No.78 RANKING

たかが世界の終わり

たかが世界の終わりの画像・ジャケット写真
たかが世界の終わり / ギャスパー・ウリエル
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

3

  • DVD
ジャンル:

「たかが世界の終わり」 の解説・あらすじ・ストーリー

『Mommy/マミー』のグザヴィエ・ドラン監督によるドラマ。人気作家のルイが「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために帰郷する。家族の意味のない会話は、ルイの何かの告白を恐れるかのように続くが、ルイは料理のデザートの頃には打ち明けようと決意する。※一般告知解禁日:あり

「たかが世界の終わり」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: カナダ/フランス
原題: JUSTE LA FIN DU MONDE/IT’S ONLY THE END 

「たかが世界の終わり」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

たかが世界の終わりの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 仏:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBG72570 2017年09月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
370枚 43人 65人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

露呈する不器用な愛の形

投稿日:2017/08/23 レビュアー:ミルクチョコ

クザヴィエ・ドラン監督6作目。
作家として成功したルイ(ギャスパー・ウリエル)が12年ぶりに帰郷します。目的は病で自分がもうすぐ死ぬ事を家族に告げる事。しかし母親(ナタリー・バイ)と妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)兄アントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)とその妻カトリーヌ(マリオン・コティヤール)との会話は、一向にかみ合わず、家族の間にくすぶっていた各々の感情が爆発していきます。

ジャン=リュック・ラガルスの戯曲を映画化したらしいです。
12年という長い空白を埋めようと焦り、しかし突然の帰郷に戸惑いを隠せない家族の表情をクローズアップにするのが印象的です。
兄のアントワーヌは、成功者のルイにコンプレックスを抱き、不愉快な事ばかり口走り、言葉尻を捉えては絡んできます。
そんな辛辣な兄の言葉の前では、ルイが告白しようと思っていた言葉は、行き場所を失ってしまいます。
ルイが戻った場所には、すでに居場所がなく、ますます孤立を深めてしまうのは辛いです。
アップの多用で、ギクシャクした家族の関係が胸に迫って来ました。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

非常に失望しました。

投稿日:2017/09/13 レビュアー:カマンベール

グザヴィエ・ドラン監督作と成人してからの出演作は全て観てると思います。
ファンの1人として、この作品はいただけない。
賞を取ろうと悪いものは悪い。

主人公の青年は34歳で成功した劇作家らしい。
12年ぶりの帰郷は家族に自分の死を告げるためと、ナレーションは言います。
母親、兄(ヴァンサン・カッセル)、兄嫁(マリオン・コティヤール)
妹が待っている。
家族のつまらない雑談。常に話の腰を折る兄。
そのため会話は進まず淀み空回りする。
そして顔のクローズアップ。くどいほど表情ばかりを追う。
話の腰を折る兄に突っかかる妹。
初対面なのに兄嫁とルイ(主人公)は、一番込み入った会話をする。
母親の質問をはぐらかすルイ。
「ルイ、あなたは幾つになったの?」「34歳だ」
いったいどこの世界に息子の誕生日を数えない母親がいるだろうか?
無関心?
兄の弟ルイへの仕打ちは常軌を逸している。
いったいルイは家族にどんな仕打ちを過去にしたのか?
諍いながら離れられないのが「家族」とでも言いたいのだろうか?
ラストには何か回答があるかと思って観ていたが、何ひとつ答えはなかった。
ゲイの弟は恥ずかしい存在?そんな自己憐憫は聞き飽きた。
イライラの募る無駄な時間を過ごした。
脚本が悪過ぎる。
せめてルイの人生の断片でも見たかった(少年時代の回想はあったけれど・・・)
こういうもったいぶって内容のない作品を撮るとは、グザヴィエ・ドランも、つまらない作家になったものだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なるほど

投稿日:2017/09/23 レビュアー:KEE

ドラン作品。
なるほどー。
すごく長く感じた。
映像とか光の感じとかとてもキレイなのに、家庭内の不協和音が永遠に続く感じ。
なんかわかる、わかるってところがあるのが悲しい。
ヴァンサン・カッセルがホントにイラッとする役。
そしてLea Seydouxが意外と演技ができて驚く。



このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

たかが世界の終わり

月額課金で借りる

都度課金で借りる