あかね空

あかね空の画像・ジャケット写真
あかね空 / 内野聖陽
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

70

  • DVD
ジャンル:

「あかね空」 の解説・あらすじ・ストーリー

 時代小説の名手・山本一力の直木賞受賞作を内野聖陽と中谷美紀の主演で映画化した人情時代劇。江戸の深川を舞台に、京から江戸に下った豆腐職人の夫とそれを支える江戸っ子の妻、そんな2人が辿る波瀾万丈の人生模様を夫婦の絆を軸に綴る。深川蛤町。京の由緒ある豆腐屋で修行を積み、自分の店を持つため江戸へとやって来た青年・永吉。やがて、深川生まれの元気な娘おふみと出会う。2人はお互いに惹かれ合うものを感じる。そして、おふみの父・源治の計らいで同じ長屋に落ち着いた永吉は、念願だった自分の店“京や”を開くが…。

「あかね空」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 日本

「あかね空」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

あかね空の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DABR0408 2007年10月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
33枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:70件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全70件

二つの豆腐屋の縁が 絡まる家族の物語ネタバレ

投稿日:2007/10/14 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

京の豆腐屋で修行をして来た栄吉は、江戸の長屋に自分の店を開くが、深川の人たちの口には合わず、全く繁盛しなかった。
しかし、諦めずに柔らかい京の豆腐を作り続けたことで、彼を応援する人たちも現れ、何とか商売も軌道に乗る。
やがて、栄吉をずっと支えて来たおふみと結婚することに・・・

夫である栄吉の頼りになる力強さと、また家庭的な優しさを持つ夫を、だまって支えて、付いていくそんなおふみのいじらしさと、凛とした姿。それは、どこにでもいる夫婦の姿のようでありながら、これ程心温まる夫婦像を描いてある様に、思わず笑みがこぼれたほどです。

しかし、人情っぽさを描いた前半とは、うって変わって、商売から、家族の問題にシフトしていき、3人の子供がそれぞれに育ち、特に長男を巡り、夫婦の間にも、ギクシャクした空気が流れ始めます。
やがて、長男は博打にうつつをぬかし、借金を重ね、平田屋という豆腐屋に嵌められてしまいます。

しかし、博打の親分である傳蔵(内田聖陽が二役)が、京やの家族を救います。
何故、彼が京やを救ったのか?
全く、映像では、描かれてないのですが・・・

岩下と石橋演じる豆腐屋を営む相州屋が、幼い息子を永代橋で見失い、この夫婦の子を思う気持ちが、実の息子であった庄吉と京やとを想いを重ね・・・
また豆腐屋の息子に生まれながら、親とはぐれ、店を継ぐことのできなかった庄吉(傳蔵親分)が、京やに想いを託したのかなぁ〜?と思いましたが・・・

そして、何故に内田さんが、二役を演じたのか?
双子でもなく、血の繋がりもある訳でもなく・・・
相州屋夫婦が、想いを重ねた息子の姿と、永吉とを重ねてみたところにあるのでは、ないでしょうか?

数奇な運命が絡まる二つの家族・・・
冒頭に、小さなエピソードとして登場する伏線は、ラストで活きてきます。
人と人との繋がりの不思議さ、また、真面目に努力をすれば、回りの人の理解を得られ、なんとかなるものだと、思わせてくれる人情劇。
見終わった後に、じわじわとくる余韻に浸るのもまた良いのかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

優しい気持ちになれるのですが・・・ネタバレ

投稿日:2008/04/29 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 冒頭の永代橋のシーンが綺麗すぎて、CGというよりも一幅の絵のようでした。出来が良すぎて、セットとのギャップでリアリティがないってのも皮肉なもんですな。
 原作は山本一力という人ですか。どことなく山本周五郎を思わせる人物描写が、江戸情緒を感じさせてくれていいですね(って、栄吉は京都の人か・・)

 内野聖陽の二役は見事。というか、役者としては非常に楽しい仕事なんでしょうね。生き生きと演じています。
 中谷美紀もいいです。さすがに娘役はキツイようですが、勝ち気なおかみさんはそれらしいです。
 石橋蓮司も中村梅雀も岩下志麻も、要所要所を締めてくれました。芸達者な人たちが揃いながら、誰も突出せずに非常にバランスが取れた作品です。
 と思うのですが、傑作だとも秀作だとも思えないのは何故なんでしょう?
 3人の子どもを演じる人たちがへたくそだからというだけではないのです。
 いろいろな含みや余韻を持たせる演出であろうとは思うのですが、正吉と栄吉、傳蔵の関係が思わせぶりなのにあきらかにされないところが、どうも消化不良に思えてしまうのですね・・・。あと、時間の関係なんでしょうけど、江戸に出てきた栄吉をおふみが見そめたというか、2人が夫婦になるまでのいきさつがもう少し合った方が、夫婦の絆が家族の絆に変化していくドラマを楽しめたと思うのです。そうすれば18年後にぽんと飛んでしまっても問題無かったのに、その部分の描き込みが無いので、なんかあっけない感じなんですよね。

 今は豆腐と言えば、絹ごしが普通であろうと思いますが、この当時は木綿が主流。今の絹ごしを作り上げたのは京都の嵯峨の豆腐屋さん。しかも第二次大戦後と言うことですから、本作中の豆腐は皆木綿豆腐なんでしょう。でも、京都の豆腐は柔らかいのですね・・・。
 一丁300円近くする、美味しい豆腐は、大豆の風味が生きていて、薬味なんぞなくてもうまいのです。男前豆腐もまあまあうまいのですが、嵯峨豆腐はその上をいきます(ちなみに「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」と「波乗りジョニー」は別の会社の製品で、現在は資本・協力関係は一切無いんだそうです。どうでもいいか・・・)


このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人情紙芝居

投稿日:2007/12/05 レビュアー:おうち大好き

豆腐のようにサッパリ味で
紙芝居のように薄っぺらい
原作を読んでいませんが、たぶん全部描こうとすると長尺になるところを、あらすじを追いすぎて、色んなところを端折っているうちに、肝心なところもうっかり落としてしまったような、そんな気がします。

内野聖陽さん、中谷美紀さんのキャスティングに文句はありませんが、
子供たちの演技が、学芸会の様
一人だと何とか我慢できるものの、三人まとまって来られると、もうお手上げ
それが気になって話に入っていけない
あれよ、あれよという間に、ラストが落語のオチのようにストンと落ちました。
あらまぁ、終わっちゃったよ。
スッキリし過ぎて何も残らない。
こんなお話が直木賞なら悲しいな

扱き下ろしてばかりで申し訳ないですが、予告編を見て期待していただけにこんな評価になりました。

お後がよろしいようで・・・チャンチャン♪

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

内野聖陽の見事な一人二役・・・ネタバレ

投稿日:2009/06/22 レビュアー:ムーミンママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

京都からやってきて深川で豆腐屋を始めた永吉と
その息子が入り浸る賭場を仕切る傳蔵親分。
いかにも人の良さそうで実直な職人と眼光鋭い親分。
二人の演じわけは、本当に見事です。

そのおかみに中谷美紀。
演技そのものはさすがは中谷美紀と言えるのですが
娘時代から20年ほどを描いているのに
ほとんど老けていないのが、どうなんでしょう。
成人するような大きな子供がいる母親にしては
声に落ち着きが足りない感じなのが残念。
もう少し年上の女優が演じた方が似合っていたかも。

せっかくの二人の演技なのに、ストーリーの方がもうひとつ。
時代劇だからありがちな生き別れの話でも全然構わないのですが
本当に観客が知りたいことが描かれていないような気がして・・・

生き別れになった豆腐屋のせがれ、正吉は傳蔵親分らしいことは
観てわかるのですが、生き別れになったあと
どんな因果で親分になったのか・・・
同じ深川界隈にいながら、豆腐屋夫婦が手を尽くしても
なぜ正吉を見つけられなかったのか・・・
同業者にはめられそうになった京やを助けようと思ったのは
どうしてなのか?
そこらへんをもっと腑に落ちるようなエピソードで描いてくれたなら
もっと心に染み入るような作品になってんじゃないかと思うのですが。

そこらへんはミルクチョコさんのご推察が合っているんだろうと
思います。
でも、そこをもっと丁寧に描いていたら、もう少し話に厚みが増して
良かったんじゃないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

刀を抜かない時代劇!

投稿日:2007/09/24 レビュアー:キャップ

内野聖陽の二役が見事だ!
舞台でも、この役は一人の人がやったのかなあ?
永吉と傳蔵
この正反対の人物を、一人にやらせたことで幅が広がったような気がする。

話は、一気に20年後、18年後とポーンと飛んでいくが、その描き方もそれで良かったと思う。
細かな所は省略しても充分家族の様子がわかる。
同じ年頃の子どもがいる身としては、中谷美紀扮する母親の気持ちがよくわかる。
夫婦というか家族のあり方が、見ていて気持ちがいい。
途中、意見の違いで言い合う場面があるが、リアリティがあって今に通じるなあと思った。
家族を守ろうという潔さを感じる。

原作がいいのだろうけど、演技の上手さを実感できる映画だ。

二男役で出ていた子は「ハツカレ」のかっこいい子で、末っ子役の子は「それボク」に出ていた女の子なのね。
なかなか良かった。

街並みがCG全開だったのには最初違和感を感じますが慣れたらそれ程気にならないです。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全70件

あかね空

月額課金で借りる

都度課金で借りる