トゥモロー・ワールド

トゥモロー・ワールドの画像・ジャケット写真
トゥモロー・ワールド / クライヴ・オーウェン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

297

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「トゥモロー・ワールド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類の未来を左右する一人の少女を巡る攻防に巻き込まれた主人公の運命をスリリングに描く。人類に最後の子供が誕生してから18年が経過した西暦2027年。原因がわからないまま子孫を生み出すことの出来なくなった人間には滅亡の道しかないのか。希望を失った世界には暴力と無秩序が際限なく拡がっていた。世界各国が混沌とする中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者の徹底した取締りで辛うじて治安を維持している。そんなある日、エネルギー省の官僚セオは、彼の元妻ジュリアン率いる反政府組織“FISH”に拉致される。ジュリアンの目的は、ある移民の少女を“ヒューマン・プロジェクト”という組織に引き渡すために必要な“通行証”を手に入れることだった。最初は拒否したものの、結局はジュリアンに協力するセオだったが…

「トゥモロー・ワールド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: イギリス
原題: CHILDREN OF MEN
受賞記録: 2006年 ヴェネチア国際映画祭 技術功績賞
2006年 LA批評家協会賞 撮影賞

「トゥモロー・ワールド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トゥモロー・ワールドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 吹き替え用 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBT70017 2007年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
79枚 2人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:297件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全297件

星:2点ネタバレ

投稿日:2007/03/26 レビュアー:Miching Mallecho

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オススメではありません。
正直、かなり中途半端な作品というか、
撮影の仕方以外はB級映画ではないでしょうか。

ジャンルは近未来ものということで間違いありませんが、
SFかどうかというと、SFではないと思います。
フィクションですがサイエンスの面にはあえて踏み込まないようにしてます。
なんで子供が生まれなくなったのかとか、
なんで急に一人だけ妊娠したのか、ってことは観客の解釈任せ。

基本的には、SFではなく、「逃亡もの+運び屋」映画です。
クライヴ・オーウェン演じる元活動家・現アル中ダメダメ男「セオ」が、
まだバリバリ活動中の昔の恋人(ジュリアン・ムーア)に半ば強引に頼まれて、
妊娠8か月の移民少女を「ヒューマン・プロジェクト」という謎の組織に
なんとかして無事引き渡さなければいけなくなる、というお話。

はっきり言って、ドラマとしては盛り上がりに欠けます。
登場人物たちの台詞も取って付けたようでかなり不自然だし、
演技も目を見張るようなものはありません。
っていうか、いい役者さんに十分な時間が与えられていないような。
登場人物に対しては結構あっさりあっさりした映画なんです。

話としてはどうかというと、正直、あんまりおもしろくありません。
子供が生まれなくなったことが原因で荒廃していく世界
という設定は申し分ないんですが、
そこから展開するストーリーに新しさや驚きがありません。
かなり地味なお話です。

話の裏の意味というか、比喩とかパロディー・風刺としては、
ちょっと面白いかもしれません。
子供が生まれなくなって滅亡していく人類が
「最後の審判」に直面してると考えると、
キーの赤ちゃん(女の子、ってところが意味深ですが)が
キリストの再臨みたいでもあります。
また、ノアの方舟みたいなイメージもあります。
犬とか猫とかシカとかいっぱい出てくるし。
かなりキリスト教色が強いかもしれません。
「マトリックス」とか思いだします。

撮影の仕方はドキュメンタリー風です。
私はポール・グリーングラス監督の
「ブラディ・サンデー」みたいだと感じました。

クライヴ・オーウェンの出で立ちがよかったです。
すごく冴えないヨレヨレの格好してるんです。姿勢も悪いし。
話が進むにつれて更にヒドい格好になっていきます。
冬の戦場をビーチサンダルで逃げ回ったり、
未来なだけに2012年ロンドン・オリンピックのトレーナー(?)を
着せられちゃったり。

結論。
オススメではありません。
ほとんど印象に残らないB級映画だと思います。
パロディーや比喩としてなら多少楽しめるかもしれませんが、
ドラマとしても話としてもイマイチなので
つまらないと感じる可能性の方が高いのでは。
まあ、子供が生まれなくなった世の中で
赤ん坊を抱いて歩くシーンはそれなりの感動を呼ぶとは思いますが。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

すばらしいレビューがたくさんだわぁ

投稿日:2007/03/10 レビュアー:まるZONBI

なので映画を観た時の事なんぞをひとつ。

夫と劇場で観たのですがワタシが横で五月蝿かったようで、しまいに怒り出してしまいました。長撮りの銃撃シーンだの、各所で登場する動物だのと、分からなくてもほっといて欲しかったようです。そりゃそうです、反省・・・。でも夫ときたら、子供が産まれない世界という恐怖を分かってないっ!そんな中で突如奇跡のように出現したこの生命力溢れる赤ん坊・・・・感動しようよココでさ。寝ないでよラストでさ。男性(うちの夫だけか?)と女性では感じ方がどれほど違うか思い知らされ、この人とはアクションと時代モノだけ観にいこうと決めました。ええ、この心に硬く硬く!

