アレックス

アレックスの画像・ジャケット写真
アレックス / モニカ・ベルッチ
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

120

  • DVD
ジャンル:

「アレックス」 の解説・あらすじ・ストーリー

ある男を探してゲイクラブへ押し入る2人組。彼らは男を見つけ出すと凄惨な暴力を加える。発端はあるパーティの夜。マルキュスは会場に残り婚約者アレックスを一人で帰してしまう。その直後、アレックスはレイプに遭い、激しい暴行を受けてしまうのだった。自責の念に駆られるマルキュス。彼は友人でアレックスの元恋人のピエールとともに犯人探しを開始する。やがて、女装ゲイ、ヌネスを探し出した2人は、ヌネスからついにテニアという男の名を聞き出すのだった…。

「アレックス」 の作品情報

製作年: 2002年
製作国: フランス
原題: IRREVERSIBLE

「アレックス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アレックスの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
98分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/フランス語
2:DTS/5.1chサラウンド/フランス語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-18 PIBR7488 2003年09月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 3人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:120件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全120件

あぁっ、誰かこの頭痛を止めて頂戴!(すごくネタバレ)ネタバレ

投稿日:2007/06/12 レビュアー:JUCE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何度もSTOPボタンに手をかけて踏みとどまり、なんとか最後まで見ることが出来ました。
・・・襲われる頭痛に耐えながら。それでなにかこの映画から得る物があったかというと残念ながら虚しさです。

はい最後まで見て構成は分かりましたよ。口から入って下から排泄するというプロセスね。でだからってどうなのよ?って感じです。いかにもシリアスな映画を気取ってますが全てがお遊びに感じられます。美しい食べ物も口で咀嚼され(最初の明滅)、体内で消化されて、最後は直腸(最後の店の名前に引っ掛けている)の中をグルグルまわって最後に排泄されるんですね。明滅もレイプシーンもグルグルカメラも殺人シーンもそれ自体に必然も意味も私には感じられませんでした。徐々に時間軸を遡っていく意図はわからなくはないけど必然ではない。ただ映像的に斬新なことをやりたかっただけという気がします。私には制作者のマスターベーション映画にしか思えませんでした。ただ映像テクニックを駆使し、それを作品にしたかったのでしょう。単に哲学的な能書きは後付では無いかと思います。

唯一評価できるのは監督のマスターベーションに付き合って、体当たりの演技をしているモニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセルのプロ根性と監督に付き合ってカメラをくるくるさせたカメラマンの涙ぐましい努力でしょうか。キューブリックのポスターを使うのもあざとすぎて私には不興でした。

人には感性の違いやもっと深くこの映画を読み込まれる方もいらっしゃるかも知れませんので見る価値無しなどとは言えませんが、私には頭痛と虚しさが余韻として残る映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 40人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

不評が多いが物事の本質をより現実的に描いていて好感が持てた

投稿日:2005/02/14 レビュアー:RUSH


強烈な作品です。久々にパンチを食らったような気がしました。最近の浮かれた作品の中にあってとてもハードコアで刺激的な作品で個人的には気に入っています。さすがにレイプシーンはちょっとひきましたがそれ以外は別に問題なかったです。レビューを見るとやはり消火器で顔面を殴打し顔をつぶしてしまうシーンとレイプシーンが残酷で見ていられなかったと言う意見が多いですが、昔のホラー作品に比べれば別にどうこう言うレベルではありません。ただ、昔に比べてデジタル処理されているのでとてもリアルで刺激的になっていると言うだけです。

監督はギャスパー・ノエで僕はこの監督の作品は見た事がありませんが、この手のフランス映画は結構残酷で気色悪い作品が多いのであまり気にならなかったです。特に監督が音声解説でも言っていますが、「現実的に見せる」ことを前提に作品を作ったそうです。その点から言えば顔面破壊シーンもレイプシーンもそういわれればそんな感じが確かにします。中途半端に描くならばこの作品のようにトコトン描かれる方が僕の好みなので気に入ったのかもしれません。ただ、さすがにレイプシーンはあのモニカ・ベルッチのもがく声が耳につき確かに見ていられなくもなかったのですが、こんなシーンは誰もが経験する事ではありませんがより現実的で良かったと思います。9分は長いと僕の周りでもよく聞きましたが、より現実的なシーンを目指すならば当然の長さだと思いました。AVではないのだからこんな長くレイプシーンを撮らなくてもいいのではないかとの意見もよく聞きました。ま、確かにそうですが、AVと一緒にするのはどうかと思います(笑)。撮影クルーもさすがにこのシーンには気分が滅入ったそうです。

ただ、作品の内容はどうだったかという点に関しては、正直判断出来ません。良い作品なのか悪い作品なのか僕には判断出来ません。今の時代には珍しいハードコアな作品であるとしか僕には言えませんし判断出来ません。ただ、気持ちの良い作品でない事は言えると思います。でも浮かれた作品が多い昨今、この様な辛口の作品があってもいいと僕は思います。

