トゥモロー・ワールド

トゥモロー・ワールドの画像・ジャケット写真
トゥモロー・ワールド / クライヴ・オーウェン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

297

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「トゥモロー・ワールド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類の未来を左右する一人の少女を巡る攻防に巻き込まれた主人公の運命をスリリングに描く。人類に最後の子供が誕生してから18年が経過した西暦2027年。原因がわからないまま子孫を生み出すことの出来なくなった人間には滅亡の道しかないのか。希望を失った世界には暴力と無秩序が際限なく拡がっていた。世界各国が混沌とする中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者の徹底した取締りで辛うじて治安を維持している。そんなある日、エネルギー省の官僚セオは、彼の元妻ジュリアン率いる反政府組織“FISH”に拉致される。ジュリアンの目的は、ある移民の少女を“ヒューマン・プロジェクト”という組織に引き渡すために必要な“通行証”を手に入れることだった。最初は拒否したものの、結局はジュリアンに協力するセオだったが…

「トゥモロー・ワールド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: イギリス
原題: CHILDREN OF MEN
受賞記録: 2006年 ヴェネチア国際映画祭 技術功績賞
2006年 LA批評家協会賞 撮影賞

「トゥモロー・ワールド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トゥモロー・ワールドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 吹き替え用 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBT70017 2007年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
71枚 1人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:297件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

21〜 25件 / 全297件

P.D.ジェイムズ原作というのが意外でした

投稿日:2007/04/16 レビュアー:カプチーノ

凄いレビューがあるようなので気が引けますが、少しだけ感想を。重苦しさに押しつぶされそうになった映画でした。マイケル・ケインはさすがに、いい味だしていますね。彼のこの役がなかったら、暗すぎて後味の悪い映画になっていたでしょう。主人公同様、マイケル・ケインに救われました。もうひとり、主人公達を助ける謎のジプシー風の女性も好感がもてました。何とか生きのびろと、この女性を一番応援しました。
設定の妙、すさんだ怖いぐらいに現実味のある未来描写、スピード感もあって、そこそこ観ているときはよかったのですが、後で振り返ると、むなしさが残る。マイケル・ケインを殺さないで欲しかった。子供が生まれたシーンも感動しませんでした。なぜか違和感がありました。緊迫感、臨場感、先の読めない展開と評価が高いのは納得できますが、希望がたったひとりの子供なんて暗すぎて、好みの映画ではありませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

瓦礫の中で産み落とされた、今にも消えそうな希望ネタバレ

投稿日:2007/04/13 レビュアー:akira

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

先ず、レビューの多さに吃驚。
そして、そのレビューの極端さに又吃驚。
いや〜、見事に賛否両論別れていますねぇ!
こんなにはっきりと別れたのは「ニュー・ワールド」以来ですね!
私としては、「ニュー・ワールド」は駄目でしたが、この作品は凄く気に入りました。

よく耳にする「子供達の未来の為に」等というキャッチフレーズでも解る通り、「子供」というのは一番解りやすい「未来」の象徴だと思います。
未来そのものである「子供」が生まれなくなった世界は、ゆっくりと、だが確実に「閉じていく」世界であると思います。
その「閉じていく世界」の表現が、とても素晴らしかった!
抑えた色彩、荒廃した街並み、虚ろな表情の人々・・・。
主人公セオの、まるで全てを諦めてしまったかのような目。
そんなセオの目の前で産み落とされた、小さな小さな命。
今にも消えそうなその希望が、「閉じていく世界」に微かな罅を入れます。
その罅を拡げる為に、人々は死んでいきます。
戦場に響き渡る泣き声の、何と希望に満ちている事か!
この「希望」が消えてしまわない事を、祈らずにはいられないエンディング。
何となく、キリスト教的世界観を感じました。

主演のクライヴ・オーエン、私の好きな俳優さんです。
よれよれの服、ボサボサの髪、無精髭。
かなり汚らしい格好ですが、私には地上に遣わされた天使のように見えました。
だから、使命を終えた彼は、天に還って行ったんだと思えてならないのです。
夢見すぎ?

作品の評価としては「とても良く出来ました」。
映画の技法的善し悪しや、監督の意図する所等、私にはサッパリ解りませんが、純粋に心に響きました。
何時にも増して、娘達の寝顔が愛おしく思えます。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

子供の生まれない世界

投稿日:2007/04/01 レビュアー:パープルローズ

レビューを読むとかなり評価が分かれているようですね。これほど分かれるのは「ニューワールド」以来でしょうか?
私はこの作品、なかなか好きです。
たとえば「地球を救うためにどこかの惑星にドリルで穴を開けに行く」みたいな、荒唐無稽かつ意味不明の話ではなく、子供が生まれなくなってしまう未来という、いかにもありそうなそれでいてかなり深刻なテーマを扱ってるところがいいと思います。
もし子供が生まれなくなってしまったら、いかに殺伐とした希望のない世界になってしまうか。キュアロンの描く近未来には、もしかすると本当にこんな未来が来るかもしれないという恐ろしさがありました。
そんな中、子供を抱くキーのために道を空ける兵士たちの姿はどこか荘厳でした。
セオとキーが逃げるシーンはものすごい臨場感。ほんとにドキドキしました。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「運命」か?「信念」か?

投稿日:2007/06/11 レビュアー:ひろぼう

近年のSF近未来物とは、一線を隔す秀作でした。

ネタ的には、子供の生まれなくなった絶望感漂う近未来社会においての、政府と反政府組織の戦いという、どこかで観たか・聞いたかした内容なのですが、画像が素晴らしいため、ストーリーにグイグイ引き込まれます。
暗く・ざらついた感じの画面で、薄汚れた都市部、激しい戦闘シーン、退廃的な収容所、等が、圧倒的なディティールを持って画かれています。(車の外観は何ていうか・・おもしろいんですが)
細かな「?」は、あえて監督は説明してません。逆に、気にしないでストーリーを追えば、監督のメッセージが届くような気がします。

主人公の彼は、結局、何をもって彼女を船に乗せようとしたのでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

種の黄昏、閉塞感、希望ネタバレ

投稿日:2007/06/01 レビュアー:いつも眠たい馬

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冒頭の爆破のシーンで一気に引き込まれ、最後までこの映画に没入しました。
ところが、困ったことにそこまで僕を夢中にさせた理由が良く判らないのです。この映画のテクニックについては皆さんが褒めておられるところを見ると凄いのでしょうが、僕は映画技法には疎く、その理解のために努力する気もありません。長回しなんて人に言われないかぎり自分で気付くことはまずありません。。優れたテクニックは、それを理解できない者にも影響を及ぼす、というよりそのためのものなのでしょうから当然なのかも知れませんが。

状況の背景、意味を求めるレビューもけっこうあるようですが、この映画の場合には、単にこの状況をあるがままに受入れれば良いと思います。そんなことは我慢できないと言われるとどうしようもないのですが。
種の黄昏、時代の閉塞感、そして微かな希望、そんなところでいいんじゃないでしょうか。
魅力という点では、最近見たDVDのなかでは「リリス」に次ぐものでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

21〜 25件 / 全297件

トゥモロー・ワールド

月額課金で借りる

都度課金で借りる