トリハダ

トリハダの画像・ジャケット写真
トリハダ / 谷村美月
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

8

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「トリハダ」 の解説・あらすじ・ストーリー

“幽霊の出ない怖い話”として日常に潜む狂気や恐怖を描いたホラーシリーズ第1弾。TVの終夜放送の定点ライブカメラに殺人の様子が流れる。その映像を目撃した女性が警察に連絡しようとすると、突然持っていた携帯電話が鳴り始め…。全7話を収録。

「トリハダ」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: 日本

「トリハダ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トリハダの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWX612 2010年08月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

この結末はご想像にお任せします

投稿日:2011/02/05 レビュアー:AVANZSUR

トリハダ@〜E観終えての感想です。

ホリプロとフジテレビの共同制作と云うことで、ホリプロタレントのPVに近いもんやろと高を括ってたら、とんでもない小品ながら確かに”鳥肌”もんの作品でした。

日常に潜む狂気が突然我が身に降りかかる不条理な恐怖感。
平山夢明の都市伝説シリーズにも似た背筋に悪寒が走るような感覚を味わえます。
ただし、本シリーズ共通の結末を画で見せない、観る者が結末を己で想像して恐怖を感じる作りのため、そのものズバリの画で恐怖を演出させる作品に慣れた方にはこれまた誠に中途半端な印象しか残らないかもしれませんので、その辺を踏まえての観賞をおススメします。

現在”6”までリリースされてますが、本巻のような短編を積み重ねていき、短編の合間にサイドストーリーを描く構成は第2巻以外は共通です。
この構成のお陰で一粒で2度美味しい作品になってます。
第2巻のみ長編で今更ながら『SAW』を意識しての作りとなっており、残念ながら出来具合も芳しくありません。

ちなみにジャケ写の異様な女性のお顔は本編でも拝めますw
特に”1・3・5”のジャケ写の顔はホンマにきしょいですw
このお方々が登場されるお話自体も鳥肌物なんで是非ご覧下さい。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

日常に潜む恐怖は、他人事ではないのかもしれない。

投稿日:2010/09/18 レビュアー:黒猫ごんた

僕を含む多くの人は、良識があり、それぞれの役目(仕事)を、それなりにきちんと真面目に行っており、また、他の人も概ねそうであると信じています。
だから、レストランで出された食事をいきなり口に入れることが出来るし、飛行機にも、躊躇無く搭乗できます。
同じように、マスコミは中立で偏見のない情報を発信していると信じたいし、政府は、国益を重視し、日本国民のために尽力してくれるものと信じたいです。
今度の菅内閣に反日家が含まれているという噂は、嘘であって欲しいのですが、もしも事実であれば、映画よりも怖い話だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

B− さくっと軽い歯応えのホラー短編集

投稿日:2012/02/17 レビュアー:かづしげ

 全7話で50分だから、質的にも時間的にも気軽に観られる。中では赤い女が行く先々に現れるヤツがかなり不気味だった。ほかのも楽しめたが、見たばかりなのにもう大方忘れてしまう位の怖さです。バスの乗客のヤツも、あんなの居たらもうそれだけで不気味 笑
 ちなみに隣室から聞こえる騒動のヤツは、うちの上階からもよく聞こえて来たので複雑 笑 110番した方がいいんじゃないかと思ったことも数度ある位だったからなぁ。


※レーティングは、A+,A,A->B+,B,B->C+,C,C- の9段階。


 TV関連は、映画のAランクに匹敵するものは無さそうなので、基本的にB+〜C−までの6段階評価とするが、Aランク相当と判断すればA評価を躊躇(ちゅうちょ)しない。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

霊より人間の方が怖いや

投稿日:2011/04/21 レビュアー:Kavi

あんまり期待していなかったけど、これが結構、楽しめた。
私の好きな平山夢明の「東京伝説」シリーズのような怖さ。

結局、存在が不確かな霊の仕業よりも
存在が確かな人間の所業の方が
圧倒的に怖いと思うのです。

このDVDの残念なところをひとつ上げるとしたら、短すぎる!
“収録時間:50分”と書いてあるけど、34分だった。
せめて3本分ぐらい入れてくれ〜。セコイ!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★「初対面の日本人の笑顔は不気味だ…」

投稿日:2011/08/12 レビュアー:ザ★ウォーカー

ショートストーリー仕立ては、飽きずに見られるし…「余韻を残した寸止めのラスト」も…それ以降のことを想像して、イメージが膨らむので上手いなぁと思う♪
う〜んんん…なるほど…確かに怖い話ばかりだなぁ〜

外国人が「初対面の日本人の笑顔は不気味だ…」と言うのを…以前聞いたことがあるが…確かに「人の笑顔」って実は何かを企んでいるようで、怖いんだよなぁ〜♪

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

トリハダ