トゥモロー・ワールド

トゥモロー・ワールドの画像・ジャケット写真
トゥモロー・ワールド / クライヴ・オーウェン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

297

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「トゥモロー・ワールド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類の未来を左右する一人の少女を巡る攻防に巻き込まれた主人公の運命をスリリングに描く。人類に最後の子供が誕生してから18年が経過した西暦2027年。原因がわからないまま子孫を生み出すことの出来なくなった人間には滅亡の道しかないのか。希望を失った世界には暴力と無秩序が際限なく拡がっていた。世界各国が混沌とする中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者の徹底した取締りで辛うじて治安を維持している。そんなある日、エネルギー省の官僚セオは、彼の元妻ジュリアン率いる反政府組織“FISH”に拉致される。ジュリアンの目的は、ある移民の少女を“ヒューマン・プロジェクト”という組織に引き渡すために必要な“通行証”を手に入れることだった。最初は拒否したものの、結局はジュリアンに協力するセオだったが…

「トゥモロー・ワールド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: イギリス
原題: CHILDREN OF MEN
受賞記録: 2006年 ヴェネチア国際映画祭 技術功績賞
2006年 LA批評家協会賞 撮影賞

「トゥモロー・ワールド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トゥモロー・ワールドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 吹き替え用 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBT70017 2007年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
79枚 2人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:297件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全297件

45pts/100ptsネタバレ

投稿日:2007/07/16 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

描き方によっては、かなりの高得点をねらえる
題材だと思う。

子供ができなくなった世界。

この着想自体、
めちゃくちゃ斬新ってわけではないが、
まだ、この着想で、成功したといえる物語はないと思う。

原作を読んでないので、
そのあたり、どうなのかわからないが、
とりあえず、この映画に関しては、
まったく、説得力がない。

だれしも思うことだろうが、
なぜ、子供ができなくなったのかという、
肝心な探求がまったくなされていない。

ま、もう不思議に思わなくなる
ってことを表現したいのか。
それは、わからないでもないけど、
リアルと、リアリティの違いがわかってない表現方法だと思う。

こういう世界って、
設定は、私が好きだった新井素子にありそうで、
それと、これとの中間ぐらいのイメージで、
作品を作れば、いいんじゃなかなと思った。

映画の題は、これはこれでいいかなと思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

出会ってしまった、大傑作に

投稿日:2007/05/14 レビュアー:ウーベ

星★★★★★です!(もちろんそんなレベルではありませんが)

噂の長回しは問答無用の迫力を持ち、お話はただ1人の女性を守るという、とてもシンプル内容なのに、言葉にならないほど感動的。

いや〜、劇場で観るべきだった。上映される機会があれば是非観たいものだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱり!イギリス映画だった!

投稿日:2007/05/08 レビュアー:Bading


SFと言う事で少々期待しましたが、イギリス映画はやっぱりイギリス映画でした!

 相変わらず、「この映画を観て何か感じろ!」「ちゃんと行間も読め!」的なクライ映画です。
 しっかり、“子ども”と言う者を自分の中で再認識&再確認させて頂きましたが、映画を娯楽やエンターテイメント的に捉える僕には、楽しくはありませんでした。

 やっぱり!イギリス映画には気を付けよ!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

SFを超えたリアルさ

投稿日:2007/04/11 レビュアー:つばめ

最初は近未来を描いたSF作品というつもりで見始めたのですが、
見ていくうちに、これは少しだけ設定を極端にした現代社会を
描いた作品なのだと思いました。

未来への絶望、異分子の排除、それぞれの独善的な主義に基づいた
限りない紛争・・。
後半の戦闘シーンは戦争映画かと思うくらいの非情なリアルさで
見るものの心に迫ります。

そして最後に訪れるかすかな希望。
決してハッピーエンドの映画ではないのかもしれないけれど、あの
エンディングの先には未来がつながっていると信じたくなる映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

投稿日:2007/04/07 レビュアー:ぴぐぽぐ

めったに一緒に映画を見てくれないうちのジョナサン・リース・マイヤーズ似の旦那様(笑)がこれを見ながらちいさなため息をついて、最後はなんだかよくわかんなかったな〜と悲しそうにつぶやいて去っていきました。

その一方私は感動の涙がにじんでいたのでした。

途中まではこれはかなり悲惨で救いのない世界じゃなあ・・・と多少辟易していたのです。SFというよりは戦争物という感じ。
ところがラスト近くの赤ちゃんのシーンで、すべてはこの一場面のためにあったんだなあと・・・じわ〜っと涙がこみ上げてきてしまいました。その後のシーンはもう何も要らなかった。
見たくなかった。それで終わって欲しかった。

こんな世界に絶対したくないですね!



ところで、私に大量にポイント入れてくださってたのはKazuponさんだったんですね!
ほんとうにありがとうございます。
私も時々読ませていただいてました。
これからじっくりKazuponさんのレビューを読ませていただきますね。aiaiさんもいつもありがとうございます。私もいつも楽しみに読ませていただいてますよ!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全297件

トゥモロー・ワールド

月額課金で借りる

都度課金で借りる