No.123 RANKING

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒の画像・ジャケット写真
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 / アダム・ドライヴァー
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

50

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 の解説・あらすじ・ストーリー

※商品の発送は4.28以降になります。砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独な女性レイは、謎のドロイドBB-8とストームトルーパーの脱走兵フィンと出会い運命が一変する。一方、十字型のライトセーバーを操るカイロ・レンに率いられた帝国軍の残党であるファースト・オーダーは、消えたとされる最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの行方を追っていた。銀河に新たな脅威が迫る中、レイたちはハン・ソロとチューバッカに出会う。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 の作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: STAR WARS:THE FORCE AWAKENS

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
136分 1.日本語2.英語3.日本語吹替用字幕 1.英語ドルビーデジタル5.1ch
2.日本語ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWKP6289 2016年05月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10,046枚 108人 91人

【Blu-ray】スター・ウォーズ/フォースの覚醒(ブルーレイ)の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
136分 1.日本語2.英語3.日本語吹替用字幕 1.英語DTS-HDマスター・オーディオ(ロスレス)7.1ch
2.日本語DTS-HDハイ・レゾリューション・オーディオ7.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWHP6289 2016年05月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
4,947枚 49人 47人

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 <字幕/吹替パック>の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
レンタル:2018年09月30日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:50件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全50件

「 J・Jよ、ルーカスの呪いを解くのだ」

投稿日:2016/03/31 レビュアー:ぴよさん

 そもそもS・Wについて、ニュートラルな感想なんて、言えるはずがない。
それはルーカスにかけられた「呪い」のせいだ。1st (Ep.4)の衝撃、Ep5.6
の「むむ…ま、いいか」感。そして時が経って待望の新シリーズ Ep.1を観た
時の「うーん、えー…うーん」感。
Ep.4の呪いにかかったファンは、それゆえに喜び、落胆し、翻弄されてきた。

 われわれが臆病になるのは、『ファントム・メナス』で喰らったダメージの
記憶のせい。だいたい、今回「ディズニー風」を批判したというルーカスだが
あんたがやらかしたことこそ、SWのディズニー化じゃんとツッコミたくなる。
 あの忌まわしきジャージャービンクスやら、ディズニーイベントみたいな
ポッドレ−スやら、アナキンとパドメのイチャイチャやら。当時「これまるで
ディズニー映画じゃん!スターウォーズやれよ!」と何度も思ったものだ。

 それに比べ今回のJ・J・エイブラムスの「調理」は、お見事だった。ルーカス
が自家中毒を起こし、全く期待出来なくなっていた「原点回帰」を、ちゃんと
やってくれている。脚本のローレンス・カスダンの助力も大きいか。
 懐古趣味が過ぎると言う人もいるが「昔の観客が何を求めているか」という
要素と「これからの観客が何を期待するか」というふたつのバランスを、巧く
とっていると思う(やや前者寄りだけど)少なくともルーカスが失敗していた
アナキン編とルーク編の「接続」に比べ、エイブラムスはさりげなく、しかし
入念に作りこんで、ブリッジワークを成功させている(こうなるとアナキン編
の整合の取れなさが目立っちゃうけど)

 何より、話がシンプルでいい。ミディ=クロリアンなんてややこしいことを
言い出さず、誰にも分かる一本道に沿ったドラマを疾走させている。ご都合主義
でもいいじゃないか。シスはワル、ジェダイは正義、レイはイケてて、ハン・ソロ
はナイスガイ。それでいんだ。少なくともルーカスが一作目を撮った時点では、
彼だってそれくらいに思っていたはず。それがなぜかグチャグチャとややこしい
設定を盛りこみ始め、一見さんにはよく分からないシリーズにしてしまった。

 次作Ep.8 ・9と、引き続きJ・Jが手綱をさばくなら、この調子でいいと思う。
J・Jよ、ルーカスの呪いは、偉大で強力だが、負けるな、頑張ってくれ。

 …ん? “やってみる”だって? そうじゃない、“やる”んだ。




このレビューは気に入りましたか? はい 32人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

新キャラ紹介

投稿日:2016/05/06 レビュアー:ミルクチョコ

2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されたSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描かれる、新たな3部作の第1章。