しかし、モニカ・ベルッチは綺麗だよなぁ〜?よくこんな役引き受けたよね(笑)。マトリックスの撮影控えてたはずなのにさ(笑)。あ、そうそう男性性器がよく写りますが一部はCGですよ(笑)。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一概に「ショック=優れた作品」ってわけじゃない。

投稿日:2007/12/07 レビュアー:Maxim

優れた作品は見る人に感動や頭を殴られるようなショックを与える事がある。
その一方で、汚らしい作品や変わった事をやっているがために
印象に残る作品もよくある。
でも、印象に残ったとしても、一概にそれらの作品が優れた作品というわけじゃない。

一概に「ショック=優れた作品」ってわけじゃない。

衝撃的なレイプシーンと冒頭の暴力シーンがショッキングだった。
変わった事をやっているがために印象に残る作品。
だけどそれだけの映画。

べるっち熱演。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

レイプというあおりに手を伸ばしたがスッカラカンの内容

投稿日:2004/02/05 レビュアー:ヒロヤ

もちろん裸目当てです。モニカのヘアを堪能しようと思いました。フランスというと、どうも退廃的な映画を想像してしまいます。でも、フランス人はラテン民族。自分に正直に暴走する民族です。濃厚なエロシーンを期待していましたが……内容はまったくありません。ゼロです。この監督、愚作を創ったことを認め、編集で画面をグラグラさせたのでしょうか? 取るに足らない内容なので、時間軸を逆さまに編集してみました、という開き直りでしょうか? なんというか「変わったことやりたかったんだよね、でも失敗しちゃった」という感じです。ホモ虐殺映画? ホモが女性のアナルレイプ。こんなに簡単にレイプされてしまうのなら、フランスは危険この上ない最悪な国ですね。とってつけたように顔面殴りまくり。期待していた燃えるエッチはまったくございません。女性の裸より、男性の方が見える見える。ながい! かせい! 作りとしてドキュメントタッチでもなく、暴力物というわけでもないので、インパクト目指してハズした感じです。ちょいと前の「オレ、サブカル好きなんだよね」みたいな人でも、引くに違いない。終わりから始まる映画は、帰結点が無いので、登場人物に感情移入などまったく出来ません。おまけに、落ち着きのないグラグラしたレイアウト。萎えまくりでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

それぞれですがね

投稿日:2007/04/11 レビュアー:apul

なんの予備知識もなく、ギャスパーノエの名前すら知らずに、
ベルッチの美しい顔をジャケ買いして観てみました

個人的に色々な部分でけっこう楽しめたというか、
がっしりストライクに来てくれた感があるので・・・
ひさしぶりにディスカスレビューなんぞを覗いて
みなさん、どう鑑賞されたか知りたかったんですが

うーん そりゃあレビューですから個々人の意見ですし
それぞれですがね
なんかがっくし来ました つまらないレビューが多いです
ハネケを観て、この手の映画は個人的にカスだ 
とかって言うんでしょうね
ものごとの何を見てるの・・・

さて
残虐なシーンは多いでしょうがリアルなだけです
むしろ抑え気味だったと思いますが。
フランスがよほど危ない街に見える、というような意見も
ちらと見えましたが実際危ないです
あの服装で夜中にあんな地下道歩くのは自殺行為です
フランス生まれの友人はけっこうな遊び人ですが
同じこと言ってました

欧米のアンダーグラウンドをリアルに垣間見せただけのことで
基本的には平凡だけど温かい愛を基調に描かれる
シンプルな物語ですね
アレックスとマルキュスのセックスではない
べたべたとまとわり付き合う、
ときどきは唾も吐き合いながらの
仲睦まじいシーンが優しくて美しく、
終局を知っているがゆえの切なさでもって
胸がつまるような想いで堪能しました


リアリティとグロテスクを混同しがちな映画は多いですが
この映画はけして大げさにグロテスクだとは思いません
むしろ、コークかなんかでキマってる状態のなかで、
核融合しそうな憤怒と激情をああゆうカメラワークと音で
表現するのは、すごくはまってました
逆回転だから、その理由が見えなくて
憤怒のテンションにただただ圧倒されるだけで
分かりやすい物語です

ジャケで当然お気づきかと思いますが、
原題は「IRREVERSIBLE」。
逆回転の物語は、痛切な祈りと裂けそうな絶望を
タイトルに冠してより感慨深く胸にささってくるのです

これでも逆回転、意味ないと思う?
でも言い争いをするつもりはないから、このレビュも
「意見は人それぞれ」ってことでさらっと流してね

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全120件

アレックス

月額課金で借りる

都度課金で借りる