クレイマー、クレイマー

クレイマー、クレイマーの画像・ジャケット写真
クレイマー、クレイマー / ダスティン・ホフマン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

100

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「クレイマー、クレイマー」 の解説・あらすじ・ストーリー

8年目にして妻の自立心から破局を迎えた結婚生活。残された夫は幼い息子の面倒を見るのだが……。離婚と養育権という、現代アメリカが避けて通れない社会問題をハートウォームな人情劇を通して描いた80年の代表作品。ホフマン、ストリープ(助演女優賞)の他、アカデミー作品・監督・脚色賞を受賞。

「クレイマー、クレイマー」 の作品情報

製作年: 1979年
製作国: アメリカ
原題: KRAMER VS. KRAMER
受賞記録: 1979年 アカデミー賞 作品賞
1979年 ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)
1979年 NY批評家協会賞 作品賞
1979年 LA批評家協会賞 作品賞

「クレイマー、クレイマー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

クレイマー、クレイマー コレクターズ・エディションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 日本語・英語 英:モノラル
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD10038 2003年05月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
66枚 6人 4人

クレイマー、クレイマーの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:44:51 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
英語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2030年12月31日 23:59
レンタル:2030年12月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:100件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全100件

名優が演じた名作。 ヤバい、又レビューが長い・・・wネタバレ

投稿日:2009/08/12 レビュアー:pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

離婚って、今では結構良くある話で・・・

うちの両親も離婚していて、私も離婚経験者で・・・

うちの場合は母が私を女手一つで育ててくれました。

私の場合は子供が居ない時点で離婚をし、現在再婚、3人の子がいます。

私の仲の良い友人もかなりの人数が離婚をし、
その全てが子供を育てています。
そう、母親が育てていると言う事です。
再婚した友人も多くいますが、
現在も一人で育てている友人もいます。
その多くが、離婚後、手に職を持ち、子供の為に少しでも沢山のお給料を頂けるお仕事を求めます。
子供の将来の為を思っての事です。
私の友人の多くは、自慢できる事ではありませんが、私を含め、中卒、又は高校中退です・・・w
それでもがんばって高卒の資格を取り、専門知識を学び、しっかり手に職を持ち高給を得てる友人。全ては子供の為。

夫婦は結局は他人なんです。
結婚しても人間です。他の人を愛したりもします。
妻よりも仕事や趣味に夢中になる人もいます。
妻も同じ。
夫婦が結婚した頃のラブラブムードで、尚且つ夫は仕事もバリバリし、そして子供を授かり、家族仲良く末長く暮らす。それを100%嘘偽りなく保ち続けている夫婦がどれだけいるでしょうか?

理想と現実は違って当然です。


この映画のストーリーはみなさんご存知だと思います。
母親が子供と夫を残し、家を出て行き、夫が子供を必死で育て、
子供を捨てた母親が、やっぱり子供と暮らしたい、と言い、裁判に持ち込みます。
母親だって、父親だって、同じ親なんです。
同じ子供の親なんです。
どちらが子供にとって良いか・・・そんなのは・・・
裁判官が決める事じゃない・・・

子供にとっては、パパもママも大好きなんです。

クレイマーは、妻が出て行ってから、それはそれは一生懸命がんばっていました。当然ながらその後も一生懸命頑張るつもりでいました。
裁判は予想外の展開です。
妻が突然出て行ったのだって、予想外の展開です。
子供を育てながら働く事の厳しさも・・・

