タイタニック

タイタニックの画像・ジャケット写真
タイタニック / レオナルド・ディカプリオ
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

168

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「タイタニック」 の解説・あらすじ・ストーリー

1912年、イギリスのサウザンプトン港から豪華客船タイタニックが処女航海に出発した。新天地アメリカに夢を抱く画家志望の青年ジャックは上流階級の娘ローズと運命的な出会いを果たし、二人は互いに惹かれ合う。そこにはローズの婚約者である資産家キャルや、保守的なローズの母親などの障害が横たわるが、若い二人はそれを超えて強い絆で結ばれていく。しかし、航海半ばの4月14日、タイタニック号は氷山と接触。船は刻一刻とその巨体を冷たい海の中へと沈め始めていた……。

「タイタニック」 の作品情報

製作年: 1997年
製作国: アメリカ
原題: TITANIC
受賞記録: 1997年 アカデミー賞 作品賞
1997年 ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)
1997年 LA批評家協会賞 美術賞

「タイタニック」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

タイタニックの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
195分 日本語・英語・日本語吹替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR421 2002年12月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
114枚 6人 6人

タイタニックの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 03:14:49 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
英語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2017年12月31日 23:59
レンタル:2017年12月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:168件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全168件

よくできた駄作ネタバレ

投稿日:2007/03/14 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

勝王さま、私と違って広いストライク・ゾーン(幅広いジャンルの考察)をお持ちで感服します。これからもご教授願えれば幸いです。そんな勝王さんが「バカデミー賞」と名づけた本作、激しく同感です(笑)。因みに私が選ぶなら当然「L.A.コンフィデンシャル」ですが、他の作品賞候補は「グッド・ウィル・ハンティング」「フル・モンティ」「恋愛小説家」ですから、選りによって?が正直な感想。アカデミー賞とは外部の評価を締め出し内輪で決める談合だ、とも言われますがこの年は勢いで決めた感は拭えない。私的には長年「007」で頑張ってきたPeter Lamontが美術賞を得た事は嬉しかったが、ソレだけ。談合利権のOscarではなく、全米批評家協会賞(NATIONAL SOCIETY OF FILM CRITICS AWARDS)の方が数段信頼出来ると思う(本作は無視された、作品賞はL.A.コンフィデンシャル)。本作を低く評価する理由は、偏に脚本が単純(単調)だから。私の様なスリラー好きから見ると「2人の愛を盛り上げる為にタイタニックが沈む」だけですから・・・。映画通なら1958年の「SOSタイタニック」が本作の元ネタである事は周知の事実ですが、作品の質から言っても本作は数段落ちると言わざる負えない。同じ船が沈む映画で「ポセイドン・アドベンチャー」と「ポセイドン」の様に出来が月とスッポンな例に洩れず、本作も原作へのリスペクトなど微塵も無く(怒)あれだけ大規模な海難事故で甚大な犠牲者が出てるにも関わらずCeline Dionの「My Heart Will Go On」で締めくくるのは如何なものか?!。とまあ辛口のオンパレードですが(笑)、映画通っぽく言えば本作は恋愛部分ではフランス映画「ポンヌフの恋人」へのオマージュが感じられ、脚本の軸としては「ある日どこかで」を髣髴とさせるシーンも有る。しかし、肝心のロマンスが一本調子で、他の乗客との人間模様も希薄なまま物語が終ってしまうのも評価を落とす原因。更に言えば「なぜ2人が過酷な運命を乗り越えてまで結ばれようとしたのか」という最も肝心な部分が語られてない点も、不味いと思う。時間が無かったと言えばソレまでだが(上映時間189分!)ラヴ・ロマンスとスペクタクルとのバランスの欠如が本作の最大のアキレス腱だと思う。前出のOscarでも脚本賞だけはノミニーすらされてない点からも、本作の真の評価が透けて見える。おそらく本作を低評価する方は過去のOscar作品賞「ベン・ハー」「風と共に去りぬ」などと同系列で語る事に嫌悪感を感じるからだと思う。本年度の作品賞「ディパーテッド」同様に誰一人俳優が賞を取れなかったのは、Oscarらしいバランス感覚だが、本作も作品賞を獲得しなければ、こここまで辛口に言われる事も無かったかも?ね。

