夏の香り

夏の香りの画像・ジャケット写真
夏の香り / ソン・スンホン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

120

  • DVD
ジャンル:

「夏の香り」 の解説・あらすじ・ストーリー

幼い頃から心臓が弱かったヘウォンは、3年前に移植手術を受けていた。「私、本当に丈夫になったのよ。見たい?」――そう言い、川辺を思い切り走るヘウォンを捕まると、恋人のチョンジェは微笑んでヘウォンにプロポーズをする。「結婚してくれ」。その言葉に嬉しそうに反応したヘウォンは、「もう少し待って」と答えをはぐらかした。その翌日、先輩のジャンミと山に向かったヘウォンは、蜂に襲われそうになり、道に迷い、見知らぬ青年・ミヌに2度も助けられる。そのまま山荘で夜を明かす事になった二人は次第に打ち解けていくが、ミヌは、ヘウォンがつぶやいた一言に運命的なものを感じていた…。 JAN:4907953002531

「夏の香り」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: 韓国
原題: SUMMER SCENT

「夏の香り」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

夏の香りのシリーズ商品


1〜 9件 / 全9件

夏の香り Vol.1

  • 旧作

美しく切ない恋愛を描いた「秋の童話」「冬のソナタ」に続く、ユン・ソクホ監督によるTVドラマ“四季シリーズ”第3弾の第1巻。心臓移植手術により健康な身体になったヘウォンは、幼馴染みのチョンジェにプロポーズされる。第1話と第2話を収録する。

収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
58DRJ20061 2004年12月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 0人

夏の香り Vol.2

  • 旧作

美しく切ない恋愛を描いた、ユン・ソクホ監督によるTVドラマ“四季シリーズ”第3弾の第2巻。リゾート再開発を請け負うことになったミヌは、チョンジェがその責任者であり、彼の恋人がヘウォンであることを知る。第3話「近づく距離」と第4話を収録する。

収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
58DRJ20062 2004年12月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 1人 0人

夏の香り Vol.3

  • 旧作

美しく切ない恋愛を描いた、ユン・ソクホ監督によるTVドラマ“四季シリーズ”第3弾の第3巻。チョンジェにミヌとの山小屋での一件を告白したヘウォンは、ミヌを避けるようになり、仕事を辞めたいと言い出す。第5話「告白が招く波紋」と第6話を収録する。

収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
58DRJ20063 2004年12月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 3人 1人

夏の香り Vol.4

  • 旧作

美しく切ない恋愛を描いた、ユン・ソクホ監督によるTVドラマ“四季シリーズ”第3弾の第4巻。チョンジェの父親が勝手に決めた婚約式で倒れてしまったヘウォン。彼女の気持ちはいつしかミヌの下へと向かっていた。第7話「葛藤の日々」と第8話を収録する。

収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
58DRJ20064 2004年12月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 1人 2人

夏の香り Vol.5

  • 旧作

美しく切ない恋愛を描いた、ユン・ソクホ監督によるTVドラマ“四季シリーズ”第3弾の第5巻。ひとり花を見ようと近くの島に出かけたヘウォンを心配し後を追ったミヌ。ふたりは一日だけ一緒に過ごすことに…。第9話「断ちきれぬ未練」と第10話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
58DRJ20065 2004年12月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 2人

夏の香り Vol.6

  • 旧作

美しく切ない恋愛を描いた、ユン・ソクホ監督のTVドラマ“四季シリーズ”第3弾の第6巻。チョンジェはヘウォンを自分の別荘に閉じ込めてミヌのことを忘れさせようとするが、ふたりの絆はますます強まる。第11話「重なりあう心」から第12話までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
58DRJ20066 2004年12月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 0人

夏の香り Vol.7

  • 旧作

美しく切ない恋愛を描いた、ユン・ソクホ監督のTVドラマ“四季シリーズ”第3弾の第7巻。ヘウォンの心臓がウネの物だと知ったミヌは、迷いを断ち切るかの様にヘウォンとの約束式に踏み切る。第13話「せつない選択」から第14話までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
58DRJ20067 2004年12月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
24枚 0人 1人

夏の香り Vol.8

  • 旧作

美しく切ない恋愛を描いた、ユン・ソクホ監督のTVドラマ“四季シリーズ”第3弾の第8巻。ついに自分の心臓がウネの物だと知ってしまったヘウォンはミヌの気持ちに不安を抱き、ミヌの元から去る。第15話「愛するゆえに」から第16話までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
58DRJ20068 2004年12月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 0人 0人

夏の香り Vol.9

  • 旧作

幼い頃から心臓が弱かったヘウォンは、3年前に移植手術を受けていた。「私、本当に丈夫になったのよ。見たい?」――そう言い、川辺を思い切り走るヘウォンを捕まると、恋人のチョンジェは微笑んでヘウォンにプロポーズをする。「結婚してくれ」。その言葉に嬉しそうに反応したヘウォンは、「もう少し待って」と答えをはぐらかした。その翌日、先輩のジャンミと山に向かったヘウォンは、蜂に襲われそうになり、道に迷い、見知らぬ青年・ミヌに2度も助けられる。そのまま山荘で夜を明かす事になった二人は次第に打ち解けていくが、ミヌは、ヘウォンがつぶやいた一言に運命的なものを感じていた…。 JAN:4907953002531

