怪談新耳袋

怪談新耳袋の画像・ジャケット写真
怪談新耳袋 / 内山理名
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

34

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「怪談新耳袋」 の解説・あらすじ・ストーリー

大ヒットを記録した実話怪談集を原作にした人気TVシリーズ「怪談新耳袋」のDVD化第2弾。鶴田法男監督による「恋人」、清水崇監督による「さとり」、三宅隆太監督による「電車」、難波涼監督による「忘れ物」ほか、全10エピソードを収録。

「怪談新耳袋」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: 日本

「怪談新耳袋」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

怪談新耳袋のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

怪談新耳袋 第1夜

  • 旧作

メディアファクトリー刊「新耳袋」を原作とする怪談ショートフィルムをDVD化。『呪怨』の清水崇監督の「エレベーター」や佐野史郎監督の「カセットテープ」を始めとした、絶叫ホラーやちょっと笑える不思議な話などを全10作品収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KIBR9001 2004年08月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 0人 1人

怪談新耳袋 第2夜

  • 旧作

大ヒットを記録した実話怪談集を原作にした人気TVシリーズ「怪談新耳袋」のDVD化第2弾。鶴田法男監督による「恋人」、清水崇監督による「さとり」、三宅隆太監督による「電車」、難波涼監督による「忘れ物」ほか、全10エピソードを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KIBR9002 2004年11月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 1人 0人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:34件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全34件

顔名人劇場ネタバレ

投稿日:2013/06/28 レビュアー:AVANZSUR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

【怪談新耳袋 第1夜】
短い時間でいかに恐怖を表現できるか、確かな日常から非日常な世界へ一瞬にして連れ込まれるお話を寸止めぶつ切りが斬新で愉しいこのシリーズ、今回収録作10作品中個人的にお気に入りは

豊島圭介監督『来客』
子役の演技に興醒め必至な作品が多い中、本作の子役のリアルな演技がドラマの推進力となっており、家族の相手をされない不憫な少女が、ラストの表情で全体像を見せない異形の者の姿をこちら側に的確に連想させてくれゾッとします。子役の勝利ですね。

鶴田法男監督『ニシオカケンゴ』
心霊モノと云えばやっぱし鶴田監督でしょうが、本作でも霊が意外な形で姿を現す瞬間を一枚の切り絵の如く見せてくれます。但し、突然暗闇に浮かび上がった顔があの俳優さんですから(どの?w)、私は笑いがこみあげてきて恐怖感は吹っ飛びましたが。奇しくも吉田秋生監督『棚さがり』と画が被ってるのはご愛嬌でしょうか。

佐野史郎監督『カセットテープ』
過去の録音テープの声が現代にこだまする時の恐怖感を上手く切り取ってます。第1夜の中でどのシチュエーションが最も怖いかと考えるとこの作品になります。

豊島圭介監督『妹の部屋』
午前2時の怪異、今回は何も起きなかったと安心すると、妹では無く・・・って、これまた意外な成り行きが面白いです。憑かれた兄の怯えた目の演技と相反する哄笑の画が不条理で怖いですね。

三宅隆太監督『修学旅行』
幽霊の造形にいつも感心する三宅監督だけに今回も個人的には本作NO1。姿を現した途端、瞬時にこの世のもので無いことを観客に悟らせてくれる霊の表現が素晴らしいです。

他の作品も決してつまらない訳ではなく、民話をアレンジした牧歌的な話も適宜盛り込んだ構成がやっぱり飽きさせないのです。

【怪談新耳袋 第2夜】
第1夜と打って変わって「世にも奇妙な」系のお話が多いような気がします。

鶴田法男監督『恋人』
亡くなってしまった恋人が現れるお話ですが、死因を相手に理解してもらう為の画がなんともチープでひっくり返りそうになります。ギャグなのかと思いきや、多分本気なんでしょうね。現代の技術で再度映像加工にお金を掛けて撮り直せば、画は大変面白いのでもっと不気味で完成度の高い作品になりそうです。