と辛口なコメントとは裏腹に私は劇場で2回見た(見せられた)。一回目は私が「なんじゃコリャ」と言って友人に殴られかけた(汗)。二回目(違う友人)は「好きな男が死にそうなのに、自分だけ助かろうとするのはおかしい!私なら一緒に沈む!」と怒っていた・・・。映画というのは面白いものですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 27人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一点突破

投稿日:2006/02/08 レビュアー:よふかし

 この映画ですごいのは、特撮です。
 船が斜めになって、人がすべり落ちていって、障害物にあたって、ぐにゃんとしてはねかえって。
 こういうのは見世物としての映画らしさに溢れています。
 それ以外は、普通です。
 初見のときは、ネタとして消費しつくされた現在ほど陳腐には思いませんでしたが、キャメロンはいつものキャメロンなので、ドラマ部分は退屈でした。
 というわけで50点。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

『タイタニック』〜『ポンヌフの恋人』〜『アタラント号』へと横滑りネタバレ

投稿日:2007/05/07 レビュアー:parole

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作品そのものの評価としてはF-14 Tomcatさんが引用された淀川長治さんの台詞「悪くはないがいい映画でもない」に尽きる作品だと思います。公開時に劇場で見た時にはずいぶん大仰な作品だなぁと思いましたが、映画のアトラクション化(もしくはディズニーランド化)がより進んでいる今日においてはむしろ慎ましくさえ感じられますし、今観てもさほど古さを感じさせないCG(VFX)は実写を補足する手段としての先駆的な利用方法だったという点から見てもなかなかのものだったと言えるのではないでしょうか。映画史に残る傑作などと言われると「どんな映画史じゃい!」と激しい突っ込みを入れたくなってしまいますが、マイ映画史に残ると言うことならそんな評価もあり・・・許せてしまえる作品だと思います。

私個人としてはもちろん大した評価はしていませんが、一点だけ例外的に積極的に評価したいと感じている部分があります。勝王さんが「変なポーズを船の上でキメ」たと指摘され、masamuneさんが「恋愛部分では〜オマージュが感じられ」と微妙な物言いをされたシーンがそれで、これはほぼ確信犯的にレオス・カラックスの『ポンヌフの恋人』からの引用なんですね。ただし、私が知る限りジェームズ・キャメロンはこのことに触れていませんし、彼が製作した作品のタイプから推測するに作品全部を見ていない可能性も低くありませんからとてもオマージュなどと言うことはできず、さりとて剽窃とまでは言えないというところだと思います。

もっともこのシーン自体は勝王さんならずとも「変なポーズ」だと私も思いますし、感動的な音楽に乗せた感動的なシーンという私が最も嫌いなタイプのシーンですから、シーンそのものにはさして感動はしませんでした。『ポンヌフの恋人』のラスト・シークエンスからの引用であるという一点だけがその限りにおいて感動的だったわけですが、実はこれにも背景があるのです。と言うのも『ポンヌフの恋人』の件のシーンは、これまたジャン・ヴィゴの『アタラント号』からの引用であり、こちらは間違いなく意識的なオマージュとして用いられているものなのです。

つまり、『タイタニック』の舳先の二人のシーンに、レオス・カラックスの『ポンヌフの恋人』の感動的なラスト・シークエンスが重なり、その背後には奇跡のような作品『アタラント号』への愛と慕情が満ち溢れており、この二重に重なった幻影がともて感動的だったと言う訳なのです。まるでウルトラ三段論法のような繋がりですが、このような横滑り、偶然の出遭いこそが映画的と言うことなんだと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

呪われた映画

投稿日:2004/05/16 レビュアー:裸足のラヴァース

この映画だけは 完成をずっと待ちわびていた
なにしろ絶対の失敗作で キャメロンも会社ごと 沈んじゃうのは間違いなく呪われた映画になるはず 悪いけどめったに出会えない大事件だから
けど この大ヒット 狐につままれた気分のはんぺん

内容はなんとも安易な脚本で まさか過去を回想して それに恋愛がからむ つうんじゃないだろうなと思ってたら そのとうりなんで うんざり これをして「市民ケーン」にもどるわけで
話に困ると アメリカ映画がごまかす常套手段

こてこてのメロドラマは大好きだけど キャメロン なんとかゆう女プロジュウサと別れてからはどうも 大甘な奴で かつフェミニストではないことがばれちまった

まじレオ様のおかげ 足を向けて寝れないね ジェームス!