そんなクレイマーの気持ち、子供の気持ちを察した妻。

まるで事実の様な光景に感じた

こんな事が世界中のどこかでいつも起こっているんだろうなぁ・・・
なんて思って観ていました。

子供に辛い思いをさせちゃいけない。
子供にパパとママのどちらかを選ばせる様な事をしてはいけない。

私は不幸だとか、父親がいなくて寂しい、なんて思いをした事は幸いないのです。物心ついた頃から父親は居なかったから。
それでも今は会いたいと思う。

私の事を覚えているかな・・・
私の事を思い出す事はあるのかな・・・
会いたいと言ったら、喜んで会ってくれるだろうか・・・
なんて思う。。。

両親がいたから私は今生きている

両親はそれぞれ別の道を選んだとしても、子供にとっては
一生、親は親なんです。


そんな事を改めて痛感しました。
観ながらも、見てからも、自分の親の事、私の友人たちの事、そして、友人の子供たちの事等、色々考えてしまった。

この作品を過去に観たのは、一度や二度じゃないはず。
誰もが何度かは観てるんじゃないかな。

でも・・・メリルストープが奥さん役だったのは・・・
忘れてましたwww

色んな意味で、いろんな角度から観て、「再確認」出来る作品だと思う。
離婚を考えてる夫婦にとっては「再検討」出来る作品だと思える。


みんなみんなお父さんとお母さんがいたから生きている。

子供はみんなお父さんもお母さんも大好き。

子供にとっては一生血を分けた両親は二人しかいない。


とても良いストーリーです。

ダスティンホフマンの奮闘ぶり、
メリルストリープの複雑な心境、
子供の気持ち
とても良く画かれていると関心してしまった。


名優が演じた名作ですね。



                        pokorou

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

フレンチトースト食べたかったなーネタバレ

投稿日:2008/12/31 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

離婚を扱った作品は多々有るが、どれも辛気臭い夫婦同士の葛藤ばかり描いていて、例えラストがハッピーエンドでも、何か離婚が犯罪の様に描かれているものが殆どだが、この作品はほのぼのしていて、父親と息子の奮闘を時にはおかしく時には悲しく描いている。

ダスティン・ホフマンは本当に上手い、デニーロやアル・パチーノが感情の起伏を表すのに長けているのなら、この人は間違いなくそれを悟らせず、空気の様に自然にわたし達の感情に入ってくる天才である
父親テッドの初めはぎこちない朝食作りも、徐々に上手くなっていく過程と、息子ビリーの初めは混乱しテッドに当たっていた感情が落ち着いていく過程を、巧みにダブらせ表している
メリル・ストリープも二人に比べて出番は少ないが、息子への愛情とテッドへの今の気持ちの狭間で揺れる、母親そして一人の女性としての、どちらも引けない感情に翻弄される、彼女なりの戦いを上手く演じている。

物語はわざと起伏を無くし淡々と日常を映し出す、これは特別な話ではなく、自分が当事者でなくても、友人や周りに起きそうだと思わせる流れが絶妙で、ビリーが事故に遭えば涙し、終盤の調停シーンでは皆がテッドかジョアンナのどちらかに感情移入し、手に汗握っていた筈である
ラストのアパート下でのテッドとジョアンナの会話のシーンは
これ以上無い秀逸な名シーンで、お互いが未来に向かって、足かせにならない提案をするジョアンナに拍手である
決して円満解決では無いが、ビリーにとって今は父親の存在の方が大事であり、女である前に母親としての不甲斐無さと、これからの努力を見てほしいという、感情の表れで閉めたあたりは、重くなく爽やかな気分にさせる
本当に良い作品で、年齢問わず何か感じてもらえるはずである。

数年前に初めて知ったのだが、フレンチトーストって甘い玉子焼きの素をパンに沁み込ませて焼くんですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

親になって初めてわかる映画

投稿日:2005/06/20 レビュアー:パープルローズ

娘が英語の授業でみたそうで、質問されたのですが、またまた細かいところが忘却のかなたなので(私は健忘症か?)、かりてみました。
年齢を重ねると観かたが変わる映画の典型だと思いました。若い時にはそれほど感動もしなかったけど、自分が母親になってみると、やはり胸にせまるもののある映画です。

ひとつ思い違いをしていたのは、ジョアンナ(メリル・ストリープ)は自分のキャリアのために子供を捨てたのではなく、精神的に追い詰められて自分はいい母親ではいられないと思ったから子供を置き去りにしたのですね。
しかしどんな理由があったにしろ、子供の身になって考えると許されることではありません。「自分がいい子でなかったから、母親に捨てられた」と思っているビリーには泣けました。

