トゥモロー・ワールド

トゥモロー・ワールドの画像・ジャケット写真
トゥモロー・ワールド / クライヴ・オーウェン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

298

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「トゥモロー・ワールド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類の未来を左右する一人の少女を巡る攻防に巻き込まれた主人公の運命をスリリングに描く。人類に最後の子供が誕生してから18年が経過した西暦2027年。原因がわからないまま子孫を生み出すことの出来なくなった人間には滅亡の道しかないのか。希望を失った世界には暴力と無秩序が際限なく拡がっていた。世界各国が混沌とする中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者の徹底した取締りで辛うじて治安を維持している。そんなある日、エネルギー省の官僚セオは、彼の元妻ジュリアン率いる反政府組織“FISH”に拉致される。ジュリアンの目的は、ある移民の少女を“ヒューマン・プロジェクト”という組織に引き渡すために必要な“通行証”を手に入れることだった。最初は拒否したものの、結局はジュリアンに協力するセオだったが…

「トゥモロー・ワールド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: イギリス
原題: CHILDREN OF MEN
受賞記録: 2006年 ヴェネチア国際映画祭 技術功績賞
2006年 LA批評家協会賞 撮影賞

「トゥモロー・ワールド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トゥモロー・ワールドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 吹き替え用 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBT70017 2007年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
68枚 2人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:298件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全298件

人類の滅び方ネタバレ

投稿日:2007/04/03 レビュアー:trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ノストラダムスの予言を信じていたころ、人類はドバッと滅びるだろうと思っていましたが、実際には静かに朽ちていくのでしょう。
この映画のように、日本ではもう子供が生まれてこなくなってくるので、まもなくこの国は滅びるのでしょう。
しかし、子供が生まれてくるまではそういう考え方だったのですが、実際子供がいると、この子たちがいる間は楽しい世の中であってほしいとも思います。
ラスト、赤ちゃんにゲップをさせるところは親の気持ちになってしまいました。児童虐待、いじめなど目の前にはいやなことばかりだけども、自分の目の届く範囲では幸せになっていくよう頑張りたいです。
終末映画好きはぜひ。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

倫理SFの傑作

投稿日:2007/04/02 レビュアー:もっち

大味なSFを期待して鑑賞し始めるも、良い意味で思っていたのと違って面白かった。
映像もいい感じなんだけど、何気に20世紀中に於ける世紀末感覚っぽい未来描写で、これは最近見てないタイプで懐かしい感じ。
いや、昔こういうタイプのB級映画って多かったような感じがするんだけど、ちゃんと映像が現代の技術で見せてもらえるのが楽しめた要因。
人の命は尊いということは平和に暮らしている我々には至極あたりまえなんだけど、映画の中でドンパチやってるテロリストや兵士達赤ん坊の泣き声で攻撃を中断しするシーンに「ハッ」とするメッセージを感じました。

この映画にも流れるジョン・レノンを連想する風貌で、指を引っ張ると放屁するマイケル・ケイン演じるジャスパーのキャラと、汚い犬を抱いたマリカが好きなキャラでした♪
映画は映画、僕の考えでは混沌とした暴力と無秩序の世界というのは、平和に生きている我々の恐怖を煽るようこの手のSFにたびたび使われるシチュエーションだが、もし本当に子供が生まれない世界で人類が段々と年老いていくだけだったりするならばきっともっと「無気力」な世界だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

理解に苦しむ・・。

投稿日:2007/03/25 レビュアー:ランドティピー

近未来の世界って事なんだけど・・どうにも理解できない部分が多すぎる。何故、生殖能力が突然失われたのか?何故、英国だけが秩序を保てるのか?他の国はどうなっているのか?あまりに突飛な内容の割りに暴力や反政府組織との抗争は、コッテコテにアナログ的で、近未来じゃなかったっけ?と問いかけたくなる。全体的に重たい雰囲気とダークな描写で少し息苦しささえ感じてしまった。想像していた近未来SFとは違って案外ベッタベタの作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最近では一番の秀作

投稿日:2007/03/23 レビュアー:ぱ〜る

これは最早、近未来ではなくて、現在の話ではないだろうか。
2008年のインフルエンザの大流行…来年ではないか。
その事が関係しているのかどうかは不明だが、世界は急激に滅亡し始め、人間は生殖能力を失う。

この映画の中には、現在の危機が全て詰まっていると言って良い。少子化・病の流行・自殺・うつ・テロ・紛争…。
そしてそれらがあらゆる揶揄や皮肉のモチーフとなって、映画自体を構成している。

赤ん坊はその頂点で、光り輝いて描かれている。
現代の生と死。

音楽もいい。
願わくば子守唄が、実世界で永遠に止まぬことを…。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

子供は社会の宝物

投稿日:2007/12/18 レビュアー:さむこ

設定が、自分も恐らく生きていると思われる近未来なのが、リアルに恐怖を感じて良い。
恐ろしい世界だけど、ありえないとは言いきれないところが身近な問題だと感じさせてくれる。

最初は子供がいない世界というのに違和感を感じていたのに、いつのまにか赤ちゃんの泣き声に感動し、はらはらして見ている自分に驚いた。

しかも、そのタイミングで寝てる子供が泣いたもんだから、駆けつけて思わず抱きしめてしまった。
ちょうどすごいワガママっぷりにがっくりきてる時だったから、原点に帰れた感じで、いいタイミングでこの映画を見れたと思う。

しかし、あまりにも無意味に人が死にすぎる。
子供はもちろん大事だけど、大人だって人間だ。
大人だって、昔は赤ん坊だったのだ。
あそこまで残酷に、簡単に人が死ぬことを描く理由はなんなのだろう?

この映画を見て、子供は個人だけでなく、社会の宝物だと思う人が増えるといいとは思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全298件

トゥモロー・ワールド

月額課金で借りる

都度課金で借りる