トゥモロー・ワールド

トゥモロー・ワールドの画像・ジャケット写真
トゥモロー・ワールド / クライヴ・オーウェン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

297

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「トゥモロー・ワールド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類の未来を左右する一人の少女を巡る攻防に巻き込まれた主人公の運命をスリリングに描く。人類に最後の子供が誕生してから18年が経過した西暦2027年。原因がわからないまま子孫を生み出すことの出来なくなった人間には滅亡の道しかないのか。希望を失った世界には暴力と無秩序が際限なく拡がっていた。世界各国が混沌とする中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者の徹底した取締りで辛うじて治安を維持している。そんなある日、エネルギー省の官僚セオは、彼の元妻ジュリアン率いる反政府組織“FISH”に拉致される。ジュリアンの目的は、ある移民の少女を“ヒューマン・プロジェクト”という組織に引き渡すために必要な“通行証”を手に入れることだった。最初は拒否したものの、結局はジュリアンに協力するセオだったが…

「トゥモロー・ワールド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: イギリス
原題: CHILDREN OF MEN
受賞記録: 2006年 ヴェネチア国際映画祭 技術功績賞
2006年 LA批評家協会賞 撮影賞

「トゥモロー・ワールド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トゥモロー・ワールドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 吹き替え用 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBT70017 2007年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
71枚 1人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:297件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全297件

ストーリーを「弱い」と感じるか、「蛇足」と取るか。

投稿日:2007/04/26 レビュアー:旭竜

「人類が生殖能力を喪失」という設定は斬新でした。
現在の少子化を極端に表現したものと言えるかもしれませんね。

人類の存亡に係わるストーリーなので、社会や国や組織が絡み、もっと大きなスケールで展開していくのが自然だと思います。
しかしアルフォンソ・キュアロン監督は「人類になぜ子供ができなくなったのか」「ヒューマン・プロジェクトとは何なのか」という娯楽作として面白くなりそうな要素をバッサリ切り捨てています。

主人公は、謎を解き明かすことも、未来のために戦うことも無く、先々で出会う人に翻弄されながら、ただ危険から逃げることしかできない。そんな生身の人間の目線で描いています。

軍隊とテロリストが一般市民を巻き込んで激しい銃撃戦を繰り広げる中、たったひとりの赤ん坊の存在が誰もが持ち合わせている共通の人間性を呼び起こし、戦闘を止めてしまう。
このシーンは映画史上で語り継がれていくことでしょう。

娯楽性を望むなら観ない方がいいのでは。
しかしそんな映画を望む人にも薦められずにはいられない作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

すさまじい絶望と圧倒的な希望

投稿日:2007/04/26 レビュアー:ホソミー

映画は面白くなくてはいけないと思うけれど、この映画は決して面白い映画ではない。けれどあえてこの作品に限ってはこれでいいのだと思う。全ての人類への警鐘であるからだ。
面白さよりもむしろ恐怖と絶望に満ちたこの作品から目をそむけずに沢山の人に観てほしいと思う。

自分がもし寿命をまっとうできたとしても、その数年後あるいは数十年後に確実に人類が滅亡するとしたら世界がどんな経過をたどるのか、その悲しみと絶望に満ちた世界を残酷なまでにリアルに描きだした。
絵空事ではない、ひょっとしたら現実になるかもしれないおそろしさ。げんに不妊女性や早産するケースは年々増加している。
滅亡への時間を生きている人々には自殺薬が政府から支給されたり、内戦では犬死のようにすさまじい勢いで人が死んでいく。
反政府組織であっても、政府の兵士であっても死んでいくことに理由は必要でなくなっている。
命の価値の著しい低下。
生きようとしない人々。
そこまで人類を追い詰めているのは絶望だ。逃れようのない絶望に人の心は耐えられないのだ。
そこにたった一人の赤ちゃんが生まれる。
人類全ての奇跡であり、希望だ。
赤ちゃんの鳴き声がこれほど心癒した映画はないだろう。
映画が終わったら公園に走っていって子供達が遊ぶ姿を見たいと思ってしまった。
子を持つ立場としても思うのだけど、自分の人生はいつ寿命を迎えてもいい。そう思えるのは子供がいてそこに未来があると信じているからだ。どの国の子供であっても誰の子供であってもいい。子供は皆で愛し大切にしましょう、ねえ、みなさん。





このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21世紀の映画の誕生

投稿日:2007/04/10 レビュアー:横浜のタマ

リアルで暴力的でかつ美しい映像に揺さぶられますね。冒頭のテロのシーンからもうずっと興奮で引きずられっぱなしで、やがて小さな小さな生命をめぐり壮大な世界観へ浮遊させられるのがなんとも気持ちよいです。
少女が赤子を抱いて乗り込もうとしているトゥモロー号は陰鬱だけど近未来のさらに未来への心もとないかけはしで、なにげないシークエンスに見えるのに今まで映画で体験したことのない世界が開けてゆくような高揚感にみまわれます。
セオやジャスパーのような死を受け入れられるか?と映像の強靭さとは裏腹に押し付けがましくなく静かに静かに問うてくるのがラストに効いてきます。
強度のある臨場感あふれた映像と大きなテーマで日々減りつつある脳細胞がリフレッシュしたような気がしました。
若い世代には意外と分かりづらいみたいでちょぴりでもシネフィルと覚えのある特に中高年の人にお勧めします。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

想像力が貧困〜ミステリーのデカダンス風味は味がよろしくないネタバレ

投稿日:2007/03/31 レビュアー:aiai

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

舞台の状況設定を2027年にしてるわりには、原作の出版が1990年代とそんなに離れてなくて、当時から少子化という問題がイギリスでもタイムリーであったことから、SFとはいいながらも、本当のところ、著者は社会的な問題を描きたかったんでしょうね。

イギリスといえば「ゆりかごから墓場まで」という手厚い社会福祉政策が有名ですが、映画では、未来の政府が老人向けに「自殺薬」を配布しているという設定があって、あれはまさに、墓場までのいたれりつくせり政策という(笑)、政府への皮肉というよりパロディです。

想像力が貧困というのは、人類が子供を「生まない」のではなく、「生めない」とするところにあります。問題にすべきなのは、前者の「生まない」であって、「生めない」ではないです。後者は実際に苦労されている方は、ボクの知り合いにもいますが、必ず医学の進歩で解消に向かいます。

少子化の社会問題は、生めるのにもかかわらず、「生まない」ところにあります。また、高齢者の自殺も問題ですが、若年層の自殺はもっと問題です(悲しいかな日本でも多くなってきてます)そういう点で、本作、近未来が舞台のわりには、現状とのギャップがあり、問題設定にズレがあります。

また、この映画、いたるところの「なぜ?」を説明してませんが、その説明しない手法こそが、ミステリーなのであって、ミステリー大国をあなどってはいけません。

以上、総括するとやはり、本映画はれっきとしたミステリー。しかしながら、想像力が貧困でズレたテーマ設定と、デカダンス風味の味つけが、なんともしれない中途半端な作品になってしまったという感想です。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

起こりうる現実のようにリアルに胸を打つ

投稿日:2007/03/29 レビュアー:花ちゃん

こどもの生まれなくなった20年後。世界は混乱荒廃し、人々は希望を捨てていた。
近未来SFだが、同じく世紀末的状況を描いた「アンビリーバブル」などよりはるかに心に迫ってくるし、「ウォーターワールド」や「ポストマン」などより混乱振りが現実的だ。今よりあと2−3年でインフルエンザが大流行し、セオとジュリアンのこどもが死ぬことになるのだが、その筋によると、そうなる(新型インフルエンザの大流行)確率はとても高いらしい。9.11風の話も出てきて、もうすでにこの映画の一幕は始まっているように不安を誘う。政府高官のオフィスのなどで時に映る現存の絵画や彫像を見せることもその効果を挙げている。
この映画は空想の世界ではなく、起こりうる現実のようにリアルに胸を打つ。

マイケルケインが演じている隠遁老人がとてもいい。最後、身を捨ててセオたちを逃がそうと、不自由な妻の最期を決意する深刻な役だが、ユーモアがあり、朗らかさと包容力のある哲学者だ。運命と信念の話は興味深かった。

うちにはこどもが三人いるが、皆でっかくて「食欲は旺盛、靴はサイズがない。全く不経済で地球に優しくない、非常時に生き残れない人間。」と私から評されているが、そんな不謹慎なことを言うのはやめにする。将来を夢見ていられる毎日が続きますように。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全297件

トゥモロー・ワールド

月額課金で借りる

都度課金で借りる