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

技法に溺れてしまったような…。

投稿日:2013/01/24 レビュアー:ゆういちろう

もしも世界に子供が生まれなくなったら…。
着想が面白い。自分たちが生涯を全うするだけなら、そこまで困らないんですよね。でも人類に未来はない。
人は希望があるから生きていける、なんて申しますが、人間のイキモノとしての希望って、最終的には子供=生命を繋ぐことになるんだろうなぁ(自分の子供かどうかを別にしても)。
ソレのない世界が、急速に荒んでいくというのは確かに説得力があります。

そんな感心はしつつも、作品としてはあまりハマれませんでした。たぶん一番の要因は、本作の見所である長回し。
数分に渡るアクションを1カットで撮影する技術はすごいし(実際には複数のカットをCGでつなげているらしいが)、緊迫感を持続させる効果もまずまず上げています。でも見せ場すべてがこのパターンというのはなぁ。これ見よがしだし、途中から単調にも感じてしまいました。
いっそラストの戦闘シーンだけ長回しにしたほうが、メリハリが出たんじゃないでしょうか。

それにしてもジュリアン・ムーアは、相変わらず謎の出演作選び。まさかの○○○は、驚いたというより、むしろこの人らしいと思っちゃいました(笑)。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

愛おしきモノの声無き世界は地獄と化すネタバレ

投稿日:2008/10/06 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

将来に自分達の種子を残せない状況ではユルク種の滅亡の足音が聞こえて来る。
それは自らの文明と未来へ送るべき「言葉」が掻き消える事を意味する。
全ての人類はやがて老衰して死に絶える。
何一つ残せない。
何一つ。
人類は生殖する機能を失ったのだ。
それの原因が「兵器」によるモノなのか「環境破壊」によるモノなのかは分からない。
これで世界が恐慌を迎えない訳はないだろうと言う絶望的な未来の話。
いつも「草臥れた」感じのするクライブ・オーエンはやはり上手いんだと再確認出来る。
今回は役どころが風体がマッチしていたのだろうか?。
親友のマイケル・ケイン演じるジャスパーに全く退けは取っていない。
最愛の人を亡くして嘆く様や最後に母子を守る為に行う決死の行動等、共感を呼ぶシーンも多い。
SF映画なので仕方は無いが万人受けするとは言えないが作品の内容も濃く、手馴れた演者が仕事をしているので薄っぺらさは無い。

最近、夜遅くまで子供がウロウロしているのを良く見掛ける。
子供は夜に成長するのでは無いか?。
「親」は何をしているのだろう?。
情報過多や若年齢層の宵っ張りが進行する中、オトナに愛される「本当の子供」が少なくなり、オトナを尊敬出来ないコドモもどきが多くなった。
案外、近未来では無く現在に近接した「実話」なのかも知れない。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いまの私には理解できない世界もネタバレ

投稿日:2007/11/04 レビュアー:みみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 人類に生殖能力がなくなった世界・・・2027年。ってあとたった20年?
 でもそれほどありえない話には思えないところが怖い。
 世界最年少の少年の死に世界中の人々が落胆し、「彼の死があまりにショックなので早退します」なんていう冗談みたいな申し出が上司にもすんなり通っちゃいます。
 というような前置きをふむふむと理解した上で、物語は進んでいくのですが・・・。

 それにしては、人を殺しすぎじゃないでしょうか?“最年少”の少年や赤ちゃんはまるで神のように崇める世界なのに、そうじゃない人間(=大人)は殺してよいの?人類滅亡一歩手前なのに、人間ってそこまで愚かなものかしら?
 そしてイギリスは、確かに現在でも移民の流入にとりわけ厳しい国ですが、ここへきて鎖国のような排他政策を取るのは何故?生殖能力がなくなった理由は、人種や民族問題とは無関係なはずじゃ?
 そもそも生殖能力を完全に失ってしまった人類に性欲ってあるのかな?恋愛自体が成り立つのでしょうか?この世界。。
 とまあこんな調子で、自分の思い描く世界と、映画に描かれている世界に少しずつ微妙なズレがあり、何となく違和感を感じたまま、結局最後まで埋まりませんでした。

 原題の「CHILDREN OF MEN」は、私たち現代人にとっての未来人のことも示してるんでしょうね。
 確かに“結婚して子供を産むのが当たり前”だった私たちの親の世代からしてみれば、今の私たちって理解不能なのかもしれない。でもこんな世の中、子供を安心して産めないのも事実。経済力もついてようやく子供でも作るかという年齢では、今度は体の方に問題が出てきたりするし。(これは他人事ではないのです。)

 私たちが子供たちにどういう教育をし、彼らにどういう社会を残すかによって、私が映画で感じた「理解できない世界」もあながち嘘じゃなくなってしまうのかもしれませんね。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全297件

トゥモロー・ワールド

月額課金で借りる

都度課金で借りる