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これこそ、「何をいまさら」ですが・・・(笑)

投稿日:2009/02/09 レビュアー:こんちゃん

 何を思ったのか、かみさんが
「またタイタニック観たいなあ・・」
と言い出して、引っ張り出してきて鑑賞(別に好きでもないくせに・・)

 昨年、TVで放映されたときにちらりと観て、DVDで観たじゃん・・・。

 公開当時は、子供も生まれてなかったので二人で観にいきましたよ。3回も(笑)
 まず劇場で観て、その後、
「できるだけ大きなスクリーンで観た方が、このスケールを楽しめるに違いない」
とドライブインシアター(当時は、まだ大磯ロングビーチの駐車場でやってた)で観たら、画面があまりにも暗くてよくわからない(笑)しかも、かみさんが途中から爆睡して、
「終わったよ」
と起こしたら、
「あ・・うん・・・。明日、もう一度劇場にいくわよ!」(・・・・・)

 たしかに映像作家としてのジェームズ・キャメロンはすごい人なんだと思います。本作においても、タイタニック号が沈み行く描写は、やはり大したものでしょう(金さえかければ、誰でもできると言うわけではないですね)ただ、このストーリーではあまり感じ入るものが無いんですよねえ。「海の上のピアニスト」の方が全然いいです。
 ジェームズ・キャメロンの作品としても、TVシリーズ「ダーク・エンジェル」の方が、その世界観の描き方からしても数段上だと思いますねえ。
 と言いながらも、ミーハーなので、ビデオがレンタルされたときにも観ましたし、DVDになったら買いました(笑)

 まあ、ありきたりと言えばありきたりで捻りのないストーリーですけど、過去最高の興行収入を上げてギネス・ブックに乗っているというのは、その宣伝戦略も含めて非凡な作品であることの証明でもあるのでしょう。

 今にして観なおしてみると、ディカプリオはこの作品に出てしまったせいでオスカーから遠ざかってしまったんだなあと思うのです。本作における彼の演技は、さほど素晴らしいものではありません。「ギルバート・グレイプ」や「バスケットボール・ダイアリー」「マイ・ルーム」で見せた、天才と思える演技力よりもイメージが先行してしまっているように思えます。そういう意味では、アカデミー選考委員の評価は間違ってはいないのだと思います(この作品が11部門も受賞したのも疑問ですが・・・)
 まあ、若すぎると言う印象があったのも事実でしょうが、この作品でオスカーを獲れなかったことが、その後響いているなあと思うのですね。イメージを払拭しようとするあまり「アビエイター」でははずしましたけど、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」や「ブラッド・ダイヤモンド」でオスカーを獲得できなかったのは、「タイタニック」のせいかなと思いますね。「タイタニック」が無ければ、たぶん「ブラッド・ダイヤモンド」で受賞していたんじゃないかと思うんですよね。
 現在「レボリューショナリ・ロード」でケイト・ウィンスレットだけがノミネートされてますけど、レオ様はいつになったら受賞できるんでしょうねえ・・・。

 涙腺が弱く、ちょっとしたことで涙が出る私ですが、この作品ではほとんど泣けませんでした。楽団が救命ボートに乗り込まず、最後まで演奏することを決断したシーンで、ちょっとうるっと来たくらいですねえ。「グリーンマイル」ではボロボロ泣いて、しばらく立てなかったのに・・・・。その時に、ある女の子と話をして、
「グリーンマイルは別になんとも感じなかったけど、タイタニックでは、もう泣けて泣けてしょうがなかった」
と言うのを聞いて、改めて、
「感じ方は人それぞれなんだなあ」
と思ったのでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全168件

タイタニック

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。