No.14 RANKING

聲の形

聲の形の画像・ジャケット写真
聲の形
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

12

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「聲の形」 の解説・あらすじ・ストーリー

「週刊少年マガジン」に連載された大今良時の同名漫画を映画化。ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生・西宮硝子とのある出来事がきっかけで孤立してしまう。5年の時を経て、ふたりは別々の場所で高校生となり、将也は硝子の下を訪れる。

「聲の形」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本
原題: The shape of voice

「聲の形」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 山田尚子

聲の形の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
129分 日:リニアPCM5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE75668 2017年05月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,393枚 755人 796人

【Blu-ray】聲の形(ブルーレイ)の詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
129分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCXE70747 2017年05月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
598枚 171人 205人

関連作品

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

お願い

投稿日:2017/05/19 レビュアー:hirorin

誰か書いてよぉ。
Amazonにはみんないっぱい書くのに、TSUTAYAやぴあには殆ど書かないですよね。
「役に立った」とか、「ナイス」とかも押さないし。
それでは書く気もおきないわけですよね。
ということで、TSUTAYAのレビューはすたれていくばかり。
ちとさびし。です。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人と人が繋がるって・・・コミニュケーションって・・・

投稿日:2017/05/20 レビュアー:カマンベール

転校生で耳の聞こえない西宮硝子を苛め抜いた、
ガキ大将・石田将也。
2人の別れ、再会を通して、「イジメの当事者」「加害者」
そして「傍観者」の人間関係を切なく、痛々しくそして
起こる悲劇・・・ジェットスター・STORYに涙しました。

それにしても、イジメ抜かれた硝子が加害少年・将也に抱く
「好き」という感情の複雑さ。
理解出来ないけれど、いじらしかった・・・。
そして、同級生の少女たちの複雑な感情と行動。
特に「川井さん」の役割は凄かったですね。
私たち時代の人間関係は、もう少しシンプルだったので、
今の時代に生きる「若い中学生・高校生の生き辛さ」を
目の当たりにした感じでした。
これだけドラマティックな人生を経験した硝子と将也。
お疲れ様、頑張って・・・と言います。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

観る立場によって感想が異なる名作

投稿日:2017/06/09 レビュアー:ΩRED

西宮硝子ちゃんの誕生日に家族で観ました
人生生きていればどんな形かでいじめと遭遇するでしょう
いじめる側
いじめられる側
見てみぬふりをする側
その人間関係をリアルに描いた作品である
主人公の石田将也は気が弱いいじめっ子で
いじめた罪悪感
またそのいじめによって
自身がいじめられた孤独感
親に迷惑をかけたトラウマにより対人恐怖症に近い症状になり人の顔はおろか人の声まで聞けなくなるようになる
それは皮肉にもいじめていた西宮硝子の様に声が聞こえなくなったのであった
自分自身小学2年のころ自分を好きといってくれていたある女の子をいじめた経験があり
大人になるにつれ罪悪感が日増しに増え20年越しに謝った経験があったからかどっぷりのめりこんでしまった
とにかく登場する担任がクズ過ぎる聴覚障害の児童を受け入れたのにもかかわらず
何のフォローも無し
西宮硝子の変な発音を児童が真似していても、授業中に驚かしても「授業中にふざけるな」のみ
いざ補聴器が無くなる等していじめが発覚したら全責任を石田将也に向けるクズっぷり
子供曰く今の教師はこんなもんだそうだ
虐めを見抜くにはやはり親が目を光らせないと駄目な様だ
西宮硝子がいじめていた石田将也に好意を持ち続けたのは家族全員謎っぽかったが
西宮硝子がこのままじゃいじめられるといち早く気づき伝えようとしたのは石田将也だったからではないのか?
石田将也本人はそれが上手く伝わらないのが苛立ちに変わりきつく当たるようになり
先に述べたように虐め側に陥るのであった
本当は親に迷惑もかけたくない
ごく普通の心優しい少年がいじめる側に立ってしまう話だと思う
親の立場の僕
いじめた側の僕
両立場で観てとても複雑な思いをしたのは事実だが
見る角度が変われた良作だと思う

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この尺なら・・・

投稿日:2017/06/13 レビュアー:ミドリガメ

コミックを読んで、良かったので見てみました。コミックでは、それぞれの立場、心情、もろもろ描かれていて、これをどうまとめるのかなと思い見ましたが、2時間の尺では・・・まぁ仕方ないか・・・でもうまく描かれていたと思います。コミックを読んでなくてこの映画を見て、良かった! と思った方は、ぜひコミックも読んでみてもらいたいですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

聲の形ネタバレ

投稿日:2017/07/09 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 小学時代のいじめ問題が高校になっても引きづっていて、難しい人間関係の話。

 京都アニメーションらしい作りこまれた綺麗な風景や花火や草花が見ているだけで気持ちよさを感じる映像でした。学生さんたちの日常というのも若者向けのアニメーションとしての得意分野が存分に発揮されていたと思いました。

 序盤は小学時代の主人公たちのいじめが描かれてなかなか不快指数の高いシーンの連続で見ていて辛かったです。主人公が酷い人間なのでスタートが嫌いなのに、見ていくうちに好きな方向に向かってしまうのが感心する話運びでした。高校時代になって心を閉ざした主人公が再びヒロインと関係を修復しようとして、小学時代のいじめに関わっていたり見て見ぬふりしていたりの人たちが再集結していく。

 正直、なんでこんなことで悩んでいるんだとかどうでもよくなっていってしまって、しかも130分はアニメーションとしてはなかなか長くて退屈でした。すれ違いやコミュニケーションの難しさで延々と悩むのを見せられても興味がないと集中力が切れてしまいました。映画全編に流れる音楽もうるさく感じて耳障りでした。終始忙しいイメージでした。

 映画的な演出が見ていて気持ちが良かったですが、うじうじ悩むだけの映画は単純に好みじゃないんだと再確認できる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全12件

聲の形

月額課金で借りる

都度課金で借りる