【TSUTAYAだけ】ヘッドハンター

【TSUTAYAだけ】ヘッドハンターの画像・ジャケット写真
【TSUTAYAだけ】ヘッドハンター / アクセル・ヘニー
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

29

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「【TSUTAYAだけ】ヘッドハンター」 の解説・あらすじ・ストーリー

ノルウェーの作家ジョー・ネスボのベストセラー・ミステリーの映画化で、予測不能の展開が評判を呼びハリウッドがリメイク権を獲得したことでも話題となったノルウェー産クライム・サスペンス。背が低いことだけがコンプレックスのロジャーはノルウェーでも有数のヘッドハンター。しかし彼には、画廊を営む美しい妻の気持ちを繋ぎ止めるために行っている、もう一つの裏の顔があった。それは、ヘッドハンターの立場を巧みに利用して、契約相手が所有する高級絵画を盗み出すというもの。そんなロジャーの新たなターゲットは、妻がとっておきの情報を仕入れた精密機器メーカーの元重役、クラスだった。これを最後に裏稼業から足を洗おうと考えていたロジャーだったが…。

「【TSUTAYAだけ】ヘッドハンター」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: ノルウェー/ドイツ
原題: HODEJEGERNE/HEADHUNTERS

「【TSUTAYAだけ】ヘッドハンター」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

【TSUTAYAだけ】ヘッドハンターの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語 1:ドルビーデジタル//英語・ロシア語・デンマーク語・ノルウェー語
2:ドルビーデジタル//日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 REARD102 2012年11月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
38枚 1人 1人

ヘッドハンターの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:36:03 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
複数言語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
レンタル:2099年12月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全29件

先読みできない展開と個性的な主人公が魅力的

投稿日:2012/12/07 レビュアー:みなみ

ハズレも多いツタヤ独占作品ですが、これは楽しかった。ハリウッドリメイク決定も納得の面白さでした。

主人公の職業はヘッドハンター。でも裏で絵画泥棒もしている。
ルールを守ってやってきたはずなのだが、追われる羽目になる…。

冒頭、仕事の鉄則と奥さんへの愛を語る主人公のナレーションに不思議な魅力を感じます。
168センチの身長にコンプレックスを持ち、とっちゃんぼーや(死語?)のような容貌、
一見クリストファー・ウォーケン似?と思いきや、微妙に崩れてて、
背の高い美しい奥さんとの2ショットに思わず笑ってしまいます。

二転三転して先読みできない展開とハラハラアクション、
時にはコミカルに、そして「恋愛映画だったの?」というような純愛もあり
いろんな魅力をみせてくれる娯楽作だと思います。

スウェーデンとかノルウェー映画ってジメジメしてるのばかりだと思ってたけど
こんなにあっけらかんと明るいの、初めて見ました。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白い

投稿日:2013/06/01 レビュアー:勇光

主人公のチビ男にはまったく同情する気持ちにはならない。高級紳士服に身をつつんで豪華な家に住み、自分よりも背の高い美人の女房に画廊を経営させている、っていうだけでもイヤミな雰囲気なのに、大手企業の重役クラスの男を相手に就職斡旋をして稼いでいるってんだからわけがわからない。そのうえ泥棒までしてるってんだからなんとも言えない。けど、この男がどんどこどんどこ転落していく。その転落の速度がすさまじく、血みどろになるだけでなくクソまみれにもなる。
いい映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ハリウッドでリメイク?やめたほうが・・・ネタバレ