中山市朗監督『百物語の取材』
第1夜では木原浩勝が監督したように、このディスクでは原作者の二人が映像で勝負をしております。木原監督作品との違いは、木原監督は恐怖の映像勝負で本作の中山監督は脚本勝負と相反する攻め方が大変興味深いですね。ちなみに木原監督の『ビデオ』は和ホラークイーン・三輪ひとみ家族がそろって出演してるなど、ストーリー意外の遊び心も盛り込まれ、視覚に訴える派手な画とも相まって物語に入りやすい特性があるのですが、個人的にはまらなかったのは霊の造形が人間そのまんまだし、フリーズしないといけない画で小刻みに身体が動いてる等、物凄くピンポイントな、人によってはどうでもいい点が気になって愉しめませんでした。本作は怖い画は一切ありませんが、何といっても黒谷友香の怯える姿が萌えるのです。やっぱり美女が怯える姿は絵になりますね。 百物語と云う非日常に没入出来る遊びが、ろうそくを吹き消すごとに揺るぎのない日常を破壊し、自分自身への不信感がやっと芽生えた時に起こる、ラスト絶望的なカタストロフィーで余韻まで愉しめます。この作品が最も原作の世界観を表現してるかもしれません。勿論第2夜で最もお気に入りです。

他作品では、『第三診療室』いわゆる”魅入られた系”ですが、今まさに旬な女優・尾野真千子の若々しい未だ女優として決して洗練されていない微エロ演技がオツなもんです。

個人的評価は第1夜よりおちますが、あくまで2本セットで1冊の怪談新耳袋の世界観を表現した設定ですので、1夜2夜続けて鑑賞される事を強くおススメします。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第二回ホラーベスト10

投稿日:2005/12/20 レビュアー:裸足のラヴァース

あらら いやな予感がしたけどこれ見てたよ ややこしいんだよな ばらばら順番に出ないから まったくもう そこで恒霊去年に続いてのベスト10いくで もう年末めぼしいのはないよね

1 ノロイ   白石晃士
2 宇宙戦争  スピルバーグ
3 蝋人形の館 ジャウム・コレット=セラ
4 コープス・ブライド  ティム・バートン
5 チャイルドプレイ/チャッキーの種  ドン・マンシーニ
6 キャビン・フィーヴァー イーライ・ロス
7 リング2  中田秀夫
8 人形霊   チョン・ヨンギ
9 霊感のない刑事  篠崎誠
10 ランド・オブ・ザ・デッド ジョージ・ロメロ

てな感じです ご笑覧いただきました 来年もよろしゅうホラーお引き立てのほど

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

結構怖いし、お薦めですネタバレ

投稿日:2006/08/02 レビュアー:parole

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

勝王さんのお薦めだったし、レビューに小中千昭の名前も上がっていたので観てみたけど、結構面白かった。確かに玉石混合って感じはするし、一編が5分程度のオムニバスなので見応えという点に関しては満足感を覚えるものじゃないけど、でもエッセンスだけ切り出しているが故の面白さや怖さがあったと思う。個人的なお薦めは下記の通り。

・『エレベーター』清水崇
・『カセットテープ』佐野史郎
・『棚さがり』吉田秋生
・『ビデオ』木原浩勝
・『修学旅行』三宅隆太

特に、ラヴァ様ご指摘の『カセットテープ』音による恐怖の演出+ラストの1ショットと『修学旅行』における「異形」は特筆すべきものだと感じた。「ショック」による強制的な驚き≒怖さじゃない恐怖ってこういうもんだと思う。

そう言えば、吉田秋生って漫画家の「よしだあきみ」とは別人の、テレビを中心に活動している男性の演出家「よしだあきお」なんですね。てっきり同一人物で、ああ天は二物を与えることもあるんだと思ってた。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ドアの向こうにいるのは真知子おばちゃんじゃない!!

投稿日:2005/02/01 レビュアー:裸足のラヴァース

おう こっちは清水崇 豊島圭介 鶴田法男と ずらっと名手ばかりじゃない よしよし
画面も安っぽくなく しっかりしてる そしてゾクっとくる怖さがあるぞ〜
佐野史郎のテープもよかったな 佐野やるなあ
テープが突如 なんてんだ回転が狂ってモアーってなるの 日常性に異物が入り込むような 怖さがあんだよな なんちゃって

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★お金掛けなくてもおもろ怖いものできるんやね

投稿日:2010/06/16 レビュアー:かづしげ

 凝った映像は皆無に近いが、そこそこ怖かったりする。やっぱり脚本次第なのかなホラーも。ショートホラーが10本で小一時間だから1話の正味は4分〜5分か。纏めてみるより、毎日一話ずつの放送で見れば、今日はどんなんやろと、その時間が楽しみになるんじゃないかと思う。(※実際の放送の時間割は知らないけど)

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全34件

怪談新耳袋