コムタン

コムタンの画像・ジャケット写真
コムタン / リュ・シウォン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

11

  • DVD
ジャンル:

「コムタン」 の解説・あらすじ・ストーリー

『天国の階段』のイ・ジャンスが演出を手掛け、愛に揺れ、時代に翻弄されながらも力強く生きた“女の一生”を感動的に描いた一大叙事詩。『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンをはじめ、リュ・シウォン、キム・ヘスら豪華キャストが共演。

「コムタン」 の作品情報

製作年: 1996年
製作国: 韓国
原題: BEEF SOUP

「コムタン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

コムタンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ALBR0034 2006年05月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

2部構成になった、TVドラマ。リゥ・シウォンが主役では、ないな〜

投稿日:2006/06/22 レビュアー:オタエドン

1919年、没落した家系の少女スンニョの一代記です。
13歳で離れた街の豊かなチョン家のまだ10歳の一人息子の処へお嫁入り。
過酷を極める花嫁道中、籠に揺られ大変な思いを。
まだ年もいかない男の子のとこへの嫁入りは、女中奉公と大差ありません。
一家の嫁の秘伝、牛肉スープ、コムタンの作り方の特訓の日々。あ〜〜泣けますな・・・
そうして数年経って、高校生になった息子と結婚。何と、その息子はソウル高校へ行ってしまい、夫婦離れ離れ。
観てて、書いてて、これでもか、これでもかの女の一生が続いていきます。まさに、波乱万丈の一生が、この先も続くのです。
リュ君は、若い時のインソン、息子役。情けなく、わがままな、とんでもない青年役でした。トホホな感じになりますよ。
けなげな嫁役で、今、BS放送中の、『クッキ』のキム・ヘス。この人の頑張る姿は好感。
そんな流れに歴史が動き、一家離散へと。
昔、覚えたコムタン作りが役立ち、老年までコムタン屋を続けていきます。
更に、追い討ちが掛かるのですが、これ以上書くと、全部ネタバレとなりますので、ここまでに。
脇にチョン・ウソンが出たり、ハン・ジェソクが出たりと、結構豪華な配役ですが、96年作なので、皆さん、若い。
感動とまでは言えませんが、作品作りが一風変わっていたのが、多少観る価値あったかな〜と、感じられたかな?

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これは壮絶なラブストーリーだ!

投稿日:2006/08/18 レビュアー:サランヘ

商品的にはリュ・シウォン、チョン・ウソンを前面に出してセールスしていますが、実際はキム・ヘスが悲劇のヒロインを感動的に演じたドラマです。したがって、彼らがお目当てならちょっと失望するかもしれません。しかし、そのあたりを差し引いても十分にお釣りが来る内容ですので安心してご覧ください。
ドラマは、貧困のために富豪の家に売られてきた女性が愛憎の中で生き抜いていく様を当時の時代背景をバックに丁寧に描いています。
コムタンとは牛肉をじっくり煮込んだスープのことなのですが、主人公がコムタンを作るのが得意でコムタンのお店を切り盛りしてきたことからこの題名がついています。
チョン・ウソンファンのために一言。
この作品での彼は1部、2部それぞれ違う役柄で登場します。出演時間は短いものの印象に残る役どころで、ジャケットにも採用されるなど、当時(1996年SBSドラマ)から注目されていた役者だったようですね。
リュ・シウォンファンのために一言。
最近の彼の役柄からは考えられない汚れ役です。しかし、こうした役を上手くこなしてきたからこそ今のシウォン君があると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こんな女の一生はおくりたくな〜いって見本ですね!

投稿日:2006/09/20 レビュアー:ジャスミンティー

コムタン(牛肉や内臓を長時間煮込んだスープのこと)

主人公はスニョン (キム・へス)『グッキ』出演
いい家柄の娘だが、貧乏な家族の為に金持ちに13歳で嫁ぐ。
ひたすら嫁ぎ先で耐える、韓国版『おしん』

スニョンの3こ下の亭主、浮気者で放蕩息子(リュ・シウォン)

バカ亭主の愛人で女優スニョンを慕う妹分(知らない人)

バカ亭主の愛人で唯一、息子を産む未亡人(知らない人)

バカ息子の友人で優しい男(ハン・ジェソク)『ガラスの靴』
シニョンが唯一、心から慕う男でもある。

コムタン店の店員(その他大勢)

第一部 嫁ぐときに同行した男革命家?(チョン・ウソン)
第二部 通りすがりの学生運動家の一人(チョン・ウソン)
出てくる意味はわからんが華がある!

面白さ★★☆☆☆
女の教本★★★☆☆
現代にこんな女性はいないとは思うが、こんな一生は嫌だと
いうお手本にしてもらいたい!

お馬鹿な亭主役リュ・シウォン最高!
『夜心萬萬リュ・シウォン編』のお馬鹿っぷりも見てください!

それに比べ、やっぱりチョン・ウソンは格好よすぎ!
ハン・ジェソクも格好いい!
二人とも、ちょっとしか出てないけど男前はさすが違う!

ストーリーは根暗な感じで★★☆☆☆かな?
たいして、面白くないけど最後まで見れました。(なんとか)

セクハラ日本人が出て来て嫌な感じもあり!
興味があれば見てください!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

画面もストーリーも暗い感じ

投稿日:2008/03/17 レビュアー:ツンツンで〜す

ジャスミンティーさん、いつも楽しく拝見して参考にDVDを選んでいます。
コムタンは、スープの事なんですか!
私も見ていて、韓国版「おしん」かと思いました。
貧しい家庭の為に、13歳でお嫁に出され嫁ぎ先で耐えて暮らしている。
浮気者の亭主にリュシウォンなんて合わないよ!もっとそれらしい人がいなかったのかしらん!
時代も昔のスタイルだからなぜだか暗すぎ!あまりよいと面白くなかった。
リュシウォンファンだから借りてみましたが合わない役柄にショックです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

女性の美しさ・・・ネタバレ

投稿日:2007/02/20 レビュアー:マネッス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「真の女性の美しさと強さは沈黙の中にあり」というメッセージを受けました。こちらの作品から。

90歳近いと思われる今ではとても有名なコムタン屋の主人のおばあさんの回想録として話は始まっていきます。1919年に13歳だったおばあさんは、没落した貴族の娘だったのですが、お金はあるが家柄の良くない家へ嫁に売られ、そこから激動の時代を生き抜くお話です。

”忍”の一文字が女性に強いられた時代。
そこで生き抜く女性たち。
女優さんの顔が美しいこともありましたが、本当に彼女の中に「静寂の中での美と強さ」を見せてもらいました。

「年をとると目ではなく心で見る」
という、おばあさんの台詞がありましたが、そういう心でものを見られる人間になりたいものだと思いました。

余談ですが、私はかつてリュ・シウォンさんファン。『プロポーズ』、『真実』、『ウェディング』と彼を目当てで見てきました。正直、『プロポーズ』以外は「演技へたくそ〜!」と思っていました。『プロポーズ』はバカっぽい役がはまっていたと思いましたが。

今回の、このバカでアホでお気楽亭主の彼の役は、今まで見たどの役よりも彼にぴったりで、思わず拍手喝采でした。「演技上手じゃないの!シウォンちゃん!」・・・彼ってソフトなイメージなのでそういう優しい人の役が多いいような気がしますが、私としては彼にはもっとこういった、バカでアホな役をやっていってほしいですね。嫌味ではありませんよ。だって、これほどこういった役を演じられる人って他にはいないと思います。まさに逸材!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

コムタン

月額課金で借りる

都度課金で借りる