収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
58DRJ20069 2004年12月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 0人

1〜 9件 / 全9件

関連作品

ユーザーレビュー:120件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全120件

秋に続き、夏の登場ですネタバレ

投稿日:2004/12/10 レビュアー:オタエドン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

未見の方は、大変忙しくなってまいりましたね。
韓ドラ、オンパレードとなって来ましたよ。続々と続きますが。
韓国では今ひとつ視聴率は振るわなかったとか。でも、見出したら滅茶はまること請け合いです。人それぞれですが・・・
心がしびれます。胸が高鳴ります。そして忘れられなくなります。
今回も恋愛物ですが、少し感じが違っています。今回の大きなテーマは、心臓移植による思いがけない運命のめぐり合わせ。
秋の童話のソン・スンホンと、ラブ・ストーリーのソン・イェジンの二人が織り成す、夏の恋物語。後半の感動は、冬ソナを越えていた!と私は感じました。セリフなどに似たとこありですが。
  
初恋の彼女を事故で亡くした青年が、その彼女の心臓を受け継いだ見知らぬ女性に偶然に恋をする。その女性も心引かれて行く。自分の胸の高まりが、いつか恋だと気づいた時、悲劇は始まる。この胸の高まりが、本当は自分自身のものなのか?それとも、心臓の持ち主のものなのか??・・・・
あんまり書くと、ネタバレ100%になってしまうので、ここまでにしますが、リピーターが多い作品なのも納得してきます。
このドラマも音楽が、すばらしく素敵!!!CD買いましたよ。 どうぞ、ご自分で体験してみて下さい。胸の高鳴りを。

このレビューは気に入りましたか? はい 23人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

カラーリゾート 行ってみたい

投稿日:2007/12/28 レビュアー:ミルクチョコ

今回のソン・スンホン演じるミヌは、イタリア帰りの建築家。
秋の童話の黒髪のオールバックから、髪を明るく染めすっかり都会的な男に変身した彼は、筋肉美も披露し、いつになく大人の色気が漂っています。
一途な愛を演じさせると俄然魅力を増すという、憂いを帯びた切なげな瞳は、このドラマでも健在でした。

へウォンとミヌの出会いで響く「トックン、トックン」という心臓の音。出会うことが、運命だったかのような心に響く鼓動。
忘れていた記憶を思い出してしまいそうな、不思議な音としていつまでも残ります。

この夏の香りも、韓国放送版は、全20話だったそうです。
WOWOWが大幅に編集し、18話にまとめたそうです。
完全版を見たい気もしますが、さらにイライラ感がつのりそうですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

会うたびに 胸がときめくネタバレ

投稿日:2007/12/28 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

新緑の眩しい緑をテーマカラーに、どうしようもなく惹かれあってしまう運命的な二人を描いています。

ドラマの幕開けは、空港。
ヒロインへウォン(ソン・イェジン)は、恋人のチョンジェの帰国を待っている。そして、イタリアから3年ぶりに戻ったミヌ(ソン・スンホン)とここですれ違う。
そのすれ違った時に、会ったこともないはずなのに、へウォンの心臓が「ドキン」とときめく・・・
頭ではなく、心臓が細胞レベルで彼を記憶しているというのが、新鮮というか、驚きでした。

ある時へウォンが、山へ出かけたときに、偶然そばにいたミヌに助けられ、また、へウォンが、自分の心臓を提供してくれたドナーの故郷を訪ねたときにまたミヌと再会するという運命的な出会いを描いています。

へウォンは、心臓移植によって、健康を取り戻したはずなのに、ミヌと出会うと、何故か心臓の鼓動を止めることができなくなるという、不思議で心臓移植に隠された意味深いことが明らかになっていきます。

このドラマは雨が頻繁に登場します。
ミヌと亡くなった恋人ウネは、雨宿りで出会い、ミヌとへウォンも、山で雨宿りをする。しかし、同じ雨でも哀しく憂鬱な雨ではなく、天気雨。茶畑と共に雨に濡れた木々が一層緑を増し、ピュアな気持ちになります。



このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

二人のスターが魅せる、「夏の色香」ネタバレ

投稿日:2008/03/19 レビュアー:ken_ken

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

チョンファ(ハン・ジヘ)に言わすと、建築家としては超一流、ハンサムで心優しく誠実、名前も素敵なユン・ミヌ。この役を目がとても素敵で男の色気を感じさせるソン・スンホンが演じています(私ははじめてなのでその眼力にすごく驚いた)。四季シリーズ中でも一番地味な作品だと思うので、華のあるスターを起用して正解です。

