ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランドの画像・ジャケット写真
ラ・ラ・ランド / ライアン・ゴズリング
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

4

  • DVD

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2017年08月02日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「ラ・ラ・ランド」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ラ・ラ・ランド」 の作品情報

製作年: 2016年
原題: LA LA LAND

「ラ・ラ・ランド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ラ・ラ・ランドの詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
128分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE74649 2017年08月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
478人 624人

関連作品

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

甘く切ない、最高にゴージャスな映画

投稿日:2017/06/02 レビュアー:カマンベール

ミュージカル・シーン(ダンスや歌)の華やかさ!!
ジャズ・フルバンドの迫力と演奏の素晴らしさ。
主役2人の夢が叶うのかどうなの?って揺れる気持ち。

ミア(エマ・ストーン)は映画スターを夢見てオーディションに落ち続けるウェートレス。
セブ(ライアン・ゴズリング)は、アルバイトのバーで気に入らない曲を不機嫌に弾いてるピアニスト。
ミアの夢は「映画スターをスター」になること。
セブの夢は自分の好きな曲を演奏する「ジャズバー」のオーナーになること。
そんな2人が恋をして・・・
そして突然5年後の2人に、時間は遡ります。

5年後の2人が切ないです
夢を実現するために、叶わなかったこと。
叶ったこと。
ライアン・ゴズリングが究極の引き立て役を演じています。
エマ・ストーンが輝いたのも、ダンスでリフトはなかったのですが、下でエマ・ストーンの体重を、支え続けたゴズリングのおかげです。
デミアン・チャゼル監督は、廃れ行きつつある「JAZZ」と「ミュージカル映画」への強い危機感があったそうです。
歌い踊るシーンが自然で、お話となんの違和感もなく
素敵でした。本当に感動的な映画でした。
最後に一言。「ムーンライト」も観ました。
寝言みたいな映画でした。
相手にしないことですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

恋のタラレバ、胸キュン過ぎて涙

投稿日:2017/06/02 レビュアー:飛べない魔女

史上最年少32歳で監督賞、エマ・ストーンが主演女優賞他、都合6部門でアカデミー賞を受賞しました!
惜しくも作品賞は逃しましたが、アカデミー賞授賞式では前代未聞のハプニング!
プレゼンターのウォーレン・ベイティが読み上げたのは『LA LA LAND』。
感極りながらスタッフ・出演者一同舞台に上がり、エマ・ストーンは自信の主演女優賞からの受賞に涙が止まらない様子。
そしてプロディーサーの涙ながらのスピーチが・・・と思ったら、なんとこれは読み上げ間違いであることが知らされ
本当の受賞作品は『ムーンライト』。
『LA LA LAND』のプロデューサーが手にしたオスカーを、自ら『ムーンライト』のプロデューサーに渡すという、とんだ珍場面となってしまいましたね。

さて、本作。なんと私、劇場に2回も足を運んだ次第(笑)。
初回のあと、どうしてもどうしても、もう一度、たまらなく観たくなって、1週間後にまた劇場へ(どうした?私?笑)

冒頭のハイウェイで歌い踊るシーンから心が震えて鳥肌が立ちました。
これは歴史に残るオープニングではないでしょうか?
ほんとに素晴らしい!
もうワクワクマックス状態になりました。
宣伝でも魅せられていた、エマ・ストーンとライアン・コズリングが二人で踊るシーン。
ロマンチック過ぎてとろけそう。
夢を追って、その夢を実現させる二人の出会いと別れ。
最後は鼻の奥がツーンとなって、心がざわざわしちゃて泣いてしまいました。
切ないラストです。
ミアが思い描く二人の『タラレバ』。
ああ、恋をしたことのある人なら誰しも思い描く”タラレバ”ですよね。
胸がキューンとなりました。
実はラストを知ってみた2度目の方が、もう始めから胸がざわざわしちゃって、ずっと涙腺緩みっぱなし(笑)
私どうかしちゃってる?(笑)

何より、ライアン演じるセブが魅力的過ぎて、終始目がハート状態。
もちろんエマ・ストーンSOキュート!であることは間違いなし!

ああ、ハマり過ぎだわ、私。
2度目の方がめちゃめちゃ感情移入してしまいました。
それでも、本作はまだ今年の1本ではないと言い切れるのか?(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ラ・ラ・ランドネタバレ

投稿日:2017/06/01 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ジャズバーを開きたい男性とハリウッドスターを目指す女性の夢を追いかける話。

 夢を一生懸命追いかけて、けど挫折も経験して心が折れそうになったりもするけど、それでも前を向いて生きる。そしてそれをロサンゼルスを舞台に往年のミュージカル映画のオマージュいっぱいでくるまれている雰囲気はミュージカルが苦手でも見やすい映画だったと思います。特に冒頭の高速道路のダンスシーンとかは盛り上がるツカミでよかったです。

 ただ話自体に新鮮さはないし、現実ってこんなに甘くはないと思うし、これだったら往年のミュージカル映画を見ればいいのではないはないかと元も子もないようなことを思っちゃいました。

 主人公とヒロインが恋におちるのが早すぎで、突然のキスシーンで戸惑っちゃいましたし。その後、2人が夢を追いかけて、1人は売れてはいるけど本当に好きなことなのかと悩んで。1人はなかなか芽が出ず田舎に帰ろうか悩んで…。というストーリーのどこに面白さを感じればいいのかわからなかったです。アメリカに渡って、ロサンゼルスで夢を追いかければ、ロサンゼルスでしたロケとかも効果的で感情移入できると思いました。

 ストーリーやダンスが凄いというわけでもなく、三丁目の夕日のようなノスタルジーな気持ちにどっぷりと浸かることができれば熱い映画なのかなと思いました。

 主人公を撮影するおじいさんすぎるカメラマンのインパクトが凄くて彼が全部持って行っちゃう映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何で人気だったのか不明

投稿日:2017/06/22 レビュアー:あっきー

すごく人気作だったので観てみました。
感想は、何で面白いって言われてるの?という感じ。

途中までは楽しかったです。
ジャスを愛する男性が、大好きな昔ながらのジャズを聞いてもらうbarを開きたい。
ハリウッドスターになりたくてオーディションに奮闘する女性。

夢に向かって楽しそうにしてる所までは楽しかったんだけどな...
最後の〆が残念すぎました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

ラ・ラ・ランド

月額課金で借りる

都度課金で借りる