エピソード6から30年後の殺伐とした世界で、孤独なヒロインのレイと敵方の脱走兵士フィンを新キャラに新たな物語が展開され、生き別れた父との再会を信じるヒロインの葛藤と成長を描きます。レイも惑星ジャークでいなくなってしまった家族を待っているという設定で、まだ謎の部分が多くて、今後どう展開していくのか楽しみです。そしてレイを巡る恋模様も気になります。何となく、歴史は繰り返して三角関係になりそうな気がしなくもないです。
レイは魅力的で、ハン・ソロとレイア(年取りましたね)も素敵だったけれど、2人の息子が悪役として存在感も戦闘能力も今一つだったのが残念です。

ダース・ベイダーを崇拝するカイロ・レンは軍の司令官として最高指導者に仕えているものの、いまだ怒りをコントロールできない未熟者のようです。ダークサイドに染まり切れない自分に苛立っているようで、レイとカイロ・レンがどのように関わっていくのか楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

安心してください!面白いですよ!ネタバレ

投稿日:2016/04/23 レビュアー:カサブランカ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スターウォーズを劇場で見るのは今回がはじめてになる自分としてはこのエピソード7が今のところシリーズNo.1 !
映画の歴史上での価値や偉大さにおいてはオリジナルの4や5がたぶん上に来るんだろうけど、個人的に好きなのはぶっちぎりでこのエピソード7。

エピソード4・5・6を初めてDVDで見た時の正直な感想は、「面白いし世界観も壮大でスゴイけど・・・イマイチグッとこない」という感じだった。
なんというか重さを感じなかった。ジョージルーカスが俳優たちの演出に全く興味が無かったことと、俳優たち自身の演技力の問題が大きく関係していると思うけど、誰かと出会って仲間になったり、誰かが死んだり、衝撃の真実が明らかになったりしても、なんか軽かった。感情に訴えるものがない感じ。

今回のエピソード7はカイロ・レンとストームトルーパーが集落の人たちを虐殺し、焼き払うところから始まるので、非常に期待が高まった。血の赤がはっきりと映されたり、ストームトルーパーの鎧みたいなのが砕け散るシーンがあるのもいい。子どもも観れる範囲の中で、人と人が戦うことの重さがある程度表現できている。
星がビームで破壊される場面も、その星で恐怖に怯える人目線や、それを遠くの星で見つめるしかない人目線が加えられてオリジナルよりも進化している。

敵役カイロ・レンを好きになれるかどうかがこの映画の評価のひとつの分かれ目だと思う。
かんしゃく持ちでキレやすい所や、まだ完全には悪に染まり切っておらず光に誘惑されていることを懺悔のように打ち明ける場面、レイに対して余裕こいてたら逆にフォースで反撃にあって動揺する場面など、その不安定さに人間味が感じられて個人的にはかなり好き。
マスクも取って表情も分かるので、彼の焦りや怒りも読み取れて、キャラクターとしてより近く感じられた。それだけにその後の彼の重要な選択がより胸に響く。
オリジナルのダースベイダーはマスクを最後まで外さないので、表情が見えずドラマが生まれにくかった。
エピソード6で息子ルークへの善の感情が少しづつ生まれる過程や、ついに耐えられなくなって「ノーーー!」と皇帝に反逆するシーンでもずっとマスクをつけたままなので、いまいち感情が伝わらないどころか、ちょっとコントにすら見えてしまっていた。

光の側の描き方も素晴らしい。
特にレイ役のデイジー・リドリーは、まっすぐな表情も身体能力もご飯の食べ方も全てが素晴らしい。
フィンが本作のコメディ要素の多くを担っているが、どれも笑える。
フィンとポーが脱出の時に意気投合する場面や、フィンとレイがお互いに興奮して褒め合う場面など、人と人が共鳴し合う喜びみたいなものがちゃんと感じられるのは旧6作から明らかに進歩した所だと思う。
もう少しゆったりする時間があってもいいかなと思うぐらいアクション&アクションの連続だけど、退屈な会話劇を見せられるよりは全然いい。
アクションを長いワンカットで、カメラを動かしながら撮っている場面が何度かあり、どれも効果的。

ハリソンフォードがここ数十年で一番の演技をしている(笑)と話題になっているが、ただいい演技であるだけでなく、ちゃんと老年のハン・ソロに見えたのがうれしい。
キャリーフィッシャーも頑張っていた。
レイたちにとってルークやハン・ソロが遠い伝説になっていたのと同じように、自分自身にとって旧三部作は後追い世代であるゆえになんとなく遠くて、みんなが熱狂していても蚊帳の外な感じだった。
でもあの歳を重ねたハン・ソロの「フォースは実在する」の一言とあのテーマ曲を聞いて鳥肌が立った。自分とスターウォーズ世界との間の距離が一気に縮まった気がした。
2人の素晴らしい演技によって、旧三部作と今作ががっちり繋がった一つの世界になっている気がする。あれからレイアとハンソロは結婚し、子供を産み、いろんなツライ事も経験しながら歳を重ねておじいちゃんおばあちゃんになったんだなぁ・・・と考えると、それだけで泣けてくる。

完璧な映画ではないし、ストーリーが旧作に酷似していたりとか、オリジナルやプリクエルにあったような想像力をかき立てる独創的で新しいデザインの少なさとか、気になる所はある。
でもスターウォーズ史上最良の演技・演出が見れて、スターウォーズ史上もっとも笑えて、スターウォーズ史上最高に燃えるアクションシーンがこの映画にはある。
スターウォーズの名前だけ借りてきたような、普通のSFアクションになってしまう可能性も充分にあったことを考えると、あの世界観を保ちながら旧作ファンを満足させ、ちゃんと魅力的な新しいキャラクターと新しいお話が始まっているこのバランスはスゴイ。
JJエイブラムスはまぁまぁな映画を作るまぁまぁな監督(笑)としか思ってなかったけど、恐れ入りました!

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

SWだから許される・・・いや、そんな訳ゃない。

投稿日:2016/04/19 レビュアー:カーヴ

劇場鑑賞時のレビュー

SWなら遠出も厭わないと、IMAX3Dへ・・・

なのに、感想はもう皆さんの言うとおりで既視感満載の画とストーリー。
それこそ、最初にタイトルが出た時の胸の高鳴りは最高潮だが
そこから砂漠でのドッグファイトまでが、新作の見せ場。
それ以降は3Dにも慣れてしまって、退屈なストーリーを延々と・・・

何故、こんな事になるのだろう。
JJは尊敬のあまりなのか、未知との遭遇と同じ撮り方の「SUPER8」も
今回のSWep7も、シーンをパクる事を効果的に利用していない、まんまパクる。
映画を独自のものにする事に興味が無いのか、才能が無いのか、製作からの圧力なのか解らないが、2時間ちょっとはもたないよ。

話が完結しないのは仕方ないとしても、3代に渡る親子喧嘩を観るハメになる
世界中の観客のためにもう少し考えて欲しい所だ。

でも文句を言いながら次もきっと観る。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

辛口レビューですが

投稿日:2016/05/16 レビュアー:oyoyo

今までのスターウォーズにあった、個性的な惑星などの、ワクワクする舞台設定が無い。
砂漠の惑星は出てくるが、タトゥーインの景色を見た時のような新鮮さは無い。
(タトゥーインは今までに何度も出てきたが、その時、その時に驚きがあった)

VFXは凄い!
ブルーレイで観たのもあるけど、宇宙船や戦闘機は、本当にそこに、その乗り物があるかのよう。
カメラアングルも秀逸。

カイロ・レンは未熟さゆえに、キャラの魅力に乏しい。いや、未熟なのが魅力なのか?
レイは魅力的だが、訓練せずにフォースを使えるようになったのはちょっと疑問。
ハン・ソロは渋い、相変わらず借金取りに追われている。
フィンはいい味出している。今までのSWに無かったキャラだ。
お婆さんになったレイア。あまりフォースが強くないようなのが疑問。
「ジェダイの帰還」では、ルークともう一人の最後の希望とされていたのに、
30年後でもフォースはあまり覚醒されていないのはなぜだろうか。

ライト・セイバーのアクションは、エピソード1〜3に比べてレベルダウンしている。
まあ、未熟者と初心者の対戦なのでそんなもんか?

あまり好意的ではないレビューばかりを書きましたが、全体的な評価は高いです。
早く次が観たい。

この映画を観る前に、スターウォーズ・エピソード4〜6を観ておく事をお勧めします。

90点

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全50件

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。