ever

everの画像・ジャケット写真
ever / ソン・スンホン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

7

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「ever」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ever」:日本でも人気急上昇中のクォン・サンウと共演する予定だった話題のドラマ「悲しい恋歌」プロモーション映像のメイキング映像を収録予定。オフショットや迫力のアクションシーン[Gシーンなどファン待望の映像集

「ever」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 韓国/日本

「ever」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ソン・スンホン/everの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
50分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE11497 2005年06月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

これは、もうファンの方向け、大サービス

投稿日:2005/06/12 レビュアー:オタエドン

と、いう1本でしょうね。『悲しき恋歌』の蔵入り映像を見ると、ますます残念なことでしょう。ファンでなくても、ソン・スンホン君とクォン・サンウ君の二人の出演で見たかった!!と痛感します。しかし、50分づつ2本に分けず、1本で出しても良いでないの?と、ちょっと苦情を言いたいね。1本は1本だし。好きな方は購入されているみたいで・・・ま、そんなDVDでございます。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何気にかっこよかった(*^^*)

投稿日:2005/06/11 レビュアー:りきたん

今、TVでやってる【悲しい恋歌】のクォンサンウの相手役が
最初はソンスンホンだったと聞いて・・・見てみました。
見たら絶対、絶対ソンスンホンの【悲しい恋歌】がみたかった!!!
と、思うよ〜〜〜。
韓国では、配役が変わったからか視聴率がそれほどよくなかった
と聞いたけどわかる気がするかも・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「悲しき恋歌」を観てから、観てほしい

投稿日:2006/02/05 レビュアー:ダンサー

ゴンウ役として出演予定だった「悲しき恋歌」の〜序章〜のメイキングが入っています。
ソン・スンホンが兵役に行く前に収録した「悲しき恋歌〜序章〜」はDVDで発売されています。

「悲しき恋歌」を観ましたが、ソン・スンホン版の「悲しき恋歌」とは随分設定や台本が違うようです。ゴンウ役がヨン・ジョンフンに変わった時点で書き換えたのでしょう。

ソン・スンホン版は、スタイリッシュでかっこいい感じですね。クォン・サンウ扮するジュンヨンも、ちょっとやんちゃな感じ。
そしてスンホン版の方がジュンヨンとゴンウの友情が深く描かれています。実際サンウとスンホンは親友だそうなので、この設定はファンにはたまらないでしょうね!

ヨン・ジョンフンがゴンウを演じる「悲しき恋歌」もとっても良かったのですが、ソン・スンホンとクォン・サンウの共演は是非みたかったな〜!

「悲しき恋歌」を観てからこのDVDを観ると、スンホン版とジョンフン版の違いがとてもよくわかります。
是非「悲しき恋歌」の本編を観てから観て欲しい。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

短かった…!

投稿日:2006/01/18 レビュアー:レビュアー名未設定

アクションシーン収録が大半で、合間にちょこちょこインタビューや撮影間のスタイリストさんとの会話やクォン・サンウ氏との楽しそうな撮影風景が収録されてありました。ソンスンホン氏の素の笑顔にはやられました。が…短かった!これで終わり?と思ってしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

とにかく素敵です

投稿日:2008/04/11 レビュアー:Polam

『悲しき恋歌〜序章〜』を見た後にこれを見たので、内容がよりよくわかりました。
『悲しき恋歌〜序章〜』でもメイキングを収録していますが、主人公3人に平等にスポットライトをあてているため、どうしてもスンホンssiの出番も1/3でしたが、こちらではスンホンssiのみに密着した(当然ですが)メイキングを見ることができます。

徴兵問題に揺れる中とても辛い心情だったはずなのに、俳優としてのプロ意識をきちんと持って撮影に臨んでいた姿に、今さらですがまた感動してしまいました。

入隊していた2年の間も全く輝きを失わなかった俳優ソン・スンホン。
今後もとてもとても楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

ever