離婚が法廷に持ち込まれると、中傷合戦、泥沼の争いになるのが普通ですが、この映画ではそうならなかったところがよかったです。離れて暮らすことでお互いの立場を思いやることができるようになったふたり。家族の再生を感じさせるエンディングだと思います。

特典映像も見ごたえあり。最近のDVD特典映像の中には、やたらとgreat!とかawesome!を連発していて、しらけることがありますが、ある程度評価の定まった映画でもあり、当時の撮影秘話も聞けておもしろかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ダスティン、メリル、そしてジャスティンに感謝!

投稿日:2004/04/06 レビュアー:しゃれこうべ

とにかく親子のやりとりがすごくリアルに描かれていると思った映画です。
離婚する夫婦の関係や、養育権を争う裁判などは十人十色だから、そこにリアリティは私は感じなかったのですが、
この映画に描かれている親子のやりとり(特に、子どもが小さい頃)は、絶対に誰しもが一度は経験していると思うようなやりとりだと思うんです。
だから、映画の中のこのファミリーにはすごく親近感が湧くんですね。

特に「あるある、こんなの〜」って思うシーンは、
幼いビリーがごはんを食べずにアイスクリームを食べようとして怒られるシーン。
これは親の立場からも、子どもの立場からも「あるある〜っ!」って叫びたくなるぐらい、リアルな場面です。
あと、ビリーがジャングルジムから落ちてケガをし、彼を抱えて病院までダスティン・ホフマンが全力疾走するシーン。
これも本当にスゴイと思いました。
確かに子どもを持つ親は、子どものためなら何でもする! って、最近親になった私も共感しまくったシーンでした。
他にも数々のリアリティを感じる場面がありました。

あと、このDVDで見逃せないのは特典映像。
結構最近になって作られたと思われる、出演者や監督へのインタビューはとっても貴重!
ダスティン・ホフマンがこの作品での演技のことについて語ってるのですが、かなりイロイロとアドリブをしたらしく、
ぐちゃぐちゃのフレンチトーストを作る有名なシーンはほとんどアドリブだったとか、他にもたくさんの秘話を語ってました。
さらに、この特典映像で、ジャスティン君が普通のオッサンになってしまってたところも見逃せませんでした(泣)。

とにかくこの作品。傑作です!
出演陣と監督に感謝!

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

抑制の効いた、大人のための名作。

投稿日:2012/06/30 レビュアー:ゆういちろう

大人の映画ですね。かつてのTV放映時なんかは、家族で泣ける感動作っぽいアオり方をしてた気がするんだけど、こりゃ子供には分かるまい。僕自身、ガキながらに泣く気まんまんでブラウン管の前に座ったものの、演出も展開もすごく淡白で、何に感動していいかも理解できなかった記憶があります。

この作品が本当に理解できるようになるのは、親世代になってからだろうなぁ。妻に逃げられた男と息子の触れ合いが軸になってるけど、基本的には大人の視点で綴られる物語です。最初はどう接していいかも分からなかった子供と、少しずつ距離が縮まっていくところは、観客側に(父)親的な視点があってこそ感動できるもの。
それと、親子の物語と同じかそれ以上に、他人同士が暮らす「夫婦」の難しさも描かれています。特に男ってのは、しっかり働いてるというだけで責任を果たしてる気になりがちだからね。気づいた時にはすでに手遅れ…なんて事も現実に少なくないようなので、身につまされます。

子供のころに感じた演出の淡白さも、大人になって観るとその良さに気づく。シリアスなテーマを扱いながら、深刻にも過剰にもなり過ぎない絶妙なサジ加減、とてもセンスがいいですね。

ちなみに本作は、1979年のアカデミー賞最優秀賞作品。こういうセンセーショナルでもない大人の現代劇がオスカーを獲ってた時代って、なんかちゃんとしてるなぁって気がします。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全100件

クレイマー、クレイマー

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。