投稿日:2013/01/23 レビュアー:忙中有閑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは面白かった。映画たくさん観てますが2本に1本はサスペンス・アクションで、最近はどれを観てもあんまり変わり映えしないからもうネタ切れかな?などと多少諦めの境地でしたが、こういう「新しい」面白さを描いて見せる作品が出て来ると、まだいける!ってホント嬉しくなりますねぇ。
ノルウェーの作品だそうですが、キャッチコピーでは「『ミレニアム』の制作陣が贈る」となっていて、あちらは確かスウェーデン映画だったと記憶してますから、やっぱり北欧は文化的国境が曖昧なのかな?などと想像したりしますし、この「新しさ」はつまりハリウッド(アメリカ)と北欧の文化的差異によるものなのか?とも思ったりしますね。解説によれば既に「ハリウッドでリメイク決定」だそうですが、件の「ミレニアム」のハリウッド・リメイクは個人的にあまり成功したとは思えないもんで、ちょっと心配ですねぇ。
何が「新しい」かと言うと、言葉にするのは難しいんですが幾つか書いてみると、
@ 主人公ロジャー(アクセル・ヘニー)のキャラ設定は明らかに従来のハリウッド映画には無い「新しい」タイプのヒーローです。身長168センチというのはあちらの男性標準からするとかなりの「チビ」でしょうし、本人の独白でもそれをかなり気にしてます。特にロジャーは容姿抜群の金髪美人を妻にしていて身長は妻のほうが20センチ近く高いので腕組んで歩くと彼が妻にぶら下がってるように見える。しかも彼はこの美人妻を「失うのが怖くて」本職の「ヘッドハンター」業の他に「裏稼業」で荒稼ぎして贅沢な暮らしを維持する、という大変な「無理」をしてるんです。これだけでもかなり「ヘンな」ヒーローですが、私が「面白い」と思うのはロジャーが実はそれほど身長のことでコンプレックスを持って無いことです。ただ彼は妻のことを非常に愛していて、こんなに美人で素敵な妻に贅沢させられないんじゃ男が廃る、と信じてるんですね。ストレートでアッケラカンで、ある意味とても爽やかで男性的です。「知的」と言ってもいい。アメリカにはいないタイプですねぇ。
A アクションにリアリティがあります。ロジャーは明らかに主人公ですからオハナシの途中で死ぬワケない。どんなに絶体絶命の危機に遭遇しても必ず助かると観客は高を括ってるのが普通ですし、この映画でも結局彼は生き残るんですが、途中で私は何度も「彼は生き残らないかも」って思ったくらい彼の遭遇する危機はリアリティに富んでますし、「これでもか!」ってくらい何度も且つ散々にヤラレちゃうんで最後はほとんど「満身創痍」です。それが何とも可笑しい。これもハリウッドには無いパターンですねぇ。
B これは言われ尽くされてますがやはり北欧は「セックス先進地域」ですねぇ。結構ドキッとするような描写がさり気なく前触れも無く登場して、またすぐ消えたりするんで驚かされます。アメリカの様な過剰な思い入れも無く、日本のようなジメジメ感も無い。特に女性のほうのケレン味の無さはちょっと味気ない気がするくらいですが、サスペンス・アクションの割にたいそうオシャレです。女性の観客をキチンと意識して作ってる感じがあって、これも「北欧風味」でしょうか。

と、言うワケでかなり私としては楽しめた映画です。さて、ハリウッド・リメイクは大丈夫かな?(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

真面目なんだか不真面目なんだか

投稿日:2013/01/19 レビュアー:kazupon

確かに予測不能な展開。
「え!?」とか「嘘ー!」とか思わず口走りながら、まさかの成り行きに笑っちゃうような場面も。
冒頭の5つのルールなんて、トランスポーターの鉄則みたいだし、浮気相手の彼女が自分に本気になったと分かった途端、あっさりと捨ててしまう見事さでした。
冴えない風貌の主人公だけど、彼が愛する妻はシャラポワ風の美人で、彼がこの妻を引き止めておくために、本職のヘッドハンターの立場を利用して、裏稼業に精を出さざるを得ないのです。
妻の携帯が思いもよらぬ場所で鳴り出したり、裏稼業の相棒が主人公の車の中で倒れていたり、アジトにしていた小屋で巻き起こる一部始終が、テンポは良いけど緊迫感がないという「楽しさ」で、全然サスペンスを観ている感覚じゃなかったです。
主人公のその見かけとは裏腹に、サバイバル能力に長けているんですよね。
ストーリー序盤で見せていた事柄を上手く伏線にして、最後はまんまと攻勢に転じます。
そして、主人公の子供っぽい思い込みと、名警部は世渡りが上手いというのが、この話の〆でした。
ああ、予想が出来ないって面白〜い!


このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

テンポよし 展開よし ひさびさの良作

投稿日:2012/12/23 レビュアー:aiai

実は定額リストできた「裏切りのサーカス」が眠くて眠くて、なんども途中で気を失ってしまうので、まだ返せないんです(笑)年内に返したいけど。
それで、単品リストで借りたのが本作。
面白く、すぐ観てすぐ返せた。

ロジャーだったが…。
の続きを書きますとね(笑)
精密機器メーカーの元重役の家に忍び込んで、絵画を盗んだ後(正確には切り取って、偽物とすりかえる)、
ふと窓から外をみると子供らが遊んでいる。
以前から妻は子供を切望していて、でも主人公はそれをのらりくらりとかわしてきた。
リスクのある仕事の後で解放感からか、子供作っていいよと言おうと妻の携帯に電話するんですね。
ところが、着信音が近場で鳴り出した。あら?おかしいなぁと思ってベッドルームにいったら、なんと!そこに妻の携帯が
あるんですね。元重役と妻ができてたのか!あれあれ?ってそこから、どういうわけか主人公が執拗に命を狙われ出します。
主人公としてはわけわかんない、ただひたすら逃げるだけ…

まあ、そんな感じでひさびさに落としどころが想像しずらいなかでどんどんひっぱっていく面白い話しでした。


このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全29件

【TSUTAYAだけ】ヘッドハンター

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。