか、すごく影が薄くて、もっと少年たちの心情を深く描いて欲しかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

名作小説を知る意味ではいいけど、眠気がハンパ無い!

投稿日:2010/04/24 レビュアー:みむさん

これ、学生時代にあればよかったなー。
(まあ、別の監督のがあったみたいですが)
そしたらもっと英文学の授業すんなり入ったかも(爆

ディケンズの名作を映画化したものですが、
2時間にわかりやすくまとまってます。

ゆえに、かなり端折っています。

「オリバーツイスト」の良さが
この映画で果たして伝わるかどうかは疑問ですが
さくっと名作のあらすじを知るには最適じゃないでしょうか?

広告では「感動作」とうたってますが、
感動する前に、ハンパ無い眠気が襲ってきます。
コンディションのいいときに見たら
素直に感動できたでしょうね・・・・。

そこだけ注意してご覧ください♪



このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全130件

オリバー・ツイスト

月額課金で借りる

都度課金で借りる