ミヌは初恋の人を事故でなくしから3年も経つのに、未だその恋人を忘れられない。
ヒロインのヘウォン(ソン・イェジン)は小さい頃から心臓が悪く、ベットで過ごすことが多かったので性格も暗く友達も少なかった(と盛んに本人談)。彼女の夢は、大人になって悲しく美しい恋愛をすること、そしてその恋人と思いきりかけっこをすること。3年前心臓移植の手術を受けたヘウォンは、今ではすっかり元気で、ドナーが明るく健康的な人だったから自分にその性格が移ったと喜んでいる。回想シーンでヘウォンのお茶目なところも出てくるので、移ったのではなく、本来その資質を持っていたと言うほうが正しいと思うのだが。ちなみにヘウォンって名は男にも付けられる名前なんですよね(「オオカミの誘惑」)。
ヘウォンは野草の撮影のため出かけたカリ山で道に迷い怪我をしてしまう。それを助けたのが恋人との思い出を慈しむため登山しに来たユン・ミヌ。長い闘病生活のため男性との接触は兄弟のように育った婚約者チョンジェ(リュ・ジン)だけ。だから、ミヌの助けにも警戒心を強め、「私は人妻です!」などトンチンカンなことばかり言ってしまう。ミヌは苦笑しながらも親身にヘウォンの面倒を見る。その日は下山できなく山荘に泊まることになった。ミヌとの出会いよってヘウォンにおかしな事が起こり始める。ミヌが近づくと自分の意志とは関係なく、心臓がドキドキときめきだすのだ。効果音の「ドックンドックン」に思わずこちらの心臓も「ドキドキ」。
この第1回の山の出会いのシーンが大好きです。二人がだんだん心を通わせていく過程。特に、好きなシーンが、ミヌが入れたコーヒーを飲みながら、ヘウォンが「コーヒーと恋の共通点は?」。「(ミヌ).......」「(ヘウォン)苦くもあり、甘くもあり、種類がある」「(ミヌ)1度決めた味はかえられない」「(ヘウォン)大人になってから知る」「(ミヌ)中毒になる」......とかとか。どんどん近づいていく二人。この回はソン・イェジンの独断場。めちゃめちゃ可愛いい。いや可愛くて自然な演技力に好感度も抜群。目の演技などは若い頃の大竹しのぶを思わせる。でもこの人なんだろう、笑い顔の中に色気さえも感じさせるよ。こんな女性に山の中であったらだれでも恋するでしょ?
第2回は山の出会いの続きと再会。ここで大きく登場なのがミヌの死んだ恋人ウネの影。第1回はありのままのヘウォンとミヌの出会い。このまま、下山してもらってもミヌにとってヘウォンは絶対に二度目の恋になったのでしょうけど。この第2回が話をややこしくする。急に振り出したお天気雨に「トラの婿入り、キツネの嫁入り」とつぶやくヘウォン、そしてハミングする曲は「セレナーデ」、好きな花はカラーすべてが亡き恋人ウネのそのものなのだ。よく見ると、ヘウォンは雰囲気もウネに似ている。黙り込んでしまうミヌ。
ミヌがウネと知り合ったのは大学時代、急に振り出しお天気雨を逃れ、雨宿りした講堂。多才な才能の持ち主で感性が豊かなミヌは、同じような感性の持主ウネと恋に落ちる。ミヌはモテにモテたと思うが、簡単な恋は出来ない男、このウネが初恋であった。
結局ヘウォンとミヌは何の情報交換もないまま別れた。(人妻じゃなかったら別れ際、電話番号も聞いただろう?そういうタイプじゃないか)
ミヌは友達のデプンに「ウネみたいな子に会った.....僕には二度目の恋はないと思っていたけど....」などと心情を吐露する。

ヘウォンは前から気になっていたドナーの家族に会いにポソンに行くことに。
ミヌも初恋の人の家族に会いにポソンへ。実はヘウォンのドナーはウネだったのだ。このことは二人は知らない。再会する二人。ミヌを見たヘウォン、心臓が「ドックンドックン」。不思議な縁に喜ぶ二人。茶畑の一本道を歩く二人。バックに新緑の山。綺麗なシーンで二人が本当に楽しそうでしたね。しかし、この時もお互い名前も明かさず別れることになる。そして二度あることは三度ある三度目の出会いへ........。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

四季シリーズで一番よかったです

投稿日:2005/05/26 レビュアー:angel7

「冬ソナ」〜「秋の童話」と観て、最後にこの「夏の香り」を観ましたが一番よかったかな。とても爽やかで終わりも悲劇的じゃなくてホッとしました。何と言ってもソン・イェジンの好演が光ってます。ソン・スンホンも優しい声が印象的で好感度アップです。
監督のユン・ソクホは本当にロマンティストなんでしょうね。恋する男女の機微を丁寧に描いています。それにしても韓国のドラマって、同じ人がよく登場してますね。他に役者がいないのかしら?と思うほど売れてる役者さんはどこにでも登場してきます。この辺は日本と似ているのかもしれませんね。とにかく最後まで爽やかな夏の香りが漂う素敵なドラマでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全120件

夏の香り

月額課金で借りる

都度課金で借りる