トゥモロー・ワールド

トゥモロー・ワールドの画像・ジャケット写真
トゥモロー・ワールド / クライヴ・オーウェン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

297

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「トゥモロー・ワールド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類の未来を左右する一人の少女を巡る攻防に巻き込まれた主人公の運命をスリリングに描く。人類に最後の子供が誕生してから18年が経過した西暦2027年。原因がわからないまま子孫を生み出すことの出来なくなった人間には滅亡の道しかないのか。希望を失った世界には暴力と無秩序が際限なく拡がっていた。世界各国が混沌とする中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者の徹底した取締りで辛うじて治安を維持している。そんなある日、エネルギー省の官僚セオは、彼の元妻ジュリアン率いる反政府組織“FISH”に拉致される。ジュリアンの目的は、ある移民の少女を“ヒューマン・プロジェクト”という組織に引き渡すために必要な“通行証”を手に入れることだった。最初は拒否したものの、結局はジュリアンに協力するセオだったが…

「トゥモロー・ワールド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: イギリス
原題: CHILDREN OF MEN
受賞記録: 2006年 ヴェネチア国際映画祭 技術功績賞
2006年 LA批評家協会賞 撮影賞

「トゥモロー・ワールド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トゥモロー・ワールドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 吹き替え用 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBT70017 2007年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
71枚 1人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:297件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全297件

圧倒的な映像表現

投稿日:2010/01/28 レビュアー:ぶわつ

 手元にDVDがありながら、観られていない作品が今たぶん100タイトルを超えている。
 今年は、気合入れてどんどん観るぞ!と思っている。

 本作も、けっこう長い間眠っていた作品。

 正直、ストーリー、そしてそれが訴えていることはうまく汲み取れていない。
 当然のことかもしれないが、個人的には本作の世界観を実感することができないところに、いまひとつストーリーの部分に入り込めなかった原因があるのかなと思う。
 ただ、つい最近観たから余計に“2008年のインフルエンザ大流行云々”というくだりにかなり驚かされた。

 そしてそれ以上に素晴らしく、驚かされたのはやはり「映像」だった。
 とにかく、一見地味に見える場面でも駆使している撮影技術(もちろんCGではない)は相当なものと感じた。
 冒頭の爆発場面、車内のジュリアン・ムーアが撃たれる場面など印象に残るが、なかでも特筆すべきは多くの方が触れられているとおり、クライマックスの長回しの場面。とにかくこのロング・カットだけでも本作を観るだけの価値が十分にあると思える。
 ストーリーが面白い面白くない、わかるわからないなどという次元を超えて本作の映像は必見の部類に入る。本当に凄い。

 凄いといえば、『CHILDREN OF MAN』という原題、そしてストーリーをある程度知りながら、おそらく本編に登場する船の名前が「トゥモロー号」だということだけで『トゥモロー・ワールド』なんて妙な邦題を簡単につけてしまう配給会社のセンスがある意味相当に凄いと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映像メインだけど、考えさせられる映画

投稿日:2009/02/20 レビュアー:vanilla coke

おすすめ度★★★☆☆

なんとも灰色な世の中ですね・・・。
子供が誕生しなくなった世界なんて。

けど、後どれくらい先のことかは分からないけれど、
決してそんなことは起こらないとは言い切れない。

今だって『少子化』っていう問題が現実にある。
それはいまのところSF的な要素が原因ではないけれど、
灰色の嫌な感じの世の中ってことにはあまり違いはないかも・・・。
この映画でも『無子化』の原因を明言してはいないけれど、
やれ労働者のうちの何分の何%が非正規とか、やれ出産に対する社会や医療制度の不備が目立ったりなんて・・・そんな中結婚して子供作ろうなんて、なかなかそういう見通しが立てられない。。。今だって十分そういう世の中。

世界は目先のことよりももっと長いスパンでいろんなことを見据えた改革が必要なんじゃないかって、そんな取り留めのないことを考えさせられた映画だった。

近い未来に感じられる設定や世紀末感の漂う映像、息をのむテロや戦闘シーンは非常に工夫されていてよかったです。
ハリウッドが作っていたら、また全く違ったものになっていたでしょうが、これはこれでありかな、と。



このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いい映画です

投稿日:2007/10/13 レビュアー:だっさん

 いい映画でした。私は読んでませんが、原作が有るらしいです。この原作を映画化しようと思った時点で、普通に作ればよい映画になるのは、約束されたようなものです。

 ストーリーの中身は、くどくど言いません。まず、観て下さい。この重厚なテーマに合った、すばらしい音楽、映像も良かった。赤ちゃんを連れて階段を降りてくるシーン、戦闘をしていた兵士達も、銃を撃つのを止めて道を空けます。この場面は圧巻で、神々しさのようなものを感じました。

 子供が生まれなくなった世界というのは、どんなものなのでしょうか。想像もできません。やはり絶望的になってしまうのでしょうか。

 マイケル・ケインがあんな役をやるんですね。最初は誰か分りませんでした。また、ジュリアン・ムーアが意外とあっさり死んだのにはビックリしました。

 ラストは悲しみと希望の入り混じったものです。この終わり方が一番良いような気がしますが、ハッピーエンドでない分、ちょっと残念です。

 何で子供が生まれへんねん、とか突っ込んではいけません。先ほど書いた、死が支配する戦闘シーンと生の象徴である赤ちゃんが階段から降りてくるシーン、これを観るだけで、そんなものは吹っ飛んでしまいます。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

想像してください

投稿日:2007/08/17 レビュアー:スパ・スパ・アタミ

漫画雑誌の表紙がグラビアアイドルでは無くなってしまったら。
その理由が若者がいなくなったからという事だとすると。

日々登場するグラビアアイドルがいなくなってしまう世の中というのは恐ろしいです。しかし現在の少子化を考えると近い将来......。

この映画が描く未来はそういう事です。
それは食い止めなくては!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

少子化に、移民問題に、これってSFというよりも、今のヨーロッパ?

投稿日:2007/08/01 レビュアー:HankCrawford

冷戦終結で、「東」の移民が「西」に大挙押しかける。その不安と恐怖。少子化のなかでの、確実に再生産をつづける移民家族たち。郊外における移民に対する暴力、迎え撃つ移民暴動、人種差別、殺伐とした世相。よみがえる収容所の記憶....他方で、高度な文化政策、歴史的遺産の保存。何か社会の根本が歪んでいるようなヨーロッパの現在を、SFで表現するとこういうことになるのか。治安維持のおぞましさをここまでリアルに描くことができるのも、ヨーロッパならでは。「ヒューマン・プロジェクト」なんて普遍的な人権神話にしがみつくしかないというのも、やっぱりヨーロッパ。なんだか社会の教科書みたいな映画だけど、ここまでの自己解剖は、やっぱりたいしたものだと思う。あっぱれでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全297件

トゥモロー・ワールド

月額課金で借りる

都度課金で借りる