トゥモロー・ワールド

トゥモロー・ワールドの画像・ジャケット写真
トゥモロー・ワールド / クライヴ・オーウェン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

298

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「トゥモロー・ワールド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類の未来を左右する一人の少女を巡る攻防に巻き込まれた主人公の運命をスリリングに描く。人類に最後の子供が誕生してから18年が経過した西暦2027年。原因がわからないまま子孫を生み出すことの出来なくなった人間には滅亡の道しかないのか。希望を失った世界には暴力と無秩序が際限なく拡がっていた。世界各国が混沌とする中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者の徹底した取締りで辛うじて治安を維持している。そんなある日、エネルギー省の官僚セオは、彼の元妻ジュリアン率いる反政府組織“FISH”に拉致される。ジュリアンの目的は、ある移民の少女を“ヒューマン・プロジェクト”という組織に引き渡すために必要な“通行証”を手に入れることだった。最初は拒否したものの、結局はジュリアンに協力するセオだったが…

「トゥモロー・ワールド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: イギリス
原題: CHILDREN OF MEN
受賞記録: 2006年 ヴェネチア国際映画祭 技術功績賞
2006年 LA批評家協会賞 撮影賞

「トゥモロー・ワールド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トゥモロー・ワールドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 吹き替え用 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBT70017 2007年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
68枚 1人 6人

関連作品

ユーザーレビュー:298件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全298件

映画史に残るクライマックス

投稿日:2007/03/29 レビュアー:ケチケチ

ただ単に長いワンカット長回しじゃ勿論無いです。おそらく映画史に残るほどの物を訴えるクライマックスではないかと思います。
「なぜ子供が生まれない?」「なぜこんな世界に?」「結末は?」などということは、全くどうでもいいことで、観客が想像すればいいこと。そんなことを説明しだした途端に、映画はつまらない方向に落ちてしまいます。細かいことは気にせずに、この物語の流れや映像から何かを感じ取ればそれで十分なんじゃないでしょうか。

賛否両極端のレビューが連なりますが、頭から切り捨ててしまうには余りにももったいない映画だと思います。ほどよいストーリー性もありますし、過剰な説明に凝り固まった娯楽映画でもない。そのバランス感覚も評価したい映画です。

ハリウッド的娯楽作品こそ映画と断定する方にはお奨めしませんが、映画の柔軟性や可能性という面に寛大な方にはお奨めの作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

監督の目指したドキュメンタリー・タッチが素晴らしかったネタバレ

投稿日:2007/03/27 レビュアー:オタエドン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

出だしの衝撃爆発音に、もうビックリ!!!そのまま、ガッチリと映像世界に引きずられていってしまった。

「アルジェの戦い」の映像創りをお手本にしたとか、自然な画面が反って新鮮に感じられました。

作品内容の細かい事は、もう皆さんが語りつくされていますね。
すばらしいレビューの数々に感銘を受けています。

後半の兵士達が、しばし戦闘を止め、奇跡の子供を見つめるシーンは、共感と共に、涙腺が潤んでしまった。
少子化が問題になる最近、決して他人事には思えない未来図かも。

masamuneさんと同じく、この題名の命名には、反対を叫びたい。原題を生かしてほしかった。最近のカタカナ名は苦手。
題名だけで、パッと閃かなくなった今日この頃な感じです。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

気をつけろ!油断してると撃たれるぞ。

投稿日:2007/03/22 レビュアー:spider

こりゃいかん。よくある、世界観を描くタイプのSF映画かと思って気楽に見始めたら全く違った。

何だこの地味さ加減は?それなのに何だこのリアルさは?油断してると見てるこっちが脳みそぶち抜かれるような緊迫感は?

ポップコーン片手に見るには不向きな映画だ。観客であるはずの自分が、主人公と同じ戦場に放り出され、銃火にさらされてる気分になる。

そして、最後まで、何の詳しい説明も与えられず、謎解きもなされず、しかも、見る側の見識が問われてる気がする不愉快な映画だ。

普通にエンターテインメントを期待する方は見ないほうが吉。
ぬるま湯に慣れた心にガツンと衝撃を受けたい方は必見。


このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

決して面白い作品ではない。ネタバレ

投稿日:2007/04/16 レビュアー:Bikke兄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

レビュー題名は、ある意味、誉め言葉であります。

子供が生まれない、未来を形成していく世代が不在である事の無常な世界感を全編に渡って描写しています。
官僚達の高級感のある住居、対して英国人ではない異民の荒廃した世界とのギャップ。貧富や人種差別、そしてナチを彷彿とさせる収容所。
その世界は2027年の近未来が設定とはいえ、これまで歩んできた世界の縮図であり、正に現代社会の抱える病理がそこには集約されています。
2008年のインフルエンザで…なんてくだりは、ありえそうな状況であり恐ろしくリアルを感じてしまいます。

見所であり、やはり圧巻なのは、クライマックスの市街戦でしょう。1シーンで撮ったという映像は、まさに戦地に出向いたジャーナリストの目線であり、迫力を通り越して恐ろしさを感じてしまいます。
このシーンを観るだけでも価値のある作品。映画史上に残るシーンではないでしょうか。

人種差別、宗教差別、紛争、少子化、新型ウィルス等々テーマを沢山ちりばめ、プログレで飾って、最後にはtomorrowという名のノアの箱舟。
宗教的、哲学的な意味合いの深い、SFという枠では語りきれない109分の大作であります。

大失敗だったのは、身体共に疲れきった夜に鑑賞した事。
重くテーマが圧し掛かってくる。
観る側の感性や社会意識を問うてくる。
あえて結論を出さずに強烈な映像だけで判断を観る側に委ねる。
殺人シーンはエンターテイメントを除外したリアルな描写。
疲れた状態で鑑賞する事はお薦めしません。
体調の良いときにあらためて再見したい作品です。

そして、あえて言います。この作品、観る側大半からの酷評をあえて想定しているかのごとき、製作者の自己満足的確信犯作品だと思います。
多くの酷評の方々の意見、決して間違っていないと思いますよ。
★★★★

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

テーマは命

投稿日:2007/09/20 レビュアー:ポッシュ

 人類が絶滅の危機に瀕している世界を描いたドラマ。
 
 なぜ人が不妊になったか、その理由は分からない。画面のあちこちにやたらと動物が登場するのは、奴らはしっかり繁殖能力を保っているという証拠。どうやら環境の問題ではなさそうだ。これは人間だけが背負った“業”。最後の審判がくだったということか。

 主人公セオ(クライブ・オーウェン)の友人、ジャスパー(マイケル・ケイン…この人はホント素敵なじいさまですなぁ)が語る「信念」と「運命」という2つのキーワードが心に響く。セオはある運命によって心に傷を負い、以来、信念を捨ててしまった男。対する、彼の元妻(ジュリアン・ムーア)は辛い過去を乗り越えて、今もなお信念を持って戦っている強い女性。彼女との再会によって、セオは失っていた信念を取り戻し、行動を起こす。彼女から託されたのは若い妊婦だ。無事に安全な組織に送り届けなければならない。未来の見えなかったこの世界に、新しい命が誕生する…! セオはやっと希望を見出せたのだ。

 不法入国者は厳しく取り締まられ、アウシュビッツのような収容所にぶち込まれるトンデモない社会。絶滅の危機に瀕しているというのに、同じ人間の命に対してあまりにも不遜な兵士たち。反政府組織にしても自分たちの大義名分のために堂々と爆破テロを行い、多くの命を奪う。妊婦を組織で匿おうとするのも、赤ん坊を政治的な切り札として使おうとしているだけだろう。誰もかれも、“命”を尊ぶ気持ちが微塵もない。なんてイタイ未来なのか…。

 いや、これは未来の話ではない。今のこの世の中でもテロや戦争で多くの命が犠牲になっているではないか。この世界が未来永劫続くと信じて疑わないから、人間は「よりよい未来のため」と正義を通そうとする。それがたくさんの命を奪う行為であっても、“一時の犠牲”として割りきるのだ。「原爆は結果的に戦争の終結を早めたから、それで数百万の命が助かった」と某国の人たちは言う…。

 この作品は、「じゃあ、もし、もう人間に未来はないとしたら?」と問題提起している。私たちはどう生きればいいのか?と。それでも命を奪い合うのか?と。

 最後にセオは使命を果たす。「信念」が「運命」に打ち勝った。
運命に負けてはいけない。強い信念を持っていれば、いつかきっと未来は開く。そう強く語っていると感じた。涙しました。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全298件

トゥモロー・ワールド

月額課金で借りる

都